2017年 7月 の投稿一覧

一龍斎貞水(講談師)は立体怪談で人間国宝!プロフィールと、有名声優の弟子は誰? 『林先生が驚く初耳学』

毎年、夏の暑い盛りになると恋しくなるのが怪談

聞いた後ではトイレに行けなくなってしまうけど、
あの魅力には抵抗できない

などという方も多いのではないでしょうか?
怖いもの見たさ、とはよく言ったものです。

とはいえ、怪談は話のうまい下手がとっても重要。
一流の話芸があってこそ、十分に怖がれ(=楽しめ)ます。

その点、講談師一龍斎貞水いちりゅうさい ていすい)さんは人間国宝の折り紙付き。
安心して怖がれます(ヘンな言い方ですが・笑)。

というわけで今回は一龍斎貞水さんの魅力やプロフィール、独自にあみだした立体怪談についてご紹介してみたいと思います。

続きを読む

巽好幸のアウトレイジなマグマ学、日本列島の成立とプロフィールは?『ジオジャパン(NHKスペシャル)』解説者

巽好幸たつみ よしゆき)教授ってどんな方なんでしょうね?

火山学、特にマグマがご専門で、時折テレビでもお見かけするのですが、失礼ながら一見すると学者さんには見えません。スキンヘッド身体も大きく、ヘタをするとどこぞの親分さん?という感じ。
北野監督の『アウトレイジ』に出ても違和感なさげに思うのは、私だけでしょうか?笑

とはいえ、日本は地震大国、そして火山大国でもあります。
その方面の第一人者である巽教授の研究には、特に東日本大震災以降、大いに注目が集まっているようです。

ということで今回は、巽好幸教授の研究プロフィールについて、情報を集めてみました。

巽教授は、ほかならぬ我々が暮らす日本列島の成り立ちについて、わかりやすく解説してくれています。
私たちのすぐ隣にあるカタストロフ(カルデラ破局噴火)や、それと密接に関係してる和食について、興味深いご見解も披露してくれています。

続きを読む

したり顔ってどんな顔? 意味と画像、ドヤ顔との違いは?

したり顔」、時々聞く言葉ですが、いったいどんな顔なんでしょうか?

私はいまいちピンとこないのですが、皆さんはいかがでしょう?

私の場合、意味もぼんやりとしか理解できていないので、この言葉を耳にするたび引っかかるのですが、調べる気力もないままいつもやり過ごしてきました。

というわけで、今回はこの「したり顔」の意味の基本を調べて、現実の使用と照らしながらはっきりつかめるよう、考えてみたいと思います。

それと「したり顔」が具体的にはどんな表情なのか? これも気になるので、画像をあたってみました。
最近よく聞くようになった「ドヤ顔」との違いについても、少しふれたいです。

とはいえ私は国語学者ではなく、専門的な議論はわかりません。
ここではあくまで「したり顔」を実用レベルで理解し、使えるようになることを目指して書いて行きます。
そういうものとご理解いただいた上で、似たような方にお読みいただけたらと思います。

続きを読む

スタンフォード式最高の睡眠法のキモ“黄金の90分”とは?西野精治のプロフや夫人など

こんにちは ブログ主のクエリです。

眠りで悩んでいる人は、とても多いですね。

  • 夜、ぐっすり眠れない
  • 睡眠時間を十分にとれない

などのわかりやすい寝不足に加えて、最近では「睡眠負債」という言葉が広まってきました。

自分では寝不足という自覚がないまま、わずかな寝不足が積み重なってしまう。それで、知らない間に活力が落ち、果ては成人病のリスクを高めるというのですから見過ごせません。

よい睡眠を得ることは、現代人にとって必須の課題だと言えるでしょう。

そんな現状に光をもたらしてくれるのがスタンフォード式睡眠法黄金の90分というフレーズとともに、西野精治氏が提唱しておられます。

今回はこのスタンフォード式睡眠法について、それがどんなものなのか?情報を集めました。
それと、提唱している西野精治氏のプロフィールについても書き添えています。

  • 日々、寝たりないと感じていらっしゃるみなさん、
  • ぐっすり寝ているけれど、睡眠を改善してパフォーマンスを上げたい

など、みなさんのご参考になれば、と思います。

続きを読む

木原俊壱のK-methodは頸椎手術の革命!手術費用や病院の場所は?TBS『スーパードクターズ』

肩こり、腰痛、手足のしびれなどで困っている人は多いですよね。
これらのさまざまな症状の原因が、意外にも首というケースがあるのだとか。

頸椎のトラブルが原因で首の神経が圧迫されるなどすると、いろいろな症状の現れ方をする・・・言われてみればなるほどです。

ところが、首の手術というのはたいへん難しい。下手に手術をすると全身麻痺の寝たきりになる恐れもあって、医師にとってもアンタッチャブルな部位になっている。予後によっては損害賠償などもあり得ますから、お医者さんにとってもリスキーなんですね。

ところがこの首の手術に果敢に取り組み、しかも高い成功率をあげている名医がいらっしゃる。

その名は木原俊壱(きはら しゅんいち)医師。

オリジナルの「K-method(Kメソッド)」という手術方法で多くの患者さんを救っています。しかも従来の手術に比べて患者の負担も劇的に軽いというから素晴らしい。

というわけで今回は

  • K-methodとはどんな手術なのか
  • その手術を受けられる病院の場所などの情報

それと、木原俊壱医師の

  • プロフィール
  • 経歴
  • ご家族

などの情報を集めました。

最後に木原俊壱医師がとりあげられる予定のテレビ番組の放送時間にもふれます。

木原俊壱医師のK-methodに興味がある方のご参考になれば、と思います。

続きを読む

『夏の花は向日葵だけじゃない』歌詞の意味が深過ぎて再号泣

今泉佑唯さんのソロ曲『夏の花は向日葵だけじゃない』がたいへん沁みています。
あの歌声からのこの内容、ずーみん推しじゃなくてもクラクラきますね。

ただ、歌詞に少し不思議な箇所があるのに気づきました。
そこを掘って見たら、お宝ならぬ別の世界が・・・表側の意味をさらに深めてくれそうな仕掛けが見えてきました。

いえ、御大・秋元氏がどう考えているかは知りません。ただ、こんな読み方をすると、もっとこの曲を味わえるのではないか・・・そう感じたので、シェアしたいと思います。よかったら『夏の花は向日葵だけじゃない』をリピートしまくっている方に読んでいただけたら、と思います。

続きを読む

アフラトキシンはカビ毒!その症状や食品衛生法上の基準値、含まれやすい食品は?

落花生から発がん性物質が検出されたと報じられ、話題になっています(2017年7月21日現在)。

問題の物質の名は「アフラトキシン」。
落花生から基準値以上の量が検出され、現在、回収がよびかけられています。
とりあえず、稲葉ピーナツの「さやつき落花生」をお持ちの方は注意してください。

今回は、この問題の物質「アフラトキシン」について、情報を集めてみました。
とりあえず気になるのは

  • どんな毒で、
  • 症状としてはどのようなことになるのか、
  • 日本の基準値はどの程度で、
  • 含まれやすい食品にはどんなものがあるのか?

といったあたり。

きちんと認識してパニくらないようにしたいと思います。

続きを読む

『夏の花は向日葵だけじゃない』が感涙の出来だった事の意味

何かとアイドルの枠を超えて行く欅坂46

1stアルバム『真っ白なものは汚したくなる』に収録された、ずーみんこと今泉佑唯さんの『夏の花は向日葵だけじゃない』もそのひとつ。想い人を夏の青空のなかに追憶する今泉さんの澄んだ声が、胸をしめつけます。
いい意味で、ずーみんはもう普通にソロ歌手でいいんじゃない? と感じた人も多いでしょう。そのくらいの実力を見せつけられました。

その歌唱力・曲・歌詞がよいことはもちろんなのですが、ずーみんファンにはその前段に、すでに大きな感涙のツボが存在します。それもかなりデカいやつが。

というわけで今回はこの『夏の花は向日葵だけじゃない』がずーみんファン(当然、私も含む)にもたらす意味=ヲタ感涙のポイントについて、書いてみたいと思います。
私個人の意見なので、推しの人たちの気に障ったらごめんなさい。

続きを読む

ハクレンが集団ジャンプする理由と場所、時期はいつ?動画アリ

ハクレンという魚をご存知でしょうか?

淡水魚ながら体長がかなり大きい上に、集団で大ジャンプをするので大迫力。
映像を見るとちょっと怖いくらいですが、そもそもこのハクレン、なぜジャンプをするのか?
また、このジャンプはどこで時期はいつ頃見られるのか?
調べてみました。

ハクレンのジャンプの動画

まず興味の中心であるハクレンのジャンプの様子を見たいですよね。
動画を上げてくださっている方がいらっしゃいましたので、引用させていただきます。

ジャンプこそしていませんが、こちらの群れの映像もすごいです。

スポンサーリンク

ハクレンのジャンプはどこで見られるの?

ハクレンの遡上地である埼玉県の久喜市では、ハクレンのジャンプを観察できる場所として、以下のポイントを挙げています。

「動かす」に切り替えると操作できます。

*参考:https://www.city.kuki.lg.jp/miryoku/kanko_tokusan/hakuren.files/hakuren_map.pdf

ハクレンのジャンプが見られる時期や時間はいつ?

ハクレンのジャンプは自然の現象ですから、いつでも見られるわけではありません。タイミングがとても重要。

時期的には毎年5月から7月にかけてがよい、と同市は述べています。当然、一日中跳ねているわけではないので、本気で見たければ、ある程度腰を据える心構えが必要かも知れないですね。

ジャンプは一日中見られるのではなく、数匹から数十匹が瞬間的に連続ジャンプします。それが一日に一回であったり、数回見られるときもあります。ジャンプする回数が多くなると産卵も近いようなので、産卵条件7を参考に利根川をよく観察していれば、きっと見られることでしょう。
*参考:ハクレンジャンプ(巨大魚のジャンプ):久喜市ホームページ

ピンポイントで狙うなら、産卵直前。
前日あたりが雨天で水温は20度くらい、流量も適度にあって(毎秒500立法メートルから1,000立法メートル)、水もやや濁っている(透明度13から22センチメートル程度)時がよいらしい。

とは言っても、ここまで詳細にデータを集めるのはたいへんですね、、、汗

そもそもハクレンとは?

さて、前後しますが、このハクレンという魚について少し書き添えましょう。

ハクレンはコイ科の淡水魚
中国が原産で、体調1メートルにもなるため、食材として養殖されてきた歴史があります。
明治時代あたりから日本に持ち込まれて、利根川水系で繁殖した。

生息地は主に霞ヶ浦や北浦。
産卵期になると利根川を遡り、埼玉県までやってくる。
さきほどのジャンプ地点は、この遡上期のポイント、ということになりますね。

ハクレンがジャンプする理由はなぜ?

それにしても、どうしてハクレンは、あんな巨大なジャンプを、しかも集団で行なうのでしょうか?

最初に言ってしまうと、その理由はまだはっきりとはわかっていないそうです。

一般的に魚がジャンプする理由としては

  • 餌を捕るため
  • 外敵の追跡から逃れるため
  • 体表についた寄生虫を落とすため
  • 単に驚いている
  • 繁殖のための公道
  • 元気が余っている

などがあるそうです。

久喜市からの情報では、ハクレンのジャンプは産卵と関係しているようですから、繁殖に有利なように集団で飛び跳ね、外敵を寄せ付けないようにしているのかも知れません。
一種の興奮状態にあるということも推測されます。

おわりに

以上、ハクレンの集団ジャンプについて、簡単に情報をまとめました。

久喜市には、ハクレンの集団ジャンプを見やすい場所がある。時期は5月から7月。
集団でジャンプする理由はよくわかっていない。繁殖と関係がありそう。
ハクレンはコイ科の淡水魚で、中国原産。食用として持ち込まれた。

巨大魚ハクレンの集団ジャンプ、関東近郊にお住まいの皆さんだったら、ぜひ一度は見てみたい現象ではないでしょうか?

私はこのハクレンジャンプのことを全然知りませんでしたので、けっこう驚かされました。
自然にはまだまだ謎や知らないことが一杯ですね。

最後までご覧くださり、ありがとうございました。

2017/07/20 追記)

この記事は、かつて私が別のブログで公開していたものをベースに書き直したものです。