2017韓国大統領選挙の投票日、投票時間はいつから、いつまで?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入が明るみに出て弾劾された韓国の朴槿恵(パク・クネ)元大統領。ついに逮捕されてしまいました。

かの国の大統領の末路は、何ゆえその多くが悲惨なものになってしまうのか。

民主主義が根付いていないからだ、などと後進国扱いする向きもあるようですが、他の国みて我が国なおせ・・・首相夫人が公人なのか私人なのか曖昧なまま、周囲の忖度によって物事が進むどこかの国も果たしてどうなの? なんて思うこのごろです。

いずれにしても隣国は重要。国政を預かる大統領の席が空席のままなのは懸念材料です。
いったいいつ、韓国の新大統領は決まるのでしょうか?

今回は、次の韓国の大統領が決まるのはいつなのか?2017年韓国大統領選挙の日にち時間について確認しました。

また、選挙後の日韓関係がどうなるのかについても、情報を集めました。

スポンサーリンク

韓国の大統領選挙の投票日はいつ? 投票時間はいつからいつまで?

第19代韓国大統領選挙の投票2017年5月9日(火)に行われます。
日本ではゴールデンウィークが明けた頃になりますね。

投票時間は朝6時から20時まで

即日開票されますので、新しい大統領が誰になるのか、投票後は割とすぐに判明するでしょう。

当日投票できない人は?

日本と同じように、期日前の投票が認められています。
事前投票は5月4日(木)~5日(金)まで

また、外国にいる人々も事前に投票できるようになっているらしい。
外国民投票の期間は、4月25日(火)~30日(日)までです。

こうして見ると日本のGW中に、韓国の大統領選は着々と進んでいることになりますね。

スポンサーリンク

各政党の予備選挙が行われる

大統領選挙に先立って、アメリカと同じように各政党から候補者が選出されます。
そのために予備選挙があり、これを書いている現在は、その期間。

第一野党の「共に民主党(더불어민주당)」は4月3日(月)に予備選が予定されています。

朴槿恵元大統領の与党「自由韓国党(자유한국당)」は元のセヌリ党ですが、こちらの予備選挙は3月31日(金)。

国民の党(국민의당)は4月4日(火)。

自由韓国党から分離した「正しい政党」は、3月28(火)。

正義党(정의당)の候補者は沈相奵(シム・サンジョン)代表に決まっています。

韓国の歴代大統領

選挙日 大統領 所属政党 任期
初代 1948年7月20日 李承晩 無所属 4年
第二代 1952年8月5日 李承晩 自由党 4年
第三代 1956年5月15日 李承晩 自由党 4年
第四代 1960年3月15日 李承晩 自由党
第四代 1960年8月12日 尹潽善 民主党 4年
第五代 1963年10月15日 朴正煕 民主共和党 4年
第六代 1967年5月3日 朴正煕 民主共和党 4年
第七代 1971年4月27日 朴正煕 民主共和党 4年
第八代 1972年12月23日 朴正煕 民主共和党 6年
第九代 1978年7月6日 朴正煕 民主共和党 6年
第十代 1979年12月6日 崔圭夏 無所属 6年
第十一代 1980年8月27日 全斗煥 無所属 6年
第十二代 1981年2月25日 全斗煥 民主正義党 7年
第十三代 1987年12月16日 盧泰愚 民主正義党 5年
第十四代 1992年12月18日 金泳三 民主自由党 5年
第十五代 1997年12月18日 金大中 新政治国民会議 5年
第十六代 2002年12月19日 盧武鉉 新千年民主党 5年
第十七代 2007年12月19日 李明博 ハンナラ党 5年
第十八代 2012年12月17日 朴槿恵 セヌリ党 5年
第十九代 2017年5月9日 5年

参考:韓国の選挙 – Wikipedia

大統領選挙の後、日韓関係はどうなる?

ところで、日本として気になるのはやはり選挙後の日韓関係。
北朝鮮のミサイル問題もあるし、折からの韓国との様々な問題もある。

今のところ、有力視されているのは文在寅(ムン・ジェイン)氏。支持率トップと言われています。
親北朝鮮派として知られる人物で、文氏が大統領になれば日韓関係は楽観視できない、という見方が大勢のようです。

文氏は1953年1月24日生まれ。弁護士出身。
民主化運動で朴正煕政権に反対し、逮捕されたこともあるとか。
2002年12月の大統領選挙の際は盧武鉉氏の選対本部長を努め、後に盧大統領の側近として数々の要職を歴任しました。
日本の側から見ると、文氏が2016年の7月に文氏が竹島に上陸していることは、無視できないですね。このところ日韓の懸案になっている慰安婦問題日韓合意に関しても、文氏は批判的だと言われています。

他方、朴槿恵元大統領が弾劾された際、芋づる式にというべきなのか、サムスンの李在鎔副会長、ロッテの辛東彬会長(=重光昭夫氏)らにも疑惑の目を向けられている最中。韓国の経済界は動揺しています。
特権階級への庶民の反感というのはいつの時代、どこの国にでもあるものです。それが今回の件を機に大噴出しているのでしょう。これが左派への追い風になっているのではないか、と推測できます。
また、韓国経済界はやはり日韓関係を重視していると思いますので、彼らの旗色がよくないのは日韓関係にも影を落とすことになりそうです。

おわりに

2017年の韓国の大統領選挙は、2017年5月9日(火)に行われます。
即日開票で、次の大統領が決まる見込み。

目下、左派で北朝鮮よりと言われる文在寅(ムン・ジェイン)氏がトップと言われていて、彼が大統領になった場合には、日韓関係も微妙な舵取りが強いられそうです。

いったいどうなるのでしょう?
注目して見守りたいです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*