VR蓮舫に特大ブーメラン! 自民党がVR稲田防衛相を開発?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

民進党が開発した公式アプリ、「VR蓮舫」なるものが話題になっています。
4月29、30日に開催される「ニコニコ超会議2017」に出品され、人気投票にエントリー。1位獲得で1000万円相当の広告枠がプレゼントされるとか。

VR蓮舫の内容は、蓮舫代表の歯に衣着せぬ追求を疑似体験できるというもの。VRゴーグルをつけ、総理大臣の視点から国会を体験します。

かつて「二位じゃだめなんですか?」というフレーズで一世を風靡したこともある蓮舫代表。民進党としては気の利いたアプリのつもりかも知れません。確かに、蓮舫代表の言葉攻めを体験したい人にとってはいいかも。
しかし自民党には、起用方法次第で蓮舫代表に強烈なブーメランを返すことができる“あの人”がいます・・・その人とはそう、稲田朋美防衛相。

VR蓮舫に対抗して、自民党はVR稲田防衛相を作ってはいかがか、と思います。
読んでくれる人がいるかどうかわかりませんが、今回はこのVR稲田防衛相のアイディアラフを書いてみます。全体にジョークですので、そのようなものとしてご覧ください。

スポンサーリンク

自民党はVR稲田防衛相を出品せよ!

VR蓮舫にはガクブルメーターという指標があり、蓮舫代表の質疑・追求で動揺すると評価が下がる仕様だそうです。
そもそもシャレのアプリと思われますので、どの程度の精度があるかはわかりませんが、仮に稲田大臣がガクブルメーターで評価されるとたいへん心配な状況。すぐに動揺してメーターが振り切れてしまいそうです。

私が企画する“VR稲田防衛相”は、VR蓮舫のシステムの中に仮想の稲田防衛大臣を組み入れ、蓮舫氏に質問を浴びせかけてもらう、というもの。
一方、プレイヤーは、VR蓮舫と同じように安倍首相の立場に立ちます。しかし蓮舫代表の追求を直接受けることはありません。蓮舫氏の矛先は常に稲田大臣に向けられる。プレイヤーは両者の間に介入し、稲田大臣のガクブルメーターが振り切れるのを防ぎます。

VR稲田防衛相は鬼仕様

プレイヤーの目的は稲田防衛相を守ることですが、ご想像のとおり一筋縄ではいかない。

VRの稲田大臣は質疑の中で、「憲法に抵触しちゃうかも知れないので戦闘行為とは言わなかった」とか、「籠池氏と会ったことは無い」とか、いろいろと突っ込みどころをつくって相手に塩を送ります。プレイヤーはこの不測の発言もフォローしなければなりません。

また、ガクブルメーターが急上昇するとVR稲田防衛相は“泣く”ことがあります。
泣かされてしまうと、国を守る防衛大臣が感情に流されるのは何事か!、とさらに突っ込まれることになります。また、女性が泣いているところに助け舟を出すと周囲にはヘンな具合に見えてしまい、世論メーターの評価が下がります。

このように、守るべきVRの稲田防衛相は、自ら墓穴を掘りやすい仕様になっています。
そのためこのゲームに勝利するのはかなり難しい、鬼仕様のアプリになっています。

スポンサーリンク

イージーモードで世論メーターを操作できる

さきほど少し書いた世論メーターは、このアプリ・VR稲田防衛相に独自の指標です。
世論メーターは国会を見守る国民の印象を表します。

VR蓮舫代表は、必ずしも国民に人気があるわけではありません。
そのため、泣き虫のVR防衛相を攻めすぎると、逆に世論メーターが、政権側に有利にふれることがあるのです。
プレイヤーのあなたは、蓮舫代表が稲田防衛相に浴びせかける質問にうまく介入しながら、蓮舫代表への世論の評価が下がるよう、誘導して行きます。VR朋ちゃんが動揺する前、泣き出す前に、蓮舫代表への評価が0になれば、プレイヤーの勝利になります。

勝利するのはかなり困難な仕様なので、イージーモードがもうけられています。
イージーではマスコミ操作が可能。腹心の人物を国営放送に派遣することによって、世論の方向を一定程度ですが誘導することができます。また業界に通じた側近のアドバイスも受けることができる。

設定されているステージは、今のところ三つ。
・南スーダン戦闘行為編
・ミサイル防衛編
・籠池氏証人喚問編
です。

おまけの着せ替え機能

おまけ機能ですが、VRの稲田防衛相には様々な衣装が用意されています。

ゴスロリ、編タイツ、田舎少女風など、オプションが豊富。ただし国会議員としてふさわしいかどうかは意見が分かれるような服装が、大半を占めています。
選び方次第では、世論メーターのベースポイントが下がります。いくらあなたが上手に介入しても、重しのようにポイントを下げるので、注意が必要です。

おわりに

民進党のVR蓮舫、なかなか話題になっていますので、自民党も何かキャッチーなものを出してはどうかと思ってアイディアを書いてみました。
ラフですが、VR蓮舫のインパクトをブーメランで返せたら、と思ったのですがいかがでしょう?

気に障ったらどうぞご容赦ください。
もちろんVR稲田防衛相は現実には存在していません。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*