広島県知事選挙の投票日と、投票時間はいつからいつまで?(2017年)

投票「誰にしようかな」

広島県知事を選ぶ選挙が行なわれます。

つい先日、衆議院総選挙が行なわれたばかりですよね。
CSもあったし、広島県は大忙しです。

忙しさのなか「大切な投票をうっかり忘れた」なんてことのないよう、投票日投票時間を確認しておきましょう。

期日前投票不在者投票の時間、投票の仕方などについても添えています。

スポンサーリンク

広島県知事選挙の投票日はいつ?

広島県知事の選挙の投票日は、2017年11月12日(日)です。

投票時間はいつからいつまで?

投票時間は午前7時から午後8時まで。
ただし、一部例外がありますのでご注意ください。

 

スポンサーリンク

 

選挙期間はいつからいつまで?

2017年広島県知事選挙の告示日は10月26日(木)。
投票日が11月12日(日)ですから、その前日までの期間が選挙運動期間となります。

ちなみに、広島県に限らず知事選挙の選挙運動期間は、17日間となっています。

期日前投票の期間と時間

期日前投票

都合があって投票日に投票できない方は、期日前投票をすることができます。
期間10月27日(金)から11月11日(土)まで。
投票時間午前8時30分から午後8時までが基本になります。
ただし投票所によっては変更されている場合がありますのでご注意ください。

不在者投票

選挙期間中に遠方に出かけている人は、滞在先で不在者投票をすることができます。
滞在先の市区町村の選挙管理委員会で確認してください。

それと、病院に入院していたり、老人ホームなどに入居している場合、その施設内で不在車お投票をすることができる場合があります。これも施設の担当者に確認してみるとよいでしょう。

選挙権は国民に与えられた権利ですから、遠慮せずに手続きをしたいですね。

開票はいつ?

広島県知事選挙は、投票終了後に即日開票されます。

選挙の情勢

有権者数

10月25日現在の有権者数は235万8814人。
うち男が113万1601人、女が122万7213人と報じられています。

投票は県内1233カ所で行なわれるとのこと。

投票の準備

選挙に行く前に、誰に投票するか決めておきましょう。これが肝心ですね。
どうしたらいいか? ←初めはわからなくても当然です。こういう機会をとらえて調べて行くうちに、自分なりの意見ができてくるはずです。

その昔、選挙権は誰にでも与えられているものではありませんでした。自分で暮らしている世界のルール作りを決めるプロセスに、全く参加できなかった時代を思うと、選挙権がたいせつなものだとわかりますね。

投票所入場券の葉書が郵送されていると思います。
それを持って投票所へ行きましょう。

ハガキを忘れたらどうする?

未確認ですみませんが、衆院選の場合は葉書を忘れても、身分証明ができれば投票が可能でした。投票所近くに行って忘れたことに気づいても、諦めずに係の人に確認するとよいと思います。おそらく救済策があるだろうと思います。

投票の仕方

アイドルグループのSTU48の土呂尾生優里さんと矢野帆夏さんが模擬投票でイメージを見せてくれています。
冒頭はCMが続きますが、0:58頃から模擬投票になります。

手順は簡単なので、初めての方もぜひ投票に行きましょう。

  1. 投票所入場券を渡して本人確認をします。
  2. 投票用紙を受け取ります。
  3. 記載台で候補者名を記入します。
  4. 投票箱に投票用紙を入れます。

選出された知事の任期はいつからいつまで?

県知事の任期は4年間あります。
何事もなければ、2021年までになります。

スポンサーリンク

2017広島県知事選挙のまとめ

衆院選と比べて投票率がどのくらいになるのか、少し気になります。

最後までご覧くださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)