プチプチを窓に貼るとき向きはどうする?断熱効果が高い貼り方は?

プチプチを窓に貼ると、断熱効果があります。

でも貼り方を間違えると効果も半減
特に「向き」は重要です。

  • プチプチがある側を窓に貼るのか?
  • それとも平たい方を窓に貼るのか?

どちらが正解でしょう?

正しい貼り方を確認して、冷房・暖房ともコストダウンしちゃいましょう!

スポンサーリンク

プチプチを窓に貼って断熱

プチプチは、みなさんもご存知のとおり梱包に使う緩衝材です。
ですが、見てわかるとおり空気の層を固定する構造になっていますので、断熱効果もあるんです。

プチプチは基本的に透明ですから、家のなかで断熱性能がよくない窓に使うのにピッタリ。

ただし、貼り方を間違えると断熱性能が落ちてしまいます。
特に向きが重要。

プチプチを窓に貼る貼り方と向き

プチプチ側を窓に貼る

プチプチを断熱用に窓に貼る場合、当然ですが室内側に貼ります。
外に貼るとすぐに劣化してしまいますからね。

で、窓に貼付ける際ですが、プチプチのある側を窓に貼りましょう。
平たい面を窓に貼るよりも、空気をキープできる面積が広がります。
プチプチ内の空気は固定されているので変わりませんが、プチプチの間の空気も動きにくくなるわけです。

窓全体を覆うように貼る

そのためにも、プチプチは窓全体を覆うように貼る必要があります。
できればガラス面だけでなく窓枠まで覆ってしまうとよいでしょう。金属は熱を伝えやすいですからね。

断熱効果を高めたければ、窓ガラス部分に貼り、さらにその上から窓枠までカバーする形で貼るなどしてもよいでしょう。

開閉できるように配慮を

注意点としては、鍵の開閉ができるようにしておくこと。
それと、窓そのものも開閉できないと不自由ですね。

日常的に開閉する窓の場合、プチプチのシートが引っかからないように配慮するのもポイントでしょう。

テープの、剥がしやすい使い方

貼る場合は両面テープを使うのが一般的です。
でも、剥がすことを考えると、窓の側にあらかじめ粘着力の弱いメンディングテープを貼り、そこに両面テープで貼るのがお勧め。断然剥がしやすくなりますし、剥がした痕もきれいです。

 

スポンサーリンク

 

プチプチの断熱効果はどのくらい?

肝心の断熱効果のほどはどうなんでしょう?

これは暮らしている地域の気候条件、家のつくりなどによってまちまちだと思います。
でも「確かに効果がある」と言う人はいて、「体感で1から2度違う」という報告も見ました。

実際、寒い冬場の窓にシートを貼ってみるとわかりますが、窓ガラスや窓枠に直接さわるとキンキンに冷たくても、プチプチシートにさわるとそうでもなかったりします。多少見た目はアレですが、少しでも暖をとりたい場合は有効に活用できそうです。

テープ不要!窓専用のプチプチもある

ここまで、梱包用のプチプチを断熱に使う方法をご紹介してきました。
でも実は、窓に貼る断熱専用のプチプチもあるんです。

テープ要らずのお手軽断熱

こちらはテープも不要で、さらにお手軽です。

貼る時は
1.窓をきれいに拭く
2.霧吹きなどを窓に吹き付ける
3.貼る面を窓に貼付ける

でOK。要するに水で貼れちゃう。
剥がす時もきれいに剥がせます。

梱包用プチプチとの違い

通常のプチプチと違い、断熱用のプチプチは両面が平らになっています。
そのため、空気を固定する機能がさらに強化され、断熱効果が高い。

大きなプチプチを断熱のために新規に買うのであれば、はじめから断熱専用を買ったほうがよいかも知れません。
ホームセンターでも買えますが、通販ならこの商品になります。サイズに注意してください。

プチプチで窓断熱、メリットとデメリット

というわけで、断熱効果がある窓プチプチですが、デメリットは無いのでしょうか?

プチプチ断熱のデメリット

これについては、若干見た目がよくない、という点があります。
特に専用シートではなく、梱包用を流用した場合、ちょっと人には見せたくないかも。
また、外から入ってくる光の量も少し落ちます。
当然ながら、窓からの景色も見えにくくなります。
それと、お住まいの状況によっては結露するかも知れません。

プチプチ断熱のメリット

これらを補うメリットは、やはり断熱効果。
冬も夏も安価かつ手軽に断熱できます。
若干ですが、防音効果があるという人もいます。
景色が見えなくなる点は、考えようによっては外から部屋の中が見えなくなるので、かえってよいという人もいるかも知れませんね。

プチプチ断熱のデメリット対策

ちなみに、断熱するには窓の全面を覆うほうが効果が高いですが、下半分でもかなり冷気をカットできます。
外の景色を見たいという方は、下半分断熱作戦というのもアリかも知れません。

スポンサーリンク

プチプチで窓断熱まとめ

以上、おなじみのプチプチを断熱材として活用する方法をご案内してきました。

ポイントをおさらいすると、

  • プチプチは断熱性能があり、
  • 透明なので断熱性能が弱い窓に貼るのに適している。
  • 貼る時は部屋の内側から窓に貼り、
  • プチプチがある面を、窓全体を覆うように貼る。
  • 水で貼ることができる断熱用プチプチも販売されている

と、こんなところかと思います。

注意点は、窓の開閉に支障がでないようにすること。
特に冬場は換気も重要ですから、窓の開閉が億劫になるようでしたら、やめたほうがよいと思います。

それと本文ではふれませんでしたが、素材的に燃えやすいので、ストーブなど火元・熱源を近づけるのは厳禁です。
このあたりはご自身の責任において、十分にご注意ください
その上で、興味のある方はお試しくださいね。

最後までご覧くださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)