『ひよっこ』今日の感想[5/27]毎日更新〜みんなの“朝ドラ受け”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週も一週間、あっという間に過ぎて行きました。
こんにちは、ブログ主のクエリです。

綿引さん、、まさかこんな展開になるとは予想外。
みね子に恋を教えて去ってしまうとは、誠実そうに見えてなかなか罪な男です。

ともあれ、クリームソーダは溶けても美味しい。
リアルでもすっかり暑くなってきたし、ひさしぶりに食べてみたいです♪

スポンサーリンク

『ひよっこ』今日の感想 2017年05月27日(Sat.)

今回のあらすじ

「もうお父さんを探すことができなくなった」、綿引から唐突に告げられたみね子。

事情を聞くと、東京を離れて茨城の実家に戻ることになったと言う。父の介護のため、警官も辞めることになるそうだ。
寮に戻ってそのことを伝えると、仲間たちはみね子と綿引の関係を口々に話し始める。

奇妙なかたちで友情が芽生えた雄大とも別れを告げた綿引は、最後までみね子の父の行方を尋ねながら東京を去る。

綿引と何度も会った喫茶店で、ひとりクリームソーダを前にしたみね子は、今まで感じたことのない思いが胸に芽生えていたことに気づく。

クエリの感想

一昨日でしたか、夏の浜辺の映像のまぶしさが、今日こんな形で蘇ってくるとは・・・

思いを胸に抱きながら、黙って去って行く綿引。
その心は、たとえ冬であっても、霜をよせつけない熱を帯びているのに。
安易に思いを伝えたりしないところが綿引さんなんでしょうね。

『野辺の花よ』にのせて描かれた恋の終わりがせつないです。

また、金を借りてでもおごってやりたい、という雄大の転倒っぷりが、その思いの強さを表していて面白かった。

新しかったのは、みね子が優子をいじったことでしょうか。
何かに似ている→→→座敷わらし、ということで寮の面々が合意。ふくれた優子ちゃんが可愛いすぎた!

それにしても向島電機、まさか倒産とは思いませんでした。風雲急を告げる次週、目が離せません。

みんなの感想

ドラマが温かいせいか、つぶやきもあったかく、かつ深いものが多いです。拝見していて、そうそう、と嬉しくなります。


 

スポンサーリンク


 

ご訪問ありがとうございます

こんにちは、あらためまして、blog主のquery(クエリ)です。
ご訪問、どうもありがとうございます。

このページでは、NHKの朝ドラ『ひよっこ』を見た私の感想と、ネットで見つけたみなさんの感想をメモしています。
あらすじやネタバレは最小限で、あくまで感想メインのみんなの“朝ドラ受けの受け”、を目指してます。
本家・朝イチの朝ドラ受けと同様、ちょこっと気軽に読める記事にしたいと思っています。

ですので、コメント欄にご感想などお寄せいただけると喜びます♪

twitterで更新情報をお知らせします。ご覧のとおり大したことは書けませんが、もし気に入っていただけたらフォローお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

tweetを引用させていただいているみなさま、ありがとうございます。
ひとつひとつご連絡をしていないのが申し訳ないのですが、もしお気に障った場合は削除させていただきますので、どうぞご連絡ください。コメント欄でも、お問い合わせフォームからでも構いません。よろしくお願いいたします。


 

 

 

 

 

 

次のページは過去の感想の置き場になっています。
日々たまってしまうため、読み込みにちょっと時間がかかるかも知れません。
接続している回線が太くない方にはあまりおすすめできません、ごめんなさい。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*