グランプリシリーズ2017・NHK杯女子の結果・得点・出場選手・滑走順・見所[宮原知子,本郷理華,メドベージェワ]

グランプリシリース2017(NHK杯)

こんにちは、フィギュアファンのクエリです。荒川選手から応援しているので、かれこれ10年以上になるでしょうか。グランプリシリーズもたけなわですが、現在はほかならぬ日本開催のNHK杯です。いまやフィギュア大国となった日本選手陣。国内開催ということで、男女ともエース級が登場します。(残念ながら羽生選手は欠場してしまいましたが)
来年にはピョンチャン五輪もひかえていますので、今後を占う上でも注目ですね。

というわけで今回は、グランプリシリーズ2017・NHK杯の情報をまとめました。

  • 開催場所開催日のほか、
  • 日本と海外の出場選手
  • 女子シングルの見どころ
  • 競技日程テレビ中継放送の予定
  • ショートプログラムの滑走順
  • フリースケーティングの滑走順
  • それぞれの得点・結果

を掲載します。

本日行なわれた女子ショートプログラムの結果はこちら[↓]で詳しくまとめています。

グランプリシリーズ2017・NHK杯女子の結果(順位)・成績(得点詳細)

アイキャッチ画像出典:2017NHK杯公式サイト(http://www1.nhk.or.jp/figure/index.html)

NHK杯女子シングル、現在の状況
 NHK杯女子シングルの競技が終了しました。
事前の予想通りロシア勢が強かったです。そんななか、コストナー選手が円熟の演技で2位に入った点は、真央選手以来のフィギュアファンにとってほっとする面があるのではないでしょうか。

あらたに総合順位を掲載しています(11/11)。

 

スポンサーリンク

コンテンツ

グランプリシリーズ2017・NHK杯の開催場所と日程

フィギュアスケートのグランプリシリーズは国際スケート連名(ISU)公認の世界大会です。
世界各国の大会で好成績をおさめた選手が、最終的にグランプリファイナルで頂点を決します。NHK杯はその各国大会のなかのひとつ。ファイナルのための超贅沢な予選会とも言えるかも知れません。

NHK杯(ISU Grand Prix of Figure Skating NHK Trophy)の概要は次のとおり。

グランプリシリーズ2017・NHK杯の開催日程

2017年11月10日(金)から11月12日(日)

グランプリシリーズ2017・NHK杯の開催場所

大阪市中央体育館(大阪府大阪市港区田中3-1-40)

NHK杯女子シングル(グランプリシリーズ・2017)出場選手

日本人選手

本郷 理華(Rika HONGO)日本

本郷理華(グランプリシリーズ2017・NHK杯)
出典:2017NHK杯公式サイト(http://www1.nhk.or.jp/figure/index.html)

本郷選手はショートプログラムを終えて現在4位につけています。

1996年09月06日・宮城県生まれ
166cm / O型
特別強化選手、世界ランキング8位
【主な戦績】
2017年 世界選手権 16位
2017年 四大陸選手権 10位
2016年 GP中国大会 5位
2016年 世界選手権 8位
2016年 四大陸選手権 3位
2015年 GP 中国大会 2位
2015年 世界選手権 6位
2015年 四大陸選手権 3位

宮原 知子(Satoko MIYAHARA)日本

宮原知子(グランプリシリーズ2017・NHK杯)
出典:2017NHK杯公式サイト(http://www1.nhk.or.jp/figure/index.html)

宮原選手はショートプログラムを終えて現在6位につけています。4位の本郷選手、5位の長洲選手と僅差になっています。

1998年03月26日・京都府出身
151cm / B型
特別強化選手・関西大学、世界ランキング5位
【主な戦績】
2016年 グランプリファイナル 2位
2016年 GP NHK杯 2位
2016年 世界選手権 5位
2016年 四大陸選手権 1位
2015年 グランプリファイナル 2位
2015年 GP NHK杯 1位
2015年 世界選手権 2位
2015年 四大陸選手権 2位

白岩 優奈(Yuna SHIRAIWA)日本

白岩優奈(グランプリシリーズ2017・NHK杯)
出典:2017NHK杯公式サイト(http://www1.nhk.or.jp/figure/index.html)

2001年11月26日・京都府出身
150cm / A型
強化選手A・関西大学KFSC、世界ランキング27位
【主な戦績】
2017年 世界ジュニア選手権 5位
2016年 JGP ドイツ大会 2位
2016年 JGP ロシア大会 4位
2016年 世界ジュニア選手権 4位
2015年 ジュニアグランプリファイナル 5位
2015年 JGP スペイン大会 1位
2015年 JGP アメリカ大会 1位

海外の選手

アレーヌ・シャルトラン(Alaine CHARTRAND)カナダ 31位
カロリナ・コストナー(Carolina KOSTNER)イタリア 15位
ソヨン・パク(Soyoun PARK)韓国 29位
アリョーナ・レオノワ(Alena LEONOVA)ロシア 47位
エフゲニア・メドベージェワ(Evgenia MEDVEDEVA)ロシア 1位
ポリーナ・ツルスカヤ(Polina TSURSKAYA)ロシア 45位
ニコル・ライチョバ(Nicole RAJICOVA)スロバキア 22位
マライア・ベル(Mariah BELL)アメリカ 19位
長洲 未来(Mirai NAGASU)アメリカ 10位

右端の数字は世界ランキングです。

NHK杯女子シングル(グランプリシリーズ・2017)の見どころはコレだ!

今年はグランプリシリーズの後半戦の入り口にあたるNHK杯。
選手たちの当面の狙いがグランプリファイナルであることは当然ですが、やはり今シーズンはその先を見据えているはず。来年2月のピョンチャンオリンピックに向け、代表権がかかっています。

特に日本の女子選手は現在混戦状態。どの選手も実力・魅力満載で、誰が栄冠を手にするのか全くわかりません。まだ少し時間がありますが、そんな視点から見て行くと、ぐっと気持ちを入れて見ることができそうです。

日本選手は抜群の安定感をもつ宮原知子選手がけがから復帰。長い手足を生かしたダイナミックな演技で人気のある本郷理華選手も見逃せません。

海外勢では何といっても現在の女王といえるロシアのエフゲニア・メドベージェワ選手。ほとんど完璧とも言える彼女は日本のアニメやコスプレ好きで知られています。またベテランのカロリーナ・コストナー選手(イタリア)の大人の演技も、ファンにとっては大きな魅力でしょう。

グランプリシリーズ2017・NHK杯男子の出場選手・滑走順・見所・結果・得点[羽生結弦(欠場),アダム・リッポン]

NHK杯(グランプリシリーズ)2017のタイムスケジュールとテレビ中継

細かいタイムスケジュールと、テレビ中継の予定を確認しましょう。

第一日目(11月10日・金)の競技日程とテレビ中継の予定

ペア(ショートプログラム)14:20~
女子シングル(ショートプログラム)16:10~
氷上オープニングセレモニー18:15~
男子シングル(ショートプログラム)19:05~

女子ショートプログラムのテレビ中継の放送予定

LIVE11月10日(金)午後4:05から5:57(NHK総合でライブ中継)
VIDEO11月10日(土)午前9:00から9:50(BS1で録画放送)

第二日目(11月11日・土)の競技日程とテレビ中継の予定

アイスダンス(ショートダンス)12:45~
ペア(フリースケーティング)14:35~
女子シングル(フリースケーティング)16:40~
男子シングル(フリースケーティング)19:30~

女子フリースケーティングの放送予定

LIVE11月11日(土)午後4:30から6:45まで(NHK総合でライブ中継)
VIDEO11月12日(日)午前9:00から9:50まで(BS1で録画放送)

第三日目(11月12日・日)の競技日程

アイスダンス(フリーダンス)11:45~
エキシビション 15:00~

大会三日目エキシビションのテレビ放送予定

11月12日(日)午後2:55から5:30まで(BS1でライブ中継)

テレビ中継については別記事で詳しくまとめています。

NHK杯2017(フィギュア)テレビのライブ中継放送の予定と、開催期間はいつからいつまで?

NHK杯(グランプリシリーズ・2017)のライブストリーミング(ライスト)

以下でライブストリーミングがなされるかも知れないので、期待をこめて掲載しておきます。
FS LIVE – YouTube –
kazsport

NHK杯2017女子ショートプログラム(SP)の滑走順・得点

確定しましたので、内容を更新します。(2017/11/09)

女子シングルSP第一グループ滑走順(確定)

予定 選手名 得点
1 16:17 アリョーナ・レオノワ ロシア 63.61
2 16:24 ポリーナ・ツルスカヤ ロシア 70.04
3 16:30 アレーヌ・シャルトラン カナダ 49.60
4 16:37 パク・ソヨン 韓国 51.54
5 16:43 白岩優奈 日本 57.34
6 16:50 ニコル・ラジコワ スロバキア 53.36

女子シングルSP第二グループ滑走順(確定)

予定 選手名 得点
1 17:04 マライア・ベル アメリカ 57.25
2 17:10 カロリーナ・コストナー イタリア 74.57
3 17:17 長洲未来 アメリカ 65.17
4 17:23 本郷理華 日本 65.83
5 17:30 宮原知子 日本 65.05
6 17:36 エフゲニア・メドベージェワ ロシア 79.99

NHK杯2017女子ショートプログラム(SP)の結果・順位

ショートプログラムを終えて1位はロシアのメドベージェワ選手。79.99という高得点です。
2位はコストナー選手。円熟の演技を見せつけました。
3位もロシアのツルスカヤ選手です。ロシア勢やはり強いですね。
日本勢は本郷選手が4位につけ、わずかな点差で宮原選手が6位に入っています。

選手名 得点
1 エフゲニア・メドベージェワ ロシア 79.99
2 カロリーナ・コストナー イタリア 74.57
3 ポリーナ・ツルスカヤ ロシア 70.04
4 本郷理華 日本 65.83
5 長洲未来 アメリカ 65.17
6 宮原知子 日本 65.05
7 アリョーナ・レオノワ ロシア 63.61
8 白岩優奈 日本 57.34
9 マライア・ベル アメリカ 57.25
10 ニコル・ラジコワ スロバキア 53.36
11 パク・ソヨン 韓国 51.54
12 アレーヌ・シャルトラン カナダ 49.60

NHK杯2017女子フリースケーティング(FS)の滑走順・得点

NHK杯女子シングル・フリー(FS)第一グループ滑走順

StN. 予定 名前 SP FS得点
1 16:55 アレーヌ・シャルトラン カナダ 12 109.76
2 17:03 ニコル・ライチョバ スロバキア 10 106.42
3 17:11 ソヨン・パク 韓国 11 84.25
4 17:18 アリョーナ・レオノワ ロシア 7 127.34
5 17:26 白岩優奈 日本 8 114.60
6 17:34 マライア・ベル アメリカ 9 108.79

NHK杯女子シングル・フリー(FS)第二グループ滑走順

StN. 予定 名前 SP FS得点
7 17:49 本郷 理華 日本 4 122.00
8 17:57 長洲 未来 アメリカ 5 129.29
9 18:05 宮原 知子 日本 6 126.75
10 18:13 エフゲニア・メドベージェワ ロシア 1 144.40
11 18:21 ポリーナ・ツルスカヤ ロシア 3 140.15
12 18:29 カロリナ・コストナー イタリア 2 137.67

 

スポンサーリンク

 

NHK杯2017女子フリースケーティング(FS)の結果・順位

StN. 名前 SP 点数
1 エフゲニア・メドベージェワ ロシア 1 144.40
2 ポリーナ・ツルスカヤ ロシア 3 140.15
3 カロリナ・コストナー イタリア 2 137.67
4 長洲 未来 アメリカ 5 129.29
5 アリョーナ・レオノワ ロシア 7 127.34
6 宮原 知子 日本 6 126.75
7 本郷 理華 日本 4 122.00
8 白岩優奈 日本 8 114.60
9 アレーヌ・シャルトラン カナダ 12 109.76
10 マライア・ベル アメリカ 9 108.79
11 ニコル・ライチョバ スロバキア 10 106.42
12 ソヨン・パク 韓国 11 84.25

NHK杯(グランプリシリーズ・2017)女子の結果・順位

女子シングルは以下のような結果になりました。

名前 sp sp得点 fs fs得点 総合得点
1 エフゲニア・メドベージェワ ロシア 1 79.99 1 144.4 224.39
2 カロリーナ・コストナー イタリア 2 74.57 3 137.67 212.24
3 ポリーナ・ツルスカヤ ロシア 3 70.04 2 140.15 210.19
4 長洲未来 アメリカ 5 65.17 4 129.29 194.46
5 宮原知子 日本 6 65.05 6 126.75 191.8
6 アリョーナ・レオノワ ロシア 7 63.61 5 127.34 190.95
7 本郷理華 日本 4 65.83 7 122 187.83
8 白岩優奈 日本 8 57.34 8 114.6 171.94
9 マライア・ベル アメリカ 9 57.25 10 108.79 166.04
10 ニコル・ライチョバー スロバキア 10 53.36 11 106.42 159.78
11 アレイン・シャルトラン カナダ 12 49.6 9 109.76 159.36
12 パク・ソヨン 韓国 11 51.54 12 84.25 135.79

女子シングルの結果は、さらにこちらのページで詳しくご紹介しています。

グランプリシリーズ2017・NHK杯女子の結果(順位)・成績(得点詳細)

NHK杯(グランプリシリーズ・2017)男子の結果・順位

男子シングルの結果はこちらのページで詳しくご紹介していく予定です。

グランプリシリーズ2017・NHK杯男子の結果(順位)・成績(得点詳細)

グランプリシリーズ2017女子 NHK杯までの戦績

ここまでのグランプリシリーズの成績もあわせて振り返っておきましょう。

ロシア大会(モスクワ・2017年10月20日〜10月22日)

順位 名前 点数 SP FS
1 エフゲニア・メドベージェワ 231.21 1 1
2 カロリーナ・コストナー 215.98 2 2
3 樋口新葉 207.17 3 3
4 エレーナ・ラジオノワ 195.52 5 4
5 坂本花織 194.00 4 5
6 マライア・ベル 188.56 7 6
7 ワレリヤ・ミハイロワ 185.09 8 8
8 エリザベート・ツルシンバエワ 184.95 6 9
9 長洲未来 178.25 9 7
10 ニコル・ショット 168.72 10 10
11 マエ=ベレニス・メイテ 160.96 11 11
12 アナスタシア・ガルスチャン 154.90 12 12

スケートカナダ(レジャイナ・2017年10月27日〜10月31日)

順位 名前 国名 SP FS
1 ケイトリン・オズモンド カナダ 1 1
2 マリア・ソツコワ ロシア 3 2
3 アシュリー・ワグナー アメリカ 7 4
4 コートニー・ヒックス アメリカ 4 5
5 本田真凜 日本 10 3
6 本郷理華 日本 6 6
7 カレン・チェン アメリカ 5 7
8 ロリーヌ・ルカヴァリエ フランス 8 8
9 アンナ・ポゴリラヤ ロシア 2 10
10 カイラニ・クレイン オーストラリア 9 9
11 アレーヌ・シャルトラン カナダ 11 11
12 ラーキン・オーストマン カナダ 12 12

チャイナ(北京・2017年11月3日〜11月5日)

順位 名前 点数 SP FS
1 アリーナ・ザギトワ 213.88 4 1
2 樋口新葉 212.52 2 2
3 エレーナ・ラジオノワ 206.82 3 4
4 三原舞依 206.07 7 3
5 本田真凜 198.32 6 5
6 ガブリエル・デールマン 196.83 1 7
7 エリザベータ・トゥクタミシェワ 196.68 5 6
8 シァンニン・リー 174.82 8 8
9 チェ・ダビン 165.99 9 9
10 アンバー・グレイン 151.14 10 10
11 ジークァン・ジャオ 144.71 11 11

スポンサーリンク

おわりに

以上、2017年NHK杯のまとめ情報でした。
大阪でのNHK杯が終わると、次はフランス(11月17日から19日)、アメリカ(11月24日から26日)と続きます。スケートシーズンはまだまだ続きます。選手たちも怪我や体調に気をつけて、この五輪シーズンをいい形でのりきって欲しいですね。

最後までご覧くださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*