籠池氏証人喚問、国会中継の視聴率はどのくらい?


ここ最近メディアを騒がせて来た森友学園への国有地払い下げ問題
本日ついに、渦中の人物である籠池泰典氏が国会に呼ばれ、証人喚問されました。

世間の注目を集めた籠池氏の証人喚問の様子は、午前中の参議院、午後の衆議院ともテレビ中継され、国民注視のなかで行なわれました。
嘘をつけば偽証罪に問われるという状況のなかでなされた籠池氏の証言は、今後詳細に検証されていくでしょう。

今回はこの注目の証人喚問の視聴率がどのくらいになるのか? について書いてみます。

スポンサーリンク

籠池氏証人喚問の裏番組

今回の証人喚問は、かねてからNHKを悩ませているという話が出回っていました。
夏の高校野球、大相撲など、普通に高視聴率を稼げる番組が放送される予定だったからです。

しかし、政権の存続にも関わりかねないこの証人喚問を、NHKが中継せずにどうするの? ということで、やっぱり最初から最後まで中継されました。

一方で、証人喚問は証人へのプレッシャーが大きい。それで一時はテレビ中継を注視していた時期もありました。しかし今回の籠池氏は特に手を震わす事もなく宣誓書に署名。質問に対しても、時折余裕の笑みを交えながら飄々と答えていました。
時に強引に自身の結論に持って行こうとしたり、時間不足からか声を荒げて詰め寄ろうとした幾人かの質問者に比べると、籠池氏のほうが見た感じ余裕があったとすら感じられたほどです(私の主観です)。

そんなことで、無事にというか、トータルで我々は証人喚問を見ることができたわけです。
全部見た人は多くないと思いますが、部分的にでも中継を生で見た人は、かなりの数に上るのではないでしょうか。

スポンサーリンク

WBCは日本が出場せず

籠池氏の証人喚問に対する強力な裏番組は三つありました。
一つはWBC。もう一つは春の選抜高校野球&大相撲です。

ですが、ご承知のとおりWBCのほうは昨日アメリカに敗れてしまいましたので、今日の決勝は日本抜き。ちなみに日本が惜敗したアメリカが優勝したということで、幾分溜飲が下がったという方もいらっしゃるでしょう(私もその一人)。
ともかく、そういう次第でWBCを楽しみにする人は、半減していたものと思われます。

2017/03/24 追記)
案の定、と言うべきか、第四回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝「プエルトリコ vs アメリカ」戦、テレビ朝日の平均視聴率はわずか2.9%だったそうです。

23日にテレビ朝日系で生中継された第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝「プエルトリコ―米国」(前10・21~後2・00)の平均視聴率は2・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが24日、分かった。
出典:WBC決勝2・9% 侍J準決勝敗退でテレ朝も涙? 証人喚問に食われた (スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

残るは高校野球と大相撲

他方、高校野球は予定通り行なわれていた。
今日のカードは福井工大福井vs仙台育英、高田商vs秀岳館、作新学院vs帝京第五、でした。
こちらは例によってEテレで放送することで、うまく乗り切った模様。
当初の日程では注目の清宮幸太郎選手が在籍する早実があたっていましたが、雨天でずれたのはNHK的には幸いだったかも知れません。

それと、午後は大相撲中継の時間にもあたっていましたが、こちらはBSにいなして対処された模様。
籠池氏の証人喚問の分析もそこそこに、終わるや否や大相撲中継に移ったのはちょっと笑ってしまいました。

ま、いずれにしてもNHKで中継されている番組なので、視聴率的には大きな問題ではなかったのかも知れませんが。

籠池氏の証人喚問の最高視聴率はどのくらい?

というわけで籠池氏の証人喚問、WBCの日本敗退や清宮君の試合がズレたことで、一人勝ちだったのではないかと思います。

まだ数字は発表されていませんが、国民の森友問題への関心が、実際どのくらいあるのかをはかる上でも、注目の数字になるのではないでしょうか?
もしかしたらメディアだけが騒ぎ続けていたことが露になったり?

追記:視聴率が判明

2017/03/24 追記)
ビデオリサーチ調べ、関東地区の数字が発表されました。
それによると、

午前の参院での喚問は、
午前9時55分から5分間が平均視聴率7・2%
午前10時から1時間が12・4%
午前11時から54分間が16・1。

午後の衆院での喚問は、
午後2時20分から40分間が5・3%
午後3時から1時間が10・6%
午後4時から1時間が12・9%
午後5時から5分間が12・7%。

だったそうです。
午前11時から昼までが最も注目を集めたことになりますが、全般に高い関心をもって視られていたことがわかりますね。
WBCに比べると、、、(汗)



スポンサーリンク

スポンサーリンク


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*