グランプリシリーズ2017フランス杯・女子出場選手と見どころ、日程・テレビ放送予定と結果予想(フィギュアスケート)

グランプリシリーズ・フランス大会

フィギュアスケートの世界大会・グランプリシリーズも、いよいよ終盤にさしかかってきました。
この週末は第五戦になるフランス杯です。
日本選手は誰が出場するのか、気になりますよね。特に浅田真央選手が引退した今の女子フィギュア界は戦国時代。だれが頭角を現すのか、要チェックです。

というわけでこのページでは「グランプリシリーズ2017・フランス大会」の、

  • 女子シングル競技出場選手
  • 注目の見どころ
  • 競技の日程
  • テレビ放送の予定
  • 結果予想

などについて書いています。

フィギュアファンのみなさんにご覧いただけたら幸いです。
情報は大会の結果を受けて更新・追記してまいります。

*アイキャッチ画像出典:フィギュアスケートグランプリシリーズ世界一決定戦2017|テレビ朝日:http://www.tv-asahi.co.jp/figure/



スケートアメリカNEWS

アメリカ大会の記事を準備しました。
女子シングル出場選手と見どころ女子ショート|女子フリー最終結果・総合順位
男子シングル出場選手と見どころ男子ショート男子フリー最終結果・総合順位

フランス杯NEWS
 男女とも、最終結果が出ましたので掲載しています。(ネタバレ注意です。)
男子は宇野選手がよく巻き返しました。女子はザキトワ選手が鬼強っ!
フランス大会・男子の最終結果・順位
フランス大会・女子の最終結果・順位

 フリースケーティングの結果が出ましたので、掲載しました。テレビ放送を楽しみにしている方はネタバレになってしまいますので、ご注意くださいね。
フランス大会・男子フリーの結果(リザルト)
フランス大会・女子フリーの結果(リザルト)

 ショートプログラムの結果が出ましたので、動画とともに掲載しました。
フランス大会・男子ショートの結果リザルト(詳細)
フランス大会・女子ショートの結果リザルト(詳細)

 宇野選手、カナダ大会を終えた後インフルエンザにかかって四日間ほど寝込んでいた、と朝日が報じています。練習を再開したのもフランスに発つ三日前だったとか・・・体力が落ちてしまったらしく練習も不足気味、ちょっと心配な状況ですが、若さで挽回して欲しい!

当ブログのフランス杯関連記事のインデックス女子シングル出場選手と見どころ女子ショート|女子フリー最終結果・総合順位
男子シングル出場選手と見どころ男子ショート男子フリー最終結果・総合順位
 

スポンサーリンク

コンテンツ

グランプリシリーズ2017フランス杯・女子シングルに出場する選手は誰?

早速、出場選手を見て行きましょう。
日本からは二人の選手が出場します。三原選手も白岩選手もグランプリシリーズは二戦目。緊張を力に変えて、いい演技を見せて欲しいです。

日本選手

三原 舞依Mai MIHARA)JPN


三原舞依(みはら まい)選手
画像出典:フィギュアスケートグランプリシリーズ世界一決定戦2017|テレビ朝日(http://www.tv-asahi.co.jp/figure-gp/2017/players/)

1999年8月22日(18歳)
世界ランキング14位

【主な戦績】
2017年 世界選手権 5位
2017年 四大陸選手権 優勝
2016年 全日本選手権 3位
2016年 GPアメリカ大会 3位

白岩優奈Yuna SHIRAIWA)JPN


白岩優奈(しらいわ ゆうな)選手
画像出典:フィギュアスケートグランプリシリーズ世界一決定戦2017|テレビ朝日(http://www.tv-asahi.co.jp/figure-gp/2017/players/)

2001年11月26日(15歳)
世界ランキング27位

【主な戦績】
2017年 世界ジュニア選手権 5位
2016年 ジュニアGPドイツ大会 2位
2016年 世界ジュニア選手権 4位
2015年 ジュニアGPファイナル 5位
2015年 ジュニアGPスペイン大会 優勝
2015年 ジュニアGPアメリカ大会 優勝


海外の選手


ケイトリン・オズモンドKaetlyn OSMOND)CAN 2位
ロリーヌ・ルカブリエLaurine LECAVELIER)FRA 20位
マエ・ベレニス・メイテMae Berenice MEITE)FRA 35位
ニコル・ショットNicole SCHOTT)GER 39位
エリザベット・トゥルシンバエワElizabet TURSYNBAEVA)KAZ 11位
マリア・ソツコワMaria SOTSKOVA)RUS 4位
エリザベータ・トゥクタミシェワElizaveta TUKTAMYSHEVA)RUS 17位
アリーナ・ザギトワAlina ZAGITOVA)RUS 25位
ポリーナ・エドモンズPolina EDMUNDS)USA 123位

*右端の数字は世界ランキング(執筆時点)です。


グランプリシリーズ2017フランス杯の見どころと結果予想

日本勢にも期待したいですが、この大会ではやはりカナダのケイトリン・オズモンド選手とロシアのマリア・ソツコワ選手が抜きん出ています。

この二人はスケートカナダ(10月27から31日開催)でも戦っており、金銀のメダルを分け合っています。前回は地元開催のオズモンド選手に軍配が上がりましたが、今回はソツコワ選手も思うところがあるはず。この二人の因縁の対決に、ぜひ注目です。

また、今やフィギュア王国の観のあるロシア勢、今大会にもソツコワ選手のほかにトゥクタミシェワ選手、ザキトワ選手がエントリーしています。ザキトワ選手は中国杯で213.88をたたき出し、オズモンド選手のカナダでのスコアを上回っています。勢いに乗って頂点も狙える位置につけています。この層の厚さもロシアの強さなんですよね。


アリーナ・ザギトワ選手(ロシア)
*画像出典:SANSPO.COM(サンスポ) http://www.sanspo.com/sports/photos/20170317/fgr17031720000003-p1.html


同じく現女王メドヴェージェワ選手ら若手の台頭で先を越された感がにじむトゥクタミシェワ選手が、どんな演技を見せてくれるのか、個人的には注目しています。

台風の目という意味では、日本の三原選手は200点を超える力をもっていますので、上位に食い込む可能性は大いにあります。見守りましょう!

ズバリ、優勝は誰か?

勝負は時の運も作用します。特にフィギュアはジャンプの出来不出来で大きく得点が左右されますので、結果の予想はすごく難しい。
そんななか、あえて予想するなら、フランス大会の優勝はオズモンド選手ではないかと、私は予想しています。そこへザギトワ選手がどう攻め込むか、そんな感じで見ています。

もちろん日本勢・三原選手の三位入賞も期待したいです。可能性はあると思います。

グランプリシリーズ2017フランス杯の日程と場所


フランス杯が行なわれる期間は、2017年11月17日(金)から19日(日)まで

細かいタイムスケジュールを確認しましょう。

第一日目(11月17日・金)の競技日程


15:00〜 女子SP(日本時間 23:00)
16:55〜 アイスダンスSD(日本時間 24:55)
18:35〜 ペアSP(日本時間 18日02:35)
20:05〜 男子SP(日本時間 18日04:05)

第二日目(11月18日・土)の競技日程


13:15〜 女子FS(日本時間 21:15〜)
15:30〜 アイスダンスFD(日本時間 23:30〜)
19:00〜 ペアFS(日本時間 19日03:00〜)
20:45〜 男子FS(日本時間 19日04:45〜)

第三日目(11月19日・日)の競技日程


14:30-17:00 エキシビション(日本22:30-25:00)

ちなみに大会の会場はグルノーブル(Grenoble)のPatinoire Polesud(南極スケートリンク)。
リンクサイズは30m×60mという情報がありました。

「動かす」に切り替えると操作できます。

 

グランプリシリーズ2017フランス杯のテレビ放送予定は?

女子ショートプログラムのテレビ中継の放送予定


男子のショートとともに、11月18日(土)の14時30分から、テレビ朝日系列で放送が予定されています。
女子のショートについては、別ページでもご案内しています。
グランプリシリーズ2017フランス杯・女子ショート詳細

女子フリースケーティングのテレビ放送予定


男子のフリーとともに、11月19日(日)の午前10時30分から、テレビ朝日系列で放送が予定されています。
女子フリーについては、別ページでもご案内しています。
グランプリシリーズ2017フランス杯・女子フリースケーティング詳細

大会三日目エキシビションのテレビ放送予定


確認できていません。ごめんなさい。

フランス杯(グランプリシリーズ・2017)のライブストリーミング(ライスト)


以下でライブストリーミングがなされるかも知れないので、期待をこめて掲載しておきます。
TELESPORT — Прямой эфир | OK.RU
FS LIVE - YouTube - YouTube


女子ショートプログラム(SP)滑走順

ショートプログラムの滑走順は次のとおり。
フランスのロリーヌ・ルカブリエ選手以降が第二グループになります。

  1. ポリーナ・エドモンズ(Polina EDMUNDS)USA 56.31
  2. ニコル・ショット(Nicole SCHOTT)GER 55.54
  3. マエ・ベレニス・メイテ(Mae Berenice MEITE)FRA 58.96
  4. 白岩優奈(Yuna SHIRAIWA)JPN 66.05
  5. アリーナ・ザギトワ(Alina ZAGITOVA)RUS 62.46
  6. ロリーヌ・ルカブリエ(Laurine LECAVELIER)FRA 60.68
  7. エリザベータ・トゥクタミシェワ(Elizaveta TUKTAMYSHEVA)RUS 53.03
  8. 三原 舞依(Mai MIHARA)JPN 64.57
  9. エリザベット・トゥルシンバエワ(Elizabet TURSYNBAEVA)KAZ 62.29
  10. マリア・ソツコワ(Maria SOTSKOVA)RUS 67.79
  11. ケイトリン・オズモンド(Kaetlyn OSMOND)CAN 69.05

*右端の赤字は得点です。

女子フリースケーティング(FS)滑走順

女子シングル・フリー滑走順:グループ1

名前SPSP得点
1ニコル・ショットGER1055.54
2エリザベータ・トゥクタミシェワRUS1153.03
3ロリーヌ・ルカブリエFRA760.68
4マエ・ベレニス・メイテFRA858.96
5ポリーナ・エドモンズUSA956.31

女子シングル・フリー滑走順:グループ2

名前SPSP得点
6三原 舞依JPN464.57
7アリーナ・ザギトワRUS562.46
8エリザベット・トゥルシンバエワKAZ662.29
9白岩優奈JPN366.05
10マリア・ソツコワRUS267.79
11ケイトリン・オズモンドCAN169.05

 

スポンサーリンク

 

フランス杯2017・女子シングル競技の結果詳細(リザルト)

結果の詳細はこちらで掲載していく予定です↓

グランプリシリーズ2017フランス杯・女子の結果速報、順位、得点詳細(リザルト)〜フィギュアスケート

グランプリシリーズ2017、これまでの結果

参考までに、これまでのグランプリシリーズの女子シングルの結果も掲載しておきます。

ロシア大会(モスクワ・2017年10月20日〜10月22日)

順位名前総合得点SPFS
1エフゲニア・メドベージェワ231.2111
2カロリーナ・コストナー215.9822
3樋口新葉207.1733
4エレーナ・ラジオノワ195.5254
5坂本花織19445
6マライア・ベル188.5676
7ワレリヤ・ミハイロワ185.0988
8エリザベート・ツルシンバエワ184.9569
9長洲未来178.2597
10ニコル・ショット168.721010
11マエ=ベレニス・メイテ160.961111
12アナスタシア・ガルスチャン154.91212

スケートカナダ(レジャイナ・2017年10月27日〜10月31日)

順位名前総合得点SPFS
1ケイトリン・オズモンド212.9111
2マリア・ソツコワ192.5232
3アシュリー・ワグナー183.9474
4コートニー・ヒックス182.5745
5本田真凜178.24103
6本郷理華176.3466
7カレン・チェン170.457
8ロリーヌ・ルカヴァリエ166.4388
9アンナ・ポゴリラヤ156.89210
10カイラニ・クレイン143.0399
11アレーヌ・シャルトラン134.171111
12ラーキン・オーストマン123.561212

チャイナ(北京・2017年11月3日〜11月5日)

順位名前総合得点SPFS
1アリーナ・ザギトワ213.8841
2樋口新葉212.5222
3エレーナ・ラジオノワ206.8234
4三原舞依206.0773
5本田真凜198.3265
6ガブリエル・デールマン196.8317
7エリザベータ・トゥクタミシェワ196.6856
8シァンニン・リー174.8288
9チェ・ダビン165.9999
10アンバー・グレイン151.141010
11ジークァン・ジャオ144.711111

NHK杯(大阪・2017年11月10日から11月12日)

順位名前総合得点SPFS
1エフゲニア・メドベージェワ224.3911
2カロリーナ・コストナー212.2423
3ポリーナ・ツルスカヤ210.1932
4長洲未来194.4654
5宮原知子191.866
6アリョーナ・レオノワ190.9575
7本郷理華187.8347
8白岩優奈171.9488
9マライア・ベル166.04910
10ニコル・ライチョバー159.781011
11アレイン・シャルトラン159.36129
12パク・ソヨン135.791112

スポンサーリンク

おわりに

以上、グランプリシリーズ第五戦の出場選手、見どころポイントなどご紹介してきました。

フィギュア大国と言われた日本ですが、女子シングルの世界は今やロシアが席巻しています。
そこへ一石を投じているのがカナダのオズモンド選手。今大会を制してグランプリファイナルへの切符を手にできるのか、はたまたソツコワ選手が意地を見せるのか、目が離せない大会になりそうです。

最後までご覧くださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*