津軽海峡年越しフェリーの快適性や料金・航路、お得な海割りドライブとは?〜ドキュメント72時間

津軽海峡フェリーが、NHKの『ドキュメント72時間』でとりあげられるそうです。

船旅って、いつかやってみたいと思っているのですが、なかなか機会がありません。
それと、北海道を車で走ってみたい、とも思っていたんですよね。

津軽海峡フェリーを使えば、この二つの希望を両方とも叶えられる! ということで、番組の放送前に予習をしてみました。

  • 航路:津軽海峡フェリーには、どこから乗って、どこで降りるのか?
  • どんながあり、快適性のほうはどんな具合なのか?
  • 料金・費用所要時間はどのくらいかかるのか?

このあたりを中心に情報を集めました。車で利用したい時にオトクなプラン・「海割ドライブ」にもふれます。

『ドキュメント72時間』の放送の傍ら、津軽海峡フェリーが気になった方のご参考になれば嬉しいです。
*記事の情報は執筆時点(2018/01/26)でのものです。変更になっている可能性もありますので、ご注意ください。

スポンサーリンク



津軽海峡フェリーの航路と所要時間

まずは航路から行きましょう。
津軽海峡フェリーがどこから出て、どこへ着くのか?

津軽海峡フェリーには北海道と本州をつなぐ航路がふたつあります。

津軽海峡ロード(函館〜青森)

メインは函館と青森をつなぐ「津軽海峡ロード」と呼ばれる航路。
こちらには四隻の大型フェリーが運用されています。

所要時間は片道3時間40分ということで、たっぷり船旅気分を味わえる。
一日8往復しています。

ノスタルジック航路(函館〜大間)

もう一つは函館と、下北半島北端の大間とをつなぐ「ノスタルジック航路」と呼ばれるコース。
一隻の船が一日2往復しています。所要時間は90分ほど。

 

スポンサーリンク

 

津軽海峡フェリーの魅力〜船舶スペック

航路はわかりましたが、どんな感じの船旅になるんでしょうね。
私の知っているフェリーは、小さくてディーゼルの煙の匂いがたちこめるってイメージなんですが、それを4時間近くも味わうのはちょっとキツいです・笑

でも津軽海峡フェリーは個室もあるような大型フェリー。
本格的なレストランこそないものの、シャワーもあるしゲームコーナー、キッズコーナーもあります。
番組を見れば一目瞭然になるかと思いますが、快適性の面では心配なさそうです。

津軽海峡フェリーでは、ふたつの航路で五隻の船が運用されています。それぞれの船をご紹介していきましょう。

津軽海峡ロードのフェリー

津軽海峡ロードでは四隻の船が往復しており、そのうち三隻は姉妹船。大きさ、重量、旅客定員数などほぼ同じです。大型犬を乗せられるのも特徴。ブルードルフィン2だけやや小型です。

ブルーハピネス

全長:約144m
総トン数:8,851トン
旅客定員数:583名
速力:約20ノット
積載台数:トラック71台または乗用車230台
犬受入:10匹

ブルードルフィン

全長:約144m
総トン数:8,850トン
旅客定員数:583名
速力:約20ノット
積載台数:トラック71台または乗用車230台
犬受入:10匹

ブルーマーメイド

全長:約144m
総トン数:8,820トン
旅客定員数:583名
速力:約20ノット
積載台数:トラック71台または乗用車230台
犬受入:14匹

ブルードルフィン2

全長:約137m
総トン数:7,003トン
旅客定員数:586名
速力:約20ノット
積載台数:トラック65台または乗用車200台
犬受入:16匹

ノスタルジック航路のフェリー

1964(昭和39)年、日本初の外洋フェリーとして同航路に就航した「大函丸」(当時の読みは「たいかんまる」)。この船名には活力に溢れていた当時の風景が重なっています。船名を復刻させ、再びこの地に新しい賑わいを創り出すべく決意を込めて大間町民の方により名付けられました。
*画像出典:大函丸|津軽海峡フェリー株式会社

大函丸(だいかんまる)

全長:約91m
総トン数:1912トン
旅客定員数:478名
積載台数:トラック21台または乗用車60台
ドッグルームもあります。6匹。

津軽海峡フェリーの料金

津軽海峡フェリーの運賃は、期間と等級によって違って来ます。

小児運賃は半額、学割や、車載時のドライバー向け運賃というものもあるのですが、ここでは目安として、一般の大人運賃をご案内しましょう。12歳以上が対象です。*わんちゃんも別料金です。

津軽海峡ロードの料金表

等級 A期間 B期間 C期間
プレミア 12,340 15,420 17,730
スイート 4,940 6,170 7,100
ファースト 4,110 5,140 5,910
コンフォート 3,290 4,110 4,730
ビューシート 2,750 3,440 3,960
スタンダード 2,220 2,770 3,190

ノスタルジック航路の料金

等級 A期間 B期間 C期間
ファーストシート 2,460 3,080 3,540
カジュアルシート 2,220 2,770 3,190
スタンダード 1,810 2,260 2,600

期間について

以下、2018年の設定です。津軽海峡ロード、ノスタルジック航路共通です。

A期間

1月5日から4月27日
5月7日から5月31日
10月1日から12月26日

B期間

2018年1月1日から1月4日
6月1日から7月13日
8月20日から9月30日
12月27日から12月31日

C期間

4月28日から5月6日
7月14日から8月19日

車で利用する時に嬉しい「海割ドライブ」

2018年現在、海割ドライブというプランが利用できます。
津軽海峡ロードを乗用車で利用する場合、14.800円の定額運賃で、最大8名まで乗船できるというオトクなプラン。ノスタルジック航路の場合は1,1800円。webでの予約限定です。

また、バスとセットになった商品もあります。記事末尾でご案内します。

津軽海峡フェリーの時刻表

ご参考ですが、時刻表もみてみます。

津軽海峡ロードの時刻表

函館発・青森着

便 船舶 函館発 青森着
2 ブルードルフィン 0:30 4:10
4 ブルーハピネス 3:10 6:50
8 ブルーマーメイド 7:40 11:20
14 ブルードルフィン2 12:00 15:40
16 ブルードルフィン 14:10 17:50
18 ブルーハピネス 17:30 21:10
22 ブルーマーメイド 20:15 23:55
24 ブルードルフィン2 22:05 翌1:45

青森発・函館着

便 船舶 青森発 函館着
3 ブルーマーメイド 2:40 6:20
5 ブルードルフィン2 5:20 9:00
7 ブルードルフィン 7:40 11:20
11 ブルーハピネス 10:00 13:40
13 ブルーマーメイド 14:20 18:00
17 ブルードルフィン2 17:05 20:45
19 ブルードルフィン 19:10 22:50
23 ブルーハピネス 22:25 翌2:05

ノスタルジック航路の時刻表

函館発・大間着

便 船舶 函館発 大間着
6 大函丸 9:30 11:00
10 大函丸 16:30 18:00

大間発・函館着

便 船舶 大間発 函館着
5 大函丸 7:00 8:30
9 大函丸 14:10 15:40

津軽海峡フェリーの口コミ

前述したとおり、津軽海峡フェリーにはシャワーや売店、ゲームコーナーなどもあります。

https://twitter.com/tsugaru751/status/952350490897014784

ドキュメント72時間が津軽海峡フェリーを紹介!放送時間

津軽海峡がとりあげられるテレビ番組『ドキュメント72間』の放送は、NHK総合2018年1月26日(金)22時50分から23時15分まで

通常だと再放送が翌週土曜日にあります。
特別なことがなければ、2月3日(土)午前11時25分から

スポンサーリンク



おわりに

以上、ごく簡単にですが、津軽海峡フェリーの情報をかいつまんでご紹介しました。
個人的には「海割ドライブ」プランを利用してみたいと感じましたが、みなさんはいかがでしょう。

最後に津軽海峡フェリーの公式サイトをご案内します。
海割ドライブはもちろん、バスとセットになった商品についても案内されていますので、興味のある方はご覧になってみてはいかがでしょうか。

https://www.tsugarukaikyo.co.jp/

最後までご覧くださり、ありがとうございました。

24時間眠らない江東区のパン屋モンシェールの値段と場所〜通販はあるの? ドキュメント72時間

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)