マリリン・モンローが訪れた銀座の高級宝飾店ウエダジュエラーの評判・社長・結婚指輪の値段〜NHK・発掘!お宝ガレリア

こんにちは、ブログ主のクエリです。

突然ですがみなさん、きれいな女の人は好きですか? 私はもちろん大好きです。

先日ヤホーで美人を検索していたら、ものすごい美女を見つけちゃったんですよね。
昔のスターなんですが、「マリリン・モンロー」って知ってますか?

・・・

ナイツさん風の入りにしてみました。
最近あらためてハマっています、すいません。

小ネタはさておき、この歴史的な大スター・マリリン・モンローが、かつて銀座を訪れ、高級宝飾店で買い物をしていたって知ってました? 今回テレビ番組でとりあげられるらしいのですが、実はマリリン、あまり宝飾品は好きではなかったのだそうです。セクシー&ゴージャスな雰囲気からは意外ですよね。
ところがそんなマリリンも、この銀座のお店で買った宝飾品はとってもたいせつにしていたそうです。

というわけで今回は、マリリン・モンローが買い物をした、銀座の高級宝飾店・ウエダジュエラーについて情報を集めてみました。店の由来場所営業時間評判、三代目社長をつとめた植田新太郎氏、気になる結婚指輪婚約指輪のお値段など、書いています。
また、マリリンが銀座で宝飾品を購入した件がNHKの番組でとりあげられるので、その番組名放送時間についてもふれています。

スポンサーリンク

マリリン・モンローが愛した金・銀・パールとは?

マリリン・モンローが来日したのは1954年2月1日のこと。
17時35分に羽田に到着した後、夫のジョー・ディマジオ氏らとともに、帝国ホテルへ。
翌日の記者会見などを経て、マリリンらは福岡や岩国、大阪なども訪れ、2月25日まで日本に滞在しました。

今回のテーマとの関わりでポイントになるのは、東京滞在時の帝国ホテルです。

帝国ホテルのウエダジュエラーでマリリンが買い物

帝国ホテルにはアーケードと呼ばれるショッピングエリアがあります。
誕生は1923年(大正12年)。日本初のアーケード。

で、このアーケードの中に現在も店を構えている「ウエダジュエラー」を、マリリンが訪れた。

ウエダジュエラーは、夫のジョー・ディマジオはもちろん、他にも数多くの著名人を迎えている、高級宝飾店の名にふさわしい名店です。一例を上げると、ベーブ・ルース、ヘレン・ケラー、フランク・シナトラ、チャップリン、ミック・ジャガーなどのスターや、キッシンジャー夫妻、ライシャワー夫妻など。マリリン・モンローもそうですが、今や歴史上の人物になっている人々ですね。

後でご紹介する植田新太郎理事長が、マリリンが店に訪れた時のことを語っています。

1954年に、マリリン・モンローがひとりでふらりと来店したときは、はじめはスタッフがマリリン・モンローだと気づかずに接客をしていたそうです。
そのうち、またたくまに店が新聞記者やカメラマンでいっぱいになり、はじめてあの世界的大スターだとわかって、とても驚いた。やがて、ジョー・ディマジオも現れて、新婚旅行で来日したと知ったそうです。
数々のVIPの方々にいただいたサインは私どもの大切な宝物です。
出典:トップ対談 | 帝国ホテルアーケード

マリリンが訪れた銀座の宝飾店・ウエダジュエラーについて

ウエダジュエラーの前身は植田商店(K.UYEDA)。初代は植田吉五郎さんといい、東京・京橋区の旧南佐柄木町で、外国人向けの土産物を扱っていたそうです。
創業は1884年(明治17年)。文明開化の波をいち早く商機ととらえた先見の明が、今のウエダジュエラーの礎になっているのでしょうね。

見逃せないのは、この植田吉五郎の妻のおじいさん・桑原熊吉さんが、平戸細工の細工師だったこと。細かで丁寧な細工が外国人らの評判になったようです。

植田商店は1923年に帝国ホテルへ出店。立地の追い風を得て、本格的に外国の賓客向けの店へと発展していきます。

長い歴史を紡いで来たウエダジュエラーのひとつの特徴は、ファミリージュエラーというキーワード。
顧客それぞれに専任スタッフがつくスタイルのため、祖母から母へ、そして娘へと代々の顧客も多いそうです。

ウエダジュエラーの場所

ウエダジュエラーは、既に何度も書いていますが、帝国ホテルのアーケード内にあります。
住所としては、東京都千代田区内幸町1丁目1-1 帝国ホテルアーケード。

「動かす」に切り替えると操作できます。

ウエダジュエラーの営業時間、定休日は?

場所をご紹介したので、実際に行ってみたいという方もいらっしゃるでしょう。営業時間は以下のとおりです。

平日 10:00~19:00
土曜 11:00~19:00
日・祝 11:00~18:00

定休日はありません。年中無休です。

スポンサーリンク

三代目社長・植田新太郎氏について

現在のウエダジュエラーのリーダーは四代目の植田友宏氏。自ら絵も描くことがあるというクリエイティブな方だそうですが、ここでの注目は、その父親である植田新太郎氏。
新太郎氏は1963年に三代目社長に就任。以来、氏はイタリアンジュエリーに注目。現地を訪れて品物を調達し、日本で展覧会を開催するなど、イタリアンジュエリーブームの仕掛人となります。
また、店名もそれまでのK.UEDAからUyeda Jewellerにあらため、ロゴやテーマカラーに合わせた包装紙をリニュールするなど、現在のウエダジュエラーの基礎を作っています。

これ以上の詳しいプロフィールは集めきれなかったのですが、新太郎氏は東京青年会議所の第28代歴代理事長もつとめたという記述がありました。東京の経済の一翼を担うお一人なのでしょうね。

わんぱく相撲大会のファウンダーだと紹介しているブログさんもありました。

ウエダジュエラーの評判

場所や営業時間をご紹介しましたが、歴史的なスターなど著名人が訪れ、創業も130年余りという老舗。しかもあの帝国ホテルの中にある、ということで、なかなか足を踏み入れにくいイメージをお持ちの方もいらっしゃるかも知れません。

そんな不安を打ち消してくれるような「店員さんが気さくに対応してくれた」みたいな口コミは見つけられませんでしたが、やはりここはハイ・ジュエラーなので、伝統、格式、接客の質、もちろん製品のグレードもですが、そういうものを求めるのが正解のようです。その点では満足度は高く、さきほどの、世代間に渡って付き合いのある顧客が存在することが、高い評価のひとつの証と言えるのではないでしょうか。



ウエダジュエラーの結婚指輪・婚約指輪のお値段は?

そんなウエダジュエラーで結婚指輪や婚約指輪を作れたら素敵ですよね。
質は折り紙付きとはいえ、気になるのは価格。

ネットを探してみると、結婚指輪で5万円台から、婚約指輪は20万円台から、となっているそうです。
ただし、ダイヤモンドは独自の鑑定書を発行するほどのこだわりぶり。そして専属デザイナーによる指輪の価格は天井も高い。
おおむね80,000円から約700,000円という相場を出しているサイトがありました。
*参考:ウエダジュエラー | 婚約指輪・結婚指輪ブランドナビ

発掘!お宝ガレリア「銀座!マリリンも愛した金・銀・パールのお宝!展」の放送時間

さて、マリリンがこの銀座の高級宝飾店・ウエダジュエラーを訪れたエピソードとその“お宝”が紹介される番組は、NHK総合の『発掘!お宝ガレリア』。

放送時間は2017年6月8日(木)の22時25分から22時50分まで
再放送も予定されており、こちらは6月12日(月)の午前3時45分から午前4時10分まで
銀座特集の第二弾の中でとりあげられ、ほかにELTのギター伊藤一朗さんが、世界にひとつしかない金ぴかの楽器を演奏したりするそうです。

スポンサーリンク

マリリンも訪れたウエダジュエラーまとめ

以上、簡単にですが、マリリン・モンローが訪れたという銀座のウエダジュエラーについての情報でした。
高級宝飾品というだけあって、ちょっと敷居も高そうですが、実際に訪れて自分の目で良品の数々を見てみたい気もします。
みなさんはいかがでしょうか?

最後までご覧くださり、ありがとうございました。

こちらは同じく『お宝ガレリア』に出演するスウィージー美紀さんについてまとめた記事です。
 ↓ ↓ ↓

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*