久大線(JR久大本線)の鉄橋が流された大分の場所は、地図でどこ?

7月5日から6日にかけて降っている記録的豪雨で、九州北部で大きな被害が起きています。

雨は、これを書いている今も続いています。
各地の川で氾濫危険水位が超えたと伝えられるなか、孤立している地域もでており、まだまだ心配な状況。
地域の情報に注意し、身を守る行動をおとりいただきたいと思います。

このページでは、伝えられている被害のなかでも影響が長引きそうな、久大線の流された鉄橋の場所を、地図で確認しました。復旧には時間がかかると思われます。見通しについても情報をあたりました。

スポンサーリンク

久大線の鉄橋が流された



雨による川の増水で鉄橋が流されたことが確認されたのは、7月5日(水)の21時頃。

大分県の日田玖珠消防本部によりますと、午後9時ごろ日田市の花月川にかかるJR久大線の鉄橋の一部が、増水した川に流されているのを、現場近くを見回った職員が確認したということです。
出典:JR久大線の鉄橋流される 大分 日田 | NHKニュース

現場の本格的な状況確認は、雨がおさまってから、ということになりそうです。

豪雨で流された鉄橋の場所

流されてしまったのは日田駅と光岡駅の間、花月川にかかる鉄橋です。

地図で示すとこのあたり

「動かす」に切り替えると操作できます。

ストリートビュー

 

スポンサーリンク

 

JR久大本線

流された鉄橋の上を通る久大本線は、福岡県久留米市の久留米駅から大分県大分市の大分駅をつなぐ141.5kmの路線。西は筑後川、東は大分川に沿うかたちで、九州を横断しています。
ゆふ高原線という愛称があり、温泉で有名な由布院や日田などの観光地を通る、観光色もある単線ののどかな路線です。


特急ゆふいんの森、という名前を聞いたことがある方もいらっしゃるかも知れません。昔からこの路線を走っている人気列車です。
ゆふいんの森号【料金・食事・内装・座席・トイレ・景色】

花月川

一方、花月川(かげつがわ)は、筑後川の支流の一級河川。

日田市北部の国見山と大将陣山を源に、日田市内を流れて三隈川に合流します。
三隈川は、筑後川の本流につながっています。

実はこの花月川、2012年には氾濫を起こしています。
7月3日の豪雨で堤防が五カ所で決壊。
継いで7月11日からの九州北部豪雨でも氾濫しました。

九州北部豪雨では、最多で熊本県阿蘇市阿蘇乙姫で816.5ミリを観測しています。

鉄橋の復旧のめどは?

報道によると、復旧の目処はまだ出ていないようです。

これを書いている現在、雨もまだ降っている状況なので、本格的な被害状況を調査するのもまだこれから、といったところではないでしょうか

スポンサーリンク

引き続きご注意ください

以上、とり急ぎ鉄橋が流された現場をあたりました。

雨はまだ予断を許さない状況、しばらく降り続く見込みとも予報されていますので、引き続きご注意ください。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 読者 より:

    文字の誤りが多数あります。九大本線でなく久大本線です。ご訂正お願いします。

    1. webmaster より:

      読者さま

      ご指摘どうもありがとうございます。

      速報として書いた折、慌ててしまっていたようです。お恥ずかしい限りです。
      訂正させていただきました。

      沿線の方でしょうか、深く感謝いたします。

コメントを残す

*