ひよっこ

『ひよっこ』奥茨城村のみね子の家と農村のロケ場所はどこ?

NHKの朝ドラ『ひよっこ』、スタート時の山場である聖火リレーが終わり、いよいよみね子は東京へと旅立ちます。

残念なことに、愛すべき奥茨城村ともお別れ。
あの農村風景自体を朝の楽しみにしていた私としては、寂しいばかりです。

というわけで、今回はみね子の家を探してみました

続きを読む

和久井映見が乙女寮舎監の永井愛子の役にハマる、少し複雑な理由〜朝ドラ『ひよっこ』

人気の朝ドラ『ひよっこ』に和久井映見さんが出るというので、ちょっと黙っていられなくなりました。
ブログ主のクエリです、こんにちは。

和久井映見さんと言えば、昔からとてもイメージのよい女優さん。
落ち着いて品のある美しさに加え、ちょっと影がある感じにどうしても惹かれてしまう。今で言う癒し系美女の代表みたいな方ですね。

その和久井さんが『ひよっこ』で演じるのは永井愛子(ながい あいこ)という役。
これがまたハマリ役すぎな予想。

今回は、和久井映見さんがなぜ永井愛子役にぴったりなのか、その理由を書いてみようと思います。
和久井映見さんの美しさに秘められた影の謎の一端がわかるかも?

続きを読む

『ひよっこ』今日の感想 〜みんなの“朝ドラ受け”毎日更新

今回のNHKの朝ドラひよっこ』、私はすっかり好きになりました。
ヒロインみね子をはじめ、それぞれのキャラがしっかり描かれていて、見ていて安心感があります。高度成長の時代にあって、東京と“奥茨城”という舞台設定も面白いし、父親どこ行った?というミステリーっぽい要素もあって、朝からしっかり楽しめます。

好きなドラマというのは他の人の感想も気になるもの。『あさイチ』の有働さんやイノッチの“朝ドラ受け”が視聴者に支持されているのも頷けます。

というわけでこのページでは、クエリこと私の感想と、ネットの皆さんの反応、それについての私の感想を織り交ぜて書いています。
あらすじやネタバレは最小限で、あくまで感想メインで、みなさんの“朝ドラ受”けの受け、を目指してます。
あと、朝イチの受けと同様、ちょこっと気軽に読める記事にしたいと思います。

続きを読む

『若い広場』のリルは何? ひよっこ主題歌の出だしは上海リル?

NHKの朝ドラ『ひよっこ』の主題歌『若い広場』、さすが桑田節というべきか、ついつい口ずさんでしまいます。
ただ、歌詞の出だしに不明なところがありました。

「♪愛の言葉を」、、、の次。
私は「見る」かと思っていたのですが、「射る」と聞き取っていた人もいた。英語の「little」という説も。発音からするとたしかにlittleかも、と思っていたのですが、情報をお寄せいただき、晴れて「リル」であると判明。

♪愛の言葉をリ〜ル〜

*作詞は桑田佳祐さんです。

うん、はっきりしてスッキリしました・・・といきたいところですが、“リル”って何だよ?
新たな疑問

今回はこの謎の“リル”について。

続きを読む

すずふり亭のマッチが可愛い! 『ひよっこ』小道具に第三の『あまちゃん』DNA

このところNHKの朝ドラ『ひよっこ』に早くもハマっています。
今日ツボったのは、赤坂の洋食店「すずふり亭」・・・の “マッチ” です。
みなさんお気づきになりましたか?

若い人にはあまりなじみがないかも知れません。昔は飲食店や喫茶店などでごく一般的に行われていたマッチの配布。今ではほとんど見かけなくなってしまいました。

懐かしさもさることながらそのすずふり亭のマッチ、またデザインが秀逸。
ということで、そのマッチについて書いてみることにしました。

続きを読む

すずふり亭は鈴振りではなく鈴降? 名前の由来と意味、実在のモデルは?(ひよっこ)?

NHKの朝ドラ『ひよっこ』、始まって間もないですが、私はすっかりハマりそうですが、みなさんはいかがでしょうか?
ヒロインみね子の純朴で素直なキャラクター、彼女を囲む暖かい家族と日本の原風景。朝からほっこりしますね。

とはいえ時代は高度成長まっただ中。オリンピックを間近にひかえ、東京は建設ラッシュです。

時が止まったような奥茨城に対して、激変する時代の波にさらされているのはが、宮本信子さんがきりもりする“すずふり亭”。

今回はこのすずふり亭の店名の由来と意味実在するモデル、について書いてみます。

続きを読む

『ひよっこ』増田明美の語りが心地いい! ナレーションに起用された理由

NHKの朝ドラ『ひよっこ』、各所の評判を見ても名作朝ドラになりそうな予感です。

ヒロインの有村架純さんの素直な可愛らしさもさることながら、背景にちょいちょい挟まれるナレーションがじんわりと、でも確実に、ドラマの好感度を上げている印象。

落ち着いたきれいな声で、言葉も聞き取りやすい。それでいて妙な突っ込みも入っていて存在感もあります。
この美声の主は、そうです増田明美さん。
初回からズバリ「おはようございます。増田明美です」と自己紹介していました。

驚きましたね(笑)

これまで、朝ドラの語りといえば女優さんか局アナ。
畑違いのスポーツ解説者が、毎朝の看板番組の語りになるなんて大抜擢。お固いNHKとしては冒険なんじゃないでしょうか。

というわけで今回は増田明美さんが『ひよっこ』の語りに抜擢された理由について、調べてみました。

続きを読む

『ひよっこ』オープニング映像が可愛い! 森江康太&田中達也のミニチュア世界

NHKの朝ドラ『ひよっこ』、ご覧になってますか?
時代は昭和の高度成長期。炊飯器にトランジスタラジオなど、さまざまな家電製品が庶民にも普及して行く時代ですね。

そんな夢のある暮らしを象徴しているのが、『ひよっこ』の冒頭で流れるオープニング映像
日本の青春時代が、レトロなミニチュアで作り込まれています。

今回はこの『ひよっこ』のオープニング映像を制作した森江康太さんと、田中達也さんについて調べてみました。

続きを読む

『ひよっこ』のボンネットバスに無料で乗る方法、ぎんれい号を“買う”方法

4月スタートの朝ドラ『ひよっこ』、みなさんの印象はいかがでしょうか?

私はみね子たちが暮らしているような景色の中で暮らしたことは無いし、親戚がいたわけでもありません。なのになぜだか懐かしい。不思議と心惹かれてしまうんです。で、いま、この懐かしさの正体を考え続けています。

確かに小道具や大道具も凝っている。いきなりボンネットバスが出てきましたからね。
もしかしたら、若い人はご存じないかも知れません。

今のバスはほぼ全て、車体の後部にエンジンが格納されています。
でも昔は運転席の前にエンジンがあり、そのエンジンカバーボンネット。で、ボンネットがあるのでボンネットバス、というわけです。

今回はこの、『ひよっこ』で出てくるボンネットバスについて調べてみました。

続きを読む

『ひよっこ』の主題歌がねちっこくて歌詞わからん!若い広場に桑田佳祐が込めた意味

2017年上半期の朝ドラひよっこ』が、好調にスタートしました。

ヒロイン谷田部みね子を囲む素朴であたたかな家庭に、希望にあふれていたかつての日本を想起する人もいるかも知れません。折しも舞台は高度成長まっただ中、人々が胸の中に希望を抱けることが当たり前と思われていた時代です。

そんな時代に思いを馳せてオープニング曲を提供しているのは、桑田佳祐さん。
ご存知、サザンオールスターズのリーダーです。

桑田さんと言えば日本語を独特の節回しで歌うスタイル。その点で日本のポップスに大きな影響を与えた人、というイメージがあります。
でもそのため、歌詞がちょっと聞き取りにくい・・・くどいとか、ねちっこいと感じる人もいるでしょう。それはそれで桑田スタイルなのですが、やや聞き取りにくいことは否めません。

というわけで今回は、NHKの朝ドラ『ひよっこ』の主題歌『若い広場』の歌詞をよく聞いてみました。

また、歌の意味についても、わかる範囲であわせて書いてみます。あくまで私の感想・解釈の域を出ませんが、よかったらご覧ください。

続きを読む