浅田真央選手の引退後はフィギュア人気に陰り? 高橋大輔・安藤美姫らの反応が気になる!

2017年4月10日、フィギュアスケート浅田真央選手現役の引退を自身のブログで発表しました。
長い間日本のフィギュア界を牽引してきた真央ちゃん。選手としてのパフォーマンスもさることながら、その人柄に多くの日本人が魅了されてきました。

今回は、浅田真央選手の引退の詳報、主な戦績、引退後の進路とフィギュア界について考えてみました。
また、高橋大輔さんたちフィギュア黄金時代の名選手たちの反応も気になります。

スポンサーリンク

浅田真央選手が現役引退を発表

まず浅田真央選手の公式ブログから、引退発表の全文を引用させていただきます。

タイトルは「ご報告致します。」
日付は日時 2017年4月10日(月)22:51になっています。

突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終える決断を致しました。

今まで、長くスケートが出来たのも、たくさんの事を乗り越えてこれたのも、多くの方からの支えや応援があったからだと思います。

ソチオリンピックシーズンの世界選手権は最高の演技と結果で終える事ができました。その時に選手生活を終えていたら、今も選手として復帰することを望んでいたかもしれません。実際に選手としてやってみなければ分からない事もたくさんありました。

復帰してからは、自分が望む演技や結果を出す事が出来ず、悩む事が多くなりました。
そして、去年の全日本選手権を終えた後、それまでの自分を支えてきた目標が消え、選手として続ける自分の気力もなくなりました。このような決断になりましたが、私のフィギュアスケート人生に悔いはありません。

これは、自分にとって大きな決断でしたが、人生の中の1つの通過点だと思っています。この先も新たな夢や目標を見つけて、笑顔を忘れずに、前進していきたいと思っています。
皆様、今までたくさんの応援、本当にありがとうございました。

浅田真央
出典:真央ブログ | 浅田 真央オフィシャルウェブサイト

簡潔な中にもご自身の気持ちがこめられた、真央ちゃんらしいコメントです。
考えてみれば私たち、いろんな局面で真央選手のコメントに癒されたり、感心させらりたりしてきました。
「あの子、大事な時に必ず転ぶ」などと失礼な発言をした森氏への返しの絶妙は、まだまだ記憶に新しい。

ともかく浅田真央選手には、ごくろうさまでした、と言いたいですね。
数えきれないほどの感動を、私たちに与えてくれました。感謝、感謝です。

浅田真央選手の主な成績

真央選手の活躍は誰もが知るところですが、代表的な戦績を確認してみましょう。

今も鮮やかな記憶は、ジュニア時代のグランプリファイナル。
2005年、当時最強とよばれた世界女王・ロシアのイリーナ・スルツカヤ選手を破って世界一になりました。あの時のまだあどけない真央ちゃんの笑顔が、日本中にフィギュア黄金時代の到来を告げました。翌年のトリノオリンピックでは、荒川静香選手がシングルで金メダルを獲得、日本中が湧いて、今日までのフィギュアブームが続くわけです。

真央選手はグランプリファイナルでは四度優勝。
世界選手権でも2008年、2010年、2014年に優勝しています。
たいへん立派な、というか前人未到の驚異的成績です。

ファンとしてはオリンピックのメダルもとらせてあげたかったところですが、2010年バンクーバーオリンピックでは銀メダル。2014年ソチオリンピックは6位に終わりました。

とはいえバンクーバーでは一試合に3A(トリプルアクセル)を三度入れ、ソチではフリーで奇跡の追い上げを見せるなど、スポーツが成績だけではないのだということを、身を以て示してくれました。
記録にも、記憶にも残る選手です。

スポンサーリンク

引退後の進路はアイスショー? キャスター? それともコーチ?

真央ちゃんの今後ですが、一部でテレ朝のスポーツキャスターに内定している、という話もあるようです。真央ちゃんの人柄と人気を思えば、十分にあり得る話ですし、お茶の間にも大歓迎されるでしょう。「ハーフハーフ」みたいなナイスなフレーズを、いろいろ聞けるかも知れません(笑)。

普通に考えれば、アイスショーで活躍することが考えられます。
真央選手は3Aの申し子のように言われてきましたが、回転不足で原点され、技の認定ではけっこう苦労させられてきたようです。こうした競技面から解放され、タラソワコーチ仕込みの演技力をアイスショーでいかんなく発揮してもらえたら、ファンの我々としては大喜びですよね。

コーチという線もあるでしょうが、真央ちゃんはまだまだ滑れますから、もう少ししてからでもいいんじゃないでしょうか。個人的な意見ですけど。

おそらく引退後の真央ちゃんをめぐっては、いろいろな動きが出てくると予想されます。
なにせあの人気ですから、何をやってもお金になるということで、ちょっと心配なくらい。
これまで我々にたくさんの幸せを分けてくれた真央ちゃんだけに、これからは自分の幸せも追求していって欲しいです。

フィギュア人気に陰り?

ちょっと心配なのは、これからのフィギュア界。
ビッグスターを失って、人気に陰りが出るのではないでしょうか?

現在、強い選手たちがたくさんでているのも、真央ちゃんたちが黄金時代を築いたからこそ、という面があります。
テレビ放映の視聴率や、スケート連盟の運営など、真央ちゃんの引退に付随して、経済面などいろいろな変化が起きてくるでしょう。

憶測に過ぎませんが、真央ちゃんを巡る“大人の事情”には問題山積かも知れない。
そもそもニッチなフィールドだったフィギュア界。不祥事や破廉恥事件もあったと記憶しています。
浅田選手が活躍してくれていたブームの間に、こうした業界事情が、世界一のフィギュア王国と言われるに相応しいものに変わったのか? 今後試されるのではないでしょうか。

その嗣彦氏が2012年、中京大学の非常勤講師として勤務していた頃、教え子を自宅に呼び出し、胸を揉むなどの行為に及んだという。被害女性は14年に被害届けを出すものの証拠不十分による不起訴処分。その後民事訴訟を起こし、現在も裁判は継続中だ。
出典:小塚崇彦の父「教え子の胸揉み事件」で明るみに出たフィギュア界の闇とは? | アサ芸プラス

母親が少女から聞いた話によると、抵抗する少女に酒井容疑者は「学校に行けなくなっていいのか」「スケートができなくなっていいのか」「妹がスケートできなくなっていいのか」などと脅したという。
出典:「コーチの言うこと100%きく」 スケート界の「非常識」 : J-CASTテレビウォッチ

高橋大輔さん、安藤美姫さんたちの反応が気になる!

さて、真央選手とともに日本フィギュアの黄金時代を築いてきた名選手たちは、今回の引退の報を受けてどのような反応をしているのでしょう? 気になりますよね。

特に、浅田真央選手とともに男子フィギュアを引っ張ってきた高橋大輔選手。
あの壮絶なステップに、女子とは違う男子フィギュアの魅力を教えてくれました。
メダルを期待されながらも五輪では届かなかったという点でも、真央選手と似たところがあります。

高橋氏が事務所を通して発表したコメントは次のとおり。

浅田真央選手の引退表明は彼女がいろいろと考えた末の結果だと思います。競技会からは離れることになりましたが、僕は『浅田真央』のスケートが大好きですし、また一緒に氷上でスケートをできることを楽しみにしています。ここからが新しいスタート。今まで以上に大変なこともあるかもしれませんが、今後の活躍を陰ながら見守っていきたいと思います。今はまだ先の事は考えられないと思いますが、まずはゆっくり休んでもらいたいなと思います。長い間、現役生活、本当にお疲れさまでした。そして、沢山の感動をありがとう」
出典:高橋大輔氏、真央引退に「また一緒に氷上でスケートをできることを楽しみに」 (サンケイスポーツ) – Yahoo!ニュース

こちらは高橋選手の公式サイト。真央選手とのコラボアイスショーの企画など、発表されると嬉しいのですが。


 

鈴木明子さんのtweetも待っているのですが・・・。

こちらは真央ちゃんと同じ名古屋出身の織田信成さんのコメント。



真央選手と女子フィギュアの双璧として戦ってきた安藤美姫さんも、感謝のコメントを送っています。

https://twitter.com/M1K1_ANDO/status/851455863705411584

最近ちょっとこじらせ気味の村主章枝さんも、黄金時代の証人です。

真央選手の先輩、仲良しの武田奈々さんから。

澤田亜紀さん。

世代交代の筆頭格・樋口新葉(わかば)選手。

新田谷凜選手。
https://twitter.com/rinrinrin0808/status/851447305186099201

無良崇人選手。

村上大介選手。

アメリカのアシュリー・ワーグナー選手。真央選手と何度もしのぎを削りました。

ジョニー・ウィアー選手。

ジェイソン・ブラウン選手は、わざわざ日本語にしているあたり、真央選手への敬意が伺えます。
https://twitter.com/jasonbskates/status/851631894127104000

真央選手は他の競技のアスリートからもリスペクトされています。
こちらはレスリングの吉田沙保里さんのtweet。

長友佑都‏

スポンサーリンク

おわりに

簡単にですが、真央選手の戦績と、引退後の進路、フィギュア黄金時代を気づいた名選手たちの反応をみてみました。
高橋選手の反応がわかれば書き添えたいです。

真央選手、いままでどうもありがとう!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*