次のNHK朝ドラは何?『ひよっこ』の主演・舞台・あらすじ 集団就職って何?

現在、好評放送中のNHK朝ドラ『べっぴんさん』。
芳根京子さんの、しっとりした演技が光ります。

仕事のほうは順風満帆な主人公すみれ。しかし家庭の方に齟齬が出て・・・と、多くの人にとって身近な問題を生きるヒロインに、自然に感情移入してしまいます。
同じ偉業を成した女性であっても、いつも笑顔で前向きなスーパーヒロインだった『とと姉ちゃん』とは違った角度で、興味を惹かれます。物語も次第に佳境に入りつつあるようです。


さて、このタイミングではやや気が早いかも知れませんが、気になるのは次の朝ドラ

2017年前期の連続テレビ小説は、どのような作品が予定されているのでしょうか?
せっかちな私が、ちょっと先走って調べてみました。

スポンサーリンク

次のNHKの朝ドラは『ひよっこ』

NHKの発表によれば、次期の朝ドラは『ひよっこ』という作品になるそうです。

タイトルを聞いただけでも、ストーリーの広がりが感じられますね。

ひよ子は小さくて黄色くてモコモコ。
まだ歩みもヨチヨチ。
ですがその反面、大きな可能性を秘めた存在にほかなりません。

人の一生を描き出す朝ドラのモチーフとしてはぴったりという気がします。

『ひよっこ』のあらすじ

とはいえこれは私の第一印象に過ぎません。
NHKはドラマの概要についても発表していますので、そちらを見てみましょう。

1964年(昭和39年)秋。東京オリンピックが目前に迫っていたが、谷田部みね子(17)は今ひとつ実感が湧かない。みね子は、茨城県の北西部にある山あいの村・奥茨城村で育った。交通の便が悪いため、同じ関東なのに東京は遠い世界のように思える。みね子の家は6人家族。不作の年に作った借金を返すために、父は東京に出稼ぎに行っている。高校を卒業したら、農家の仕事を手伝って祖父と母に楽させてあげたい…。そう思っていたみね子の人生は、お正月に父が帰ってこなかったことで一変する。
出典:平成29年度前期 朝ドラ「ひよっこ」ヒロインは有村架純さん! | 連続テレビ小説 | NHKドラマ

ドラマの世界はこんな風に幕が開きます。

ヒロインは谷田部みね子、というんですね。

この後、行方不明になった父親に替わって、自分が家計を支えようとみね子は決心します。
で、集団就職で東京へ。
もちろんみね子の胸中には、東京へ行けば父親に出会えるかも知れない、という漠然とした期待があるわけですね。ですがそんなはかない期待をよそに、いわゆる“金の卵”を待ち受けていたのは、見た事もない大都会への戸惑いと、厳しい労働環境。

いかがでしょう、なかなか見応えがありそうな幕開けだと私は感じるのですが?

 

スポンサーリンク

 

主役の谷田部みね子を演じるのは有村架純さん

ヒロインの谷田部みね子を演じるのは、有村架純さん。
みなさんもうご存知、好感度の超〜高い女優さんですよね。
お茶の間への違和感は全くありません。

有村さんとNHKとの関わりでは、2016年の紅白の司会を務めたことが記憶に新しいですね。
しかし、何と言っても2013年の朝ドラ『あまちゃん』の鮮烈なブレイクが、私の脳裏には焼き付いています。

ほかにも女優さんとしての活躍は、あの『ビリギャル』や大ヒットマンガ『アイアムアヒーロー』の実写版、そして『夏美のホタル』など、枚挙にいとまがありません。

毎朝あの爽やかな笑顔を見られると思うと、今から期待が高まります。

脚本は岡田惠和さん

脚本の担当を聞くと、さらに期待が高まります。

今回筆を揮うのは岡田惠和さん。
こちらも知らない人はいないでしょう。
個人的には1977年の『ビーチボーイズ』あたりからファンです。

岡田さんがNHKの朝ドラを手がけるのは三度目。
2001年の『ちゅらさん』、2011年前期『おひさま』、どちらも好感度をもって朝のお茶の間に受け入れられた朝ドラの名作です。

特に『ちゅらさん』は放送40周年記念作品でしたが、向田賞と橋田賞を受賞。最高視聴率は29.3%を記録したとも言われています。節目の年に起用という周囲の期待に、岡田さんは見事に応えたわけですね。

一方『おひさま』も平均視聴率で18.8%を獲得。メディアが多様化する中で朝ドラ視聴率も次第に低くなる中、あの『ゲゲゲの女房』を上回った、と当時は話題になりました。

ドラマの舞台〜時代と場所

上のほうでも少しふれましたが、ドラマの舞台も魅力的です。

高度成長期の陰影

まず時代。
消費低迷、デフレ、経済的格差が広がる昨今の日本では、かつての高度成長期を懐かしく語ることが増えているように思います。誰もが同じ夢を見て、努力してその夢を地道に実現していく。働けば報われると信じられた時代、と言えるかも知れません。

ですが、岡田惠和さんはこんな郷愁めいた思いに一石を投じる気持もお持ちのようです。

描かれるのは東京オリンピックの年からの数年間です。このころの昭和は「あのころの日本は良かった」「活気があった」「夢があった」「未来を信じていた」「人が優しかった、情があった」などと、古き良き日本としてイメージされることが多いです。
個人的にも郷愁はあります。でも昔は良かったと嘆いていても前に進めない。私達は今を生きるしかないので。それにどんな時代にも今と同じように光と同時に影もある。そこにも目を逸らさずに、新しい日本がスタートして、まだ「ひよっこ」だった時代を懸命に生きた人の人生を観ることで、今を生きるためのヒントになれたら、そう思っております。
出典:平成29年度前期 朝ドラ「ひよっこ」ヒロインは有村架純さん! | 連続テレビ小説 | NHKドラマ

いいですね。さすがです。

折しも2020年の東京オリンピックを控える私たちは、心のどこかで「あの時代」を繰り返しているような気分になっているのかも知れません。
しかしいつの時代にも光と影があり、その中を生きた人々にとっての現実「いま」があったことは間違いないわけです。夢の時代を懐かしむだけではなく、その時代を生きた人たちの「いま」をドラマで見せてもらうことで、何か発見できそうな気がします。

遠くでも、近くでもない場所・茨城

次に場所。
主人公の故郷は茨城県の北のほう。

魅力度ランキングでは例年、栃木県や群馬県と激しい最下位レースを繰り広げる茨城県。
時には競り勝って(負けて?)しまうこともしばしばです。

これくらいは笑い話で済むかも知れませんが、東日本大震災の際には茨城県の特に北部は大きな被害を受けています。なのにあまり注目されず、その点で話題になったりもしました。

岡田さんはこの茨城県という舞台にも思い入れがあるようです。

なかなかその魅力が全国に伝わっていない気がする茨城県。東京から見ると東北より近いからか、さほど故郷として思い浮かぶイメージではなく、かと言ってすぐ近くなわけでもないので、意外と知られていない。もったいないです。日本の故郷の原風景がそこにはあるのに。そんな茨城の方に喜んでいただいたり、全国の方に知らなかった茨城の魅力に気づいていただくのも朝ドラの大きな使命だと思っています。
出典:平成29年度前期 朝ドラ「ひよっこ」ヒロインは有村架純さん! | 連続テレビ小説 | NHKドラマ

ちなみに『おひさま』のロケでは茨城県の久慈にある旧上岡小学校がロケに使われました。
ヒロイン陽子が先生をしていた時代のシーンですね。
今回のヒロインみね子の故郷は北茨城とのことですが、また旧上岡小学校は登場するのでしょうか?

スポンサーリンク

『ひよっこ』を読み解く予備知識

個人的にはそそられまくりの『ひよっこ』なのですが、若い人たちはピンと来ない面があるかも知れませんね。
いまやバブルも知らない世代がたくさんいるわけですから、高度成長時代となるとそのはるか昔です。
もはや近代日本史、みたいな感覚かも知れません。

ドラマをより楽しむためにポイントになりそうなキーワードを二つほど、私なりにメモしてみます。

集団就職

一つ目は集団就職というもの。

みなさんご存知でしょうか?
なんとなく、聞いた事くらいはあるかな?

高度成長期の日本では、工場生産が大規模に行なわれるようになります。
そのため都市部では、ラインなどで働いてくれる人が多勢必要だった。
一方、農村部では、子どもたちに高度な教育を受けさせる余裕がない家も多かった。

というわけで、農村部から大量の労働力が都市部へ移動します。
仕事は単純作業ですから、それほど高度な教育を受けている必要はなく、それでいて賃金もまずまず。
いわゆるwin-winの関係が成立したわけです。

なので子どもたちの進路を探す中学校も、生徒に対して企業からの求人を積極的に斡旋していました。
その結果として、同級生がこぞって上京し、同じ職場に就職するという場面がたくさん出てくる。
これが集団就職の、ざっくりしたイメージです。

私も実際には知らないので、どんな風に描かれるのか楽しみです。

金の卵

これと関連して、「金の卵」という言葉もありました。
今ではほとんど聞きませんが、高度成長期を支えた、主に中卒の働き手のことです。
ドラマの中でどの程度出てくるかわかりませんが、ちょっとふれてみます。

元来の意味は、まだ未発達ながら、成熟すればすごい力を発揮するものの喩えです。
タイトルである“ひよっこ”の潜在力とオーバーラップしますね。

ここからは、集団就職で都会に出て来た若い労働者たちが、当時はとても重要な存在とみなされてたことがうかがえます。

ですが、他方では金(きん)がお金を連想させ、またイソップ話の“金の卵を産むガチョウ”を連想する人もいるでしょう。
後者の意味では、若い子どもたちがお金を生み出す道具にされているように見えなくもありません。

『三丁目の夕日』で堀北真希さんが演じていた六ちゃんのように、家族のように温かく迎え入れられた人たちがいる一方、そうでないケースも皆無だったとは言えないでしょう。

高度成長期は新生日本の飛躍の時期である一方で、古いものが脱ぎ捨てられて行く時代でもあります。こうした光と影をどんな風に描いてみせてくれるのかも、楽しみな点です。

ついつい長くなってしまいました。
最後までご覧くださり、ありがとうございます。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)