NHK朝ドラ『ひよっこ』の放送はいつから、いつまで?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NHKの次の朝ドラ『ひよっこ』、放送開始を心待ちにしているのは、私だけでしょうか?

脚本が岡田惠和さんと聞いてテンション上がっていたところに、ヒロインは有村架純さんだと知り、もう待ちきれない気分です。

というわけで、放送開始がいつなのかを確認してみました。
また、放送の終了がいつまでなのかも、チェックしました。

あと、朝ドラのレギュラー放送時間は朝と昼が定番ですが、BSでの先行放送やダイジェストでの振り返りもありますよね。
全部で何度放送されていて、それぞれいつなのか、このあたりも現在のパターンを整理してみます。おそらく次期の『ひよっこ』でも踏襲されていく可能性が高いと思うので、ご参考にしていただけたらと思います。

スポンサーリンク

『ひよっこ』の放送期間はいつから、いつまで?

最初に放送される期間をおさえておきましょう。
通例だと前期の朝ドラは4月頭の月曜に始まり、9月の末あるいは10月の頭の土曜日に終わるのがパターンです。
今回もこれを踏襲するのでしょうか?

NHKのサイトを調べたところ、『ひよっこ』の放送期間は、
放送開始が2017年4月3日(月)
放送終了が2017年9月30日(土)
でした。

例年と全く同じ放送パターンです。

この期間中、基本的には月曜から土曜日に放送。
いまの段階では全156回が予定されています。


日々の放送時間帯はいつから、いつまで?

次に毎日の放送時間を確認しましょう。

連続テレビ小説は、毎日少しずつ話が進むのがいいところ。
日々、登場人物たちと出会いますから、愛着も湧いてきます。
それもこれも、家事の合間の、絶妙に見やすい時間帯に放送されているから。
また、複数回放送されていて、部分的に見逃してもすぐフォローが効く点もありがたいところです。

鉄板の放送時間は午前8時から8時15分

ここで見ている人が多いと思いますが、他にも何度か放送されています。
見逃した場合に通例のパターンを備えてチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

地上波のレギュラー放送

地上波ではNHK総合で、午前8時から8時15分に放送。
上にも書きましたが、これが本放送というイメージですよね。

地域のニュースを見終えると、そのまま主題歌が流れて来る。
で、ドラマが終わった後、朝イチの有働アナたちの受けにうなずく、という流れで過ごしている人も多いでしょう。その日の感動を、テレビの中の有働さんたちと共有できるのは、案外嬉しいものです。

というわけで、この朝の地上派放送で見るのが、私としては一番楽しい。

一歩先に見られるBSプレミアム

この地上波のレギュラー時間帯に先立つこと30分、午前7時30分から7時45分に、BSプレミアムでの放送があります。

朝の出発が早い人などは、朝ごはんを食べながらこの放送を見ている場合もあるかも知れませんね。

あるいは、出勤するお父さんや、学校へ行く前の子どもたちはこのBSで見て、家族を送り出した後、ほっとひと息ついたお母さんが地上波で見ている、などというご家庭もあるかも知れません。
結果、家族で話題を共有できるのはありがたいことです。

再放送は地上波でもBSでも

NHKの連ドラは昼に再放送があるのが通例、というか鉄則です。
地上波での再放送時間帯は12時45分から13時

BSプレミアムでは、23時30分〜23時45分に再放送されています。(4月から変更になりました。)

朝と昼の合計4回の放送、あまり神経質にならなくても見られるというのも、朝ドラの人気の秘密かも知れませんね。

土曜日には一週間分を一挙に放送

現在の朝ドラは土曜日のBSプレミアムで、その週の5話をまとめて再放送しています。
時間は午前9時30分から11時まで。

もし見逃してしまった場合でも、ここでもう一度見るチャンスがあるわけですが、別の楽しみ方もできます。というのも、どっぷり朝ドラの世界に浸るため、わざわざこの放送を待って見ている、というマニアックな人もいらっしゃるのではないでしょうか?

正味15分を六回分ですから、まるまる90分。ちょっとした特番の尺になります。
しかも朝ドラは展開が早く、無駄も無い緊密な構成になっていることが多いので、がっつり楽しめるでしょう。ドラマ好きにはたまりません。

この“まとめて放送”は、予想ですが、『ひよっこ』にも踏襲されると思います。
ぜひやって欲しいです。

1プラス3回のダイジェスト放送

さらにNHKは、朝ドラのダイジェスト版も放送しています。
いずれも放送はNHK総合で、週末に放送されます。

20分バージョン。
日曜 11時00分から11時20分まで

5分間にまとめたもの。
・土曜 14時50分から14時55分まで
・日曜 17時45分から17時50分まで
・日曜 17時55分から18時00分まで

特に理由がない限り、これらのダイジェスト放送も踏襲されるでしょう。

やはり毎日のことですから、忙しい週もある。
何度か見逃しが続くと、それをきっかけに見る気が無くなってしまったり、ドラマそのものは好きなのに話がわかりにくくなってしまったり、ということが起きてきます。
そうなりそうな時はこのダイジェスト版でサクっと手当てしておくとよいですね。

年末の総集編

例年、年末年始に総集編が企画されます。
時期が近づいてこないと放送時間ははっきりしませんが、好きな朝ドラだとチェックしたくなります。

特に4月から放送される朝ドラの場合は、秋口に放送が終わってしまいますから、年末年始に放送してくれると、懐かしさとともに楽しめます。

ちなみに、2016年上半期の朝ドラ『とと姉ちゃん』は、次のような日時で総集編が放送されました。
NHK総合
・前編:2016年12月31日 8時45分 から、10時15分まで
・後編:2016年12月31日 10:45から、11時48分まで

BSプレミアム(再放送)
・前編:2017年1月8日(日)午後0時45分から
・後編:2017年1月8日(日)午後2時15分から

NHKオンデマンドを利用する

これだけ手厚く放送されている朝ドラは、まさに国民的ドラマといえそうですね。

家庭で録画もできますからよもや見逃しは無いと思いますが、最後はNHKの有料配信があります。

利用するには会員登録が必要です。
なかには無料のものや、有料でも特別に無料期間になっている場合もある。
ただし、配信されている期間には限りがあるようなので、その点には注意が必要です。

『ひよっこ』放送時間まとめ

『ひよっこ』の放送時間をまとめると、
月曜から土曜日の放送時間帯は、
・地上波:8時から8時15分と、12時45分から13時。
・BSプレミアム:7時30分から7時45分と、23時30分〜23時45分。

それと、これまでの通例を元に考えると、
土曜日に一週間分まとめて放送。
・BSプレミアム:9時30分から11時。

それと土日のダイジェストがあるでしょう。
・20分版:日曜11時00分~11時20分(20分)
・5分版:土曜の14時50分~14時55分と、17時45分~17時50分
・5分版:日曜の17時55分~18時00分(5分)

これらに加え、オンデマンドのネット配信(基本有料)や、年末年始の再放送がおそらくあると思います。

全体の放送期間:2017年4月3日(月)から2017年9月30日(土)。
全156回が予定されています。

【関連記事】
↓ ↓ ↓ ↓






スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*