潮紗理菜のインドネシアの子守唄『ぽ、あめあめ』の歌詞と意味が気になる(ひらがなけやき)!

欅坂46の妹分、“ひらがなけやき”とも呼ばれているけやき坂46。アンダーグループと言われることもありますが、その存在感は日に日に高まっています。
つい先日には新メンバー9名を加え、“漢字欅”に匹敵する所帯になり、飛躍のときもいよいよ近そう。

その“がなちゃん”メンバーの中でもひときわ異色の経歴をもつのが潮紗理菜さん。
子どもの頃暮らしていたインドネシアで憶えた子守唄が、じわりと話題です。

その出だしはこんな具合。

♪ ぽあめあめばららくぷくぷ

・・・??思わず頭の中が飽和。

どこの秘境の魔術ですか?

でもこの“呪文”が、あの潮さんのニッコリした笑顔&明るく高い声で歌われるとクセになる。
思わず脳内再生したくなるのですが、何しろ歌詞がさっぱりわからないので、気持ちだけが空回り。

ということで今回は、潮紗理菜さんが歌うこのインドネシアの子守唄の歌詞とその意味について確認しました。

スポンサーリンク

潮紗理菜が歌うインドネシアの子守唄は『Pok ame-ame』

調べてみると潮さんが歌っているのは『Pok ame-ame』という歌らしい。

日本の伝統的な子守唄の場合、心を落ち着かせるトーンが普通。
でもインドネシアの『Pok ame-ame』は、ちょっとノリノリな感じですよね。

これで寝かしつけられるのかな・・・?

こちらの動画から、歌詞を聴き取ってみましょう。

意味は全然わかりません。
無理を承知で日本語にしてみると、こんな感じかと思います。

ぽ あみあみ ばららんくぷくぷ
じ やまかなしかろん まらみのすす

基本的にはこの繰り返しみたい。

続きの歌詞があるバージョンも存在するようです。

でもこの動画↑、子どもが歌っていますよね。
子守唄を子どもが歌うのってちょっとアレじゃないですか?

ぽ あみあみの意味が気になる

というわけで、どうしても意味が気になってしまいます。

ネットを掘ってみたところ、参考になりそうな記事がありました。
私の聞き取りと違いますが、大目に見てください。

子供をあやす歌のひとつ「Pok Ame-Ame」。
ポッ アメアメ~ ブララン クプクプ~♪ ブララン(belalang)はバッタ、クプクプ(kupu-kupu)は蝶ですが、ポッ アメアメ~は意味のないフレーズ。それを繰り返します。これも伝承される世界中の子守歌の典型的なパターンです。ぜひ、楽しいリズムで笑顔になってください。 Pok Ame-Ame (Leony dan Alfandy)
出典:世界の子守歌セレクション – ♪世界の子守歌♪#074 インドネシア共和国の子守歌 「Nina bobo」&「Pok… | Facebook

この記事によれば
「ブララン」はバッタ、
「クプクプ」はチョウチョ、
を意味するようですね。
さっきの動画のアニメにも出てきてます。

いっぽう、最も印象的な出だしの「ポ、アメアメ」には意味が無いとのこと。

そして多少衝撃的なのはこの歌は、“子守唄”というより“子どもをあやす歌”、として紹介されています。

リズムに乗って赤ちゃんをあやし、笑顔にさせる。そんな歌ならこのリズムでも納得です。
まあ、あやしているうちに赤ちゃんが疲れてねちゃうこともあるでしょう。そういう意味では子守唄と言えなくもない。
え、誰ですか、強引とか言ってる人は?
潮ちゃんが子守唄って言ってるんだから子守唄なんです・笑

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

まとめ

謎の陽気な呪文「ぽ あめあめ」、だいぶ身近に感じられるようになった気がしますが、みなさんはいかがでしょう?
LiveのMCなどで潮さんが披露してくれる機会があったら、みんなで歌ってもいいかも?・・・コールはどうする?

 

『避雷針』のMV見たら、歌詞の意味から霧が晴れてせつない!(欅坂46・興和三次元マスクCM曲)


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*