紅白歌合戦2017の欅坂46、内村氏とのコラボ『不協和音』が凄絶!平手と鈴本がヤバすぎた

今紅白歌合戦を見ているのですが、欅坂46がたいへんなことになっています・・・
総合司会の内村さんが欅坂46の熱心なファンということで、ちょっと気になっていたのですが、最悪な感じになってしまいました。

スポンサーリンク

追記:倒れたのはメンバー三人

倒れたのは平手友梨奈さん、鈴本美愉さん、志田愛佳さん。原因は過呼吸で、休養中。通院の予定は無いとのこと。とりあえず無事と理解してよいのでしょうかね(00:13)

欅坂46、全力の『不協和音』のパフォーマンスの後の再登場で異変

21時、ニュース明けの紅白歌合戦後半戦の皮切りは、ファンが待ちに待った『不協和音』のパフォーマンスでした。

ほかの出演者がこぞって華美な紅白用衣装で登場する中、欅坂46は普段の『不協和音』の衣装で登場。メンバーのそれぞれの目にはほの暗い輝きがたたえられ、完全に戦闘モードであることがうかがわれました。予想通り、欅坂46はこの紅白のステージにフォーカスしてきたのだと、ビシビシ伝わって来た。

2018/01/02 追記)
メンバーの齋藤冬優花さんはblogで、紅白用のスペシャル衣装よりもパフォーマンスを見て欲しかったためふだんの衣装にした、と明かしています。同時に、平手友梨奈さんの衣装だけは、肩の欅坂のエンブレムが噛みちぎられているのだとか。細部へのこだわりが凄いです。

ステージは圧巻そのもの、NHKのカメラも平手友梨奈さんはじめ、個々のメンバーの表情を見事に捉えてくれました。
迫真のステージになったとひとりのファンとして感動しつつ、わけのわからない自慢げな気持ちになっていたところ、何と少し後に欅坂が再び登場、またもや『不協和音』のサビ部分を、総合司会の内村さんとコラボしたのです。

これはヤバイかも・・・と懸念したのも束の間、画面には平手友梨奈さんの憔悴しきった姿。
あまりに無謀な演出に、ファンは肝を冷やしています。
本番で全力を尽くしたのは平手友梨奈さんだけでなくメンバーも一緒。最後のキメポーズでは鈴本さんも倒れたことが画面にとらえられています。

(紅白歌合戦2017を見逃してしまった方は、UNEXTで見逃し配信がなされているようです。)

番組は欅坂46をわかっていなかった?

そもそも『不協和音』は、憑依型と言われる平手友梨奈さんのリミッターが外れやすい曲。セーブすることのない全力投球が常で、パフォーマンス後には具合が悪くなったり、逆にのりきれない時はパフォーマンスできなかったりすることを、欅坂ファンはよく知っています。

ここ最近の歌フェス番組でも『不協和音』を歌わなかったのは、『風に吹かれても』が最新の表題曲だということもあったでしょうが、メンバー、特に平手友梨奈さんの負担を危惧しておさえていた、という面もあったはず。レコ大ではソニーが『不協和音』に賞を与えるのはやめてくれ、と言ったとか言わないとか。

そういうわけでこの紅白に『不協和音』をもってきたことは、欅坂にとってもそれなりの覚悟があってのこと。ファンの多くもそれを感じ取っていましたので、本番直後の再パフォーマンスはありえねー!という感じだったんです。

平手が震え、すずもんが倒れる

再パフォーマンス中、内村さんも平手友梨奈さんの異変に気づいたのか、声をかけたりしていました。でも平手友梨奈さんは、朦朧としている時はまだしも、故意に手を抜いたりはできない。

というわけでこんな有様になってしまいました。

平手友梨奈さんに声をかける内村さん

https://twitter.com/zuminmin930/status/947448553105846275

鈴本さんが失神。渡辺梨加さんが後ろで支える。

おわりに

こんな壮絶なアイドルいたでしょうか・・・

これが欅坂46、二度目の紅白!

(紅白歌合戦2017を見逃してしまった方は、UNEXTで見逃し配信がなされているようです。31日間の無料体験期間があるのでお試しでも見られるでしょう。)

スポンサーリンク

追記

欅界隈はこの紅白を機にさらに絆を深めつつあるようです。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)