フィギュアスケートアメリカ大会男子の日程と出場選手、テレビ放送予定やライスト、見どころ・予想〜グランプリシリーズ2017

スケートアメリカ〜グランプリシリーズ2017アメリカ大会

グランプリシリーズ2017もついに最終・第六戦を迎えます。
舞台はアメリカ、いわゆる「スケアメ」です。

このアメリカ大会の結果を経て、グランプリ・ファイナルに出場する選手が全て出そろいます

男子シングルでは、日本の宇野昌磨選手とロシアのミヤイル・コリヤダ選手がファイナリ進出を決めていますが、残り四枠はまだ未定。出場する選手はもちろんですが、すでに二戦を終えた選手たちもこのアメリカ大会を、固唾をのんで見守っていることでしょう。
観ている私たちにとっても、このあたりの駆け引きが興味深いところ。

ということで今回は、グランプリシリーズ2017・アメリカ大会(スケアメ)の男子シングルについて、

  • 出場する選手の紹介
  • 競技の日程
  • テレビ放送やライブストリーミングの予定
  • 見どころ
  • 個人的な予想

などをまとめました。

フィギュア好きなみなさんに楽しんでいただけたらと思います。

*アイキャッチ画像出典:フィギュアスケートグランプリシリーズ世界一決定戦2017|テレビ朝日:http://www.tv-asahi.co.jp/figure-gp/2017/gp6/

グランプリシリーズアメリカ大会NEWS

  更新中! グランプリファイナル2017(名古屋大会)の日程・出場選手などについてページをもうけました。
グランプリファイナル2017(名古屋大会)女子シングルの日程・出場選手
グランプリファイナル2017(名古屋大会)男子シングルの日程・出場選手

 女子シングル・総合結果を掲載しました。【ネタバレ注意です】
スケートアメリカ・女子シングルの結果

 女子シングル・フリースケーティングの結果、得点詳細を掲載しました。
女子シングル・フリースケーティングの結果
女子シングル・フリースケーティングの得点詳細(ディティール)

 男子シングルの競技が終了しました。総合順位、フリーの得点詳細(リザルト)をあらたに掲載しています。【ネタバレ注意】
グランプリシリーズ・アメリカ大会男子シングルの結果
グランプリシリーズ・アメリカ大会男子シングル、フリースケーティング・リザルト

 当ブログの、グランプリシリーズ・アメリカ大会(スケートアメリカ)関連記事です。
男子シングル出場選手と見どころ男子ショート男子フリー男子の最終結果・総合順位
女子シングル出場選手と見どころ女子ショート|女子フリー女子の最終結果・総合順位

スポンサーリンク

コンテンツ

スケートアメリカ2017男子シングルの開催日程はいつからいつまで

スケートアメリカの開催期間は、2017年11月25日(土)から27日(日)までの三日間。

男子シングルの競技日程は、日本時間で次のとおりです。
11月25日(土)09:54~11:27にショートプログラム
11月26日(日)05:57~07:52にフリースケーティング
が予定されています。

その他の日程は次のとおり。

2017年11月24日(金)

00:00~01:20 ダンス公式練習
01:35~02:55 女子公式練習
03:10~04:30 ペア公式練習
04:45~06:05 男子公式練習

2017年11月25日(土)

01:00~02:00 ペア公式練習
02:15~03:15 男子公式練習
03:30~04:50 ダンス公式練習
05:05~06:25 女子公式練習
08:23~09:30 ペア・ショートプログラム
09:54~11:27 男子シングル・ショートプログラム
22:15~23:15 ペア公式練習
23:30~00:40 男子公式練習

2017年11月26日(日)

00:55~01:55 ダンス公式練習
02:10~03:10 女子公式練習
04:00~05:21 ペア・フリースケーティング
05:57~07:52 男子シングル・フリースケーティング
07:52以降 表彰式 男子シングル、ペア
09:32~10:51 アイスダンスSD
11:19~12:52 女子シングル・ショートプログラム
22:45~23:45 男子&ペアエキシ練習
23:45~00:45 エキシフィナーレ練習

2017年11月27日(月)

01:00~02:00 ダンス公式練習
02:15~03:15 女子公式練習
03:54~05:25 アイスダンスFD
06:02~07:51 女子シングル・フリースケーティング
07:51以降 表彰式 女子シングル、アイスダンス
08:30~09:00 女子&ダンスエキシ練習
09:30~12:00 エキシビション

スケートアメリカ2017の会場の場所はどこ?

グランプリシリーズ2017・アメリカ大会の会場は、ニューヨーク州レークプラシッドの「ハーブ・ブルックス・アリーナ」。いわゆる“氷上の奇跡”と呼ばれるドラマチックなアイスホッケーの試合が繰り広げられた場所です。カート・ラッセル主演で映画化もされました(『ミラクル』)ので、ご存知のかたもいらっしゃるかも知れませんね。

地図で示すと場所はこちら。
「動かす」に切り替えると操作できます。
 

外観はこんな雰囲気です。

スケートアメリカ2017の男子シングル、テレビ放送予定はいつ?ライストは?


テレビ朝日系列で放送が予定されています。地域によっては放送されないところもありますのでご注意ください。
日程は下記のとおり。

テレビ朝日(地上波)


男子ショート 11月25日(土)深夜2時30分~
女子ショート・男子フリー 11月26日(日)深夜0時40分~
女子フリー 11月27日(月)深夜2時51分~

BS朝日


男子ショート、フリー 11月26日(日)午前10時30分〜
LIVEエキシビション 11月27日(月)午前9時30分
女子ショート、フリー 11月27日午後5時30分


 

スポンサーリンク

 

スケートアメリカ2017の出場選手一覧

日本人選手

無良 崇人(JPN)


無良崇人選手(フィギュアスケート)画像出典:フィギュアスケートグランプリシリーズ世界一決定戦2017|テレビ朝日(http://www.tv-asahi.co.jp/figure-gp/2017/players/)

【主な戦績】
世界ランキング32位(記事執筆時点)
2016年 全日本選手権 3位
2015年 GP日本大会 3位
2014年 GPファイナル 5位
2014年 GP日本大会 3位
2014年 GPカナダ大会 優勝
2014年 四大陸選手権 優勝
2013年 世界選手権 8位
2012年 GPフランス大会 優勝


海外の選手


金 博洋(キン ハクヨウ)(CHN)5

生年月日:1997年10月3日(20歳)
出身:中華人民共和国 ハルビン市
身長:168cm

ネイサン・チェン(USA)7

生年月日:1999年5月5日(18歳)
出身:アメリカ合衆国 ユタ州 ソルトレイクシティ
身長:168cm

アダム・リッポン(USA)10

生年月日:1989年11月11日(28歳)
出身:アメリカ合衆国 ペンシルベニア州 スクラントン
身長:170cm

ヨリック・ヘンドリックス(BEL)13

生年月日:1992年5月18日(25歳)
出身:ベルギー トゥルンハウト
身長:175cm(*欠場)

マキシム・コフトゥン(RUS)16

生年月日:1995年6月18日(22歳)
出身:ロシア エカテリンブルク
身長:180cm

ダニエル・サモーヒン(ISR)17

生年月日:1998年3月12日(19歳)
出身:イスラエル テルアビブ
身長:176cm

セルゲイ・ボロノフ(RUS)21

生年月日:1987年10月3日(30歳)
出身:ロシア モスクワ
身長:176cm

閻 涵(エン カン)(CHN)23

生年月日:1996年3月6日(21歳)
出身:中華人民共和国 ハルビン市
身長:169cm

ケビン・レイノルズ(CAN)27

生年月日:1990年7月23日(27歳)
出身:カナダ ノースバンクーバー
身長:177cm

ロス・マイナー(USA)44

生年月日:1991年1月24日(26歳)
出身:アメリカ合衆国 バーモント州 バーリントン
身長:175cm

リアム・フィルス(CAN)53

生年月日:1992年7月2日(25歳)
生まれ: カナダ、ノースバンクーバー
身長: 172cm

ローマン・サドフスキー(CAN)57

生年月日:1999年5月31日(18歳)
出身:カナダ、トロント
身長:180cm

*右端の赤字は世界ランキングです(2017/11/25改訂)。


スケートアメリカ2017男子シングルの見どころとポイント

男子シングルは混戦模様
羽生弓弦選手、パトリック・チャン選手が欠場し、フェルナンデス選手は初戦でコケているので、残りの枠がまだあります。

現在、ネイサン・チェン選手とセルゲイ・ボロノフ(ロシア)選手が持ち点15。そこへ金博洋選手(中国)、アダム・リッポン選手が13点でつけています。この三人の激闘が見物ですね。
現在、持ち点で総合三位につけているジェイソン・ブラウン選手は22点しかありませんので、皆に可能性があります。
ついでに言うとネイサンとリッポンはアメリカの選手。地元は大盛り上がりなんじゃないでしょうか。

日本選手では、無良選手の途方も無く高いジャンプが見どころ。
見事に決まれば半端ないストレス解消感が期待できます。

スケートアメリカ2017男子シングルの優勝は誰か、大胆予想

もちろん個人的な予測になりますが、今シーズンのグランプリシリーズの戦績をふまえて、私は次のように予想しています。

1位:ネイサン・チェン
2位:セルゲイ・ボロノフ
3位:金博洋(ボーヤン・ジン)

地元なのでアダム・リッポン選手に追い風が吹くかな、とは思いますが。
もちろん何の責任ももてませんので、そこのところはよろしくご承知ください・笑



スケートアメリカ2017男子シングルのショートプログラム(SP)滑走順(タイムテーブル)と得点速報

*正式な滑走順が発表されています。ベルギーのヨリック・ヘンドリックスが欠場、地元カナダのリアム・フィルス選手が出場します。

ショートプログラム男子(SP)第1グループ

名前name得点
1ローマン・サドフスキーRoman SADOVSKYCAN70.85
2リアム・フィルスLiam FIRUSCAN65.17
3ロス・マイナーRoss MINERUSA71.59
4無良 崇人Takahito MURAJPN75.05
5ケビン・レイノルズKevin REYNOLDSCAN69.10
6閻 涵(エン カン)Han YANCHN85.97

ショートプログラム男子(SP)第2グループ

名前name得点
7セルゲイ・ボロノフSergei VORONOVRUS87.51
8ダニエル・サモーヒンDaniel SAMOHINISR82.28
9マキシム・コフトゥンMaxim KOVTUNRUS64.98
10アダム・リッポンAdam RIPPONUSA89.04
11ネイサン・チェンNathan CHENUSA104.12
12金 博洋(キン ハクヨウ)Boyang JINCHN77.97


ショートプログラムについては別のペ_ジで詳しくご案内しています。
2017スケートアメリカ男子・ショートプログラム得点詳細(リザルト)

スケートアメリカ2017男子シングルのフリースケーティング(FS)滑走順(タイムテーブル)と得点速報

第1グループ

名前SP点速報
1リアム・フィルスCAN65.17145.66
2ケビン・レイノルズCAN69.1134.95
3マキシム・コフトゥンRUS64.98
4無良 崇人JPN75.05137.72
5ローマン・サドフスキーCAN70.85129.25
6ロス・マイナーUSA71.59148.03

第2グループ

名前SP点速報
7金 博洋CHN77.97168.06
8ダニエル・サモーヒンISR82.28
9閻 涵CHN85.97142.36
10セルゲイ・ボロノフRUS87.51169.98
11アダム・リッポンUSA89.04177.41
12ネイサン・チェンUSA104.12171.76



フリースケーティングについては別のページで詳しくご案内しています。
2017スケートアメリカ男子・フリースケーティング得点詳細(リザルト)


競技の結果については別のページで詳しくご案内しています。
2017スケートアメリカ男子・総合得点・順位・リザルト





おわりに〜スケートアメリカ2017男子シングル、まとめと楽しみ

以上、2017年のグランプリシリーズ最終戦となるアメリカ大会(スケアメ)の事前情報まとめでした。
大会期間中は随時情報を更新して行く予定です。よかったらまたいらっしゃってください。


今大会の女子シングルの注目ポイントはこちらをご覧下さい。
2017スケートアメリカ女子・注目ポイント

スポンサーリンク

付:グランプリシリーズ、ここまでの大会の結果

ロシア大会(モスクワ・2017年10月20日〜10月22日)

順位名前総合得点SPFS
1ネイサン・チェン293.7912
2羽生結弦290.7721
3ミハイル・コリャダ271.0643
4ミーシャ・ジー255.3354
5モリス・クヴィテラシヴィリ250.2685
6ドミトリー・アリエフ239.6137
7ナム・ニューエン238.4576
8デニス・ヴァシリエフス227.5369
9デニス・テン214.35108
10アンドレイ・ラズキン212.14911
11グラント・ホッホスタイン206.091110
12ダニエル・サモヒン183.791212

スケートカナダ(レジャイナ・2017年10月27日〜10月31日)

順位名前総合得点SPFS
1宇野昌磨301.111
2ジェイソン・ブラウン261.1432
3アレクサンドル・サマリン250.0643
4パトリック・チャン245.727
5ヨリック・ヘンドリックス237.3165
6ミハル・ブレジナ237.0474
7ニコラ・ナドー229.4396
8キーガン・メッシング217.75510
9チャ・ジュンファン210.32118
10パウル・フェンツ201.61011
11ブレンダン・ケリー201.56129
12無良崇人186.66812

チャイナ(北京・2017年11月3日〜11月5日)

順位名前総合得点SPFS
1ミハイル・コリャダ279.3813
2ボーヤン・ジン264.4825
3マックス・アーロン259.6951
4ヴィンセント・ジョウ256.6682
5ハン・ヤン254.6164
6ハビエル・フェルナンデス253.0636
7田中刑事247.1748
8ケヴィン・レイノルズ226.5107
9グラント・ホッホスタイン216.4479
10アレクサンデル・マヨロフ186.041110
11アレクサンドル・ペトロフ186.02912
12フー・ジャン167.581211

NHK杯(大阪・2017年11月10日から11月12日)

順位名前総合得点SPFS
1セルゲイ・ボロノフ271.1211
2アダム・リッポン261.9942
3アレクセイ・ビチェンコ252.0723
4ジェイソン・ブラウン245.9534
5キーガン・メッシング235.856
6デニス・バシリエフス234.885
7友野一希231.9367
8ドミトリー・アリエフ223.4579
9ミハル・ブレジナ220.45910
10ナム・ニュエン214.51118
11佐藤洸彬199.21011

フランス杯(グルノーブル・2017年11月17日から11月19日)

順位名前総合得点SPFS
1ハビエル・フェルナンデスESP283.7112
2宇野 昌磨JPN273.3221
3ミーシャ・ジーUZB258.3463
4アレクサンドル・サマリンRUS253.1334
5アレクセイ・ビシェンコISR247.4455
6モリス・クビテラシビリGEO240.5048
7マックス・アーロンUSA237.2086
8デニス・テンKAZ228.57710
9ビンセント・ジョウUSA222.21107
10ケヴィン・エイモズFRA220.4399
11ロマン・ポンサールFRA198.121111

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*