青魚の種類と効能・アレルギー〜ブリやシシャモは青魚?

青魚(あおざかな)は健康にいい
そんな話をよく聞きます。

でも青魚って、具体的に何を指しているのでしょう?

アジ、サバはともかく、ブリやシシャモは?
・・・あらためて問われると、はっきりしない面もあるのでは?
しっかり理解していないと、隣の奥さんやお姑さんとの話が微妙にズレてしまうかも?

というわけでここでは、青魚の種類について書いています。
加えて、

  • 青魚が健康にいい理由や
  • よく言われるアレルギーとの関係

についてもふれています。

この機会に青魚のもろもろを確認してください♪

スポンサーリンク

青魚とは?

青魚は実用上の概念

青魚の代表はアジ・イワシ・サバです。

青魚は実用上使われている、便宜的な呼び方。生物の分類学的な意味での青魚というものはありません。

青魚の典型的な特徴はいくつかありますが、実際にはアジ・イワシ・サバを念頭にしつつ、
背が青くてお腹が白い赤身の魚+お値段が手頃な魚ということになるでしょう。

実際に「青魚」という言葉を使う上では、こんなざっくりしたイメージで用いれば大丈夫です。

青魚の特徴

もう少し細かく言うと、青魚は次のような特徴を備えています。

  • ほとんどが海の魚
  • 海の表面近くを、群れで回遊しているものが多い。
  • プランクトンなどを主食にするような、食物連鎖で言えば下のほうに位置する魚が多い。
  • 背中の色が青や黒で腹側が白なのは、海の表層近くに棲息している魚にとっては保護色になります。
  • 脂質には不飽和脂肪酸が多い。
  • 油やけ=脂質が酸化しやすく劣化が早い。
  • 安価な大衆魚。マグロやブリなどは、青魚とは呼ぶには多少違和感。

いかがですか?
青魚というイメージ、割とはっきりしてきたのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

青魚の種類

具体的な魚の種類としては、主にニシン目、ダツ目、スズキ目の、次のようなものが挙げられます。

ニシン目の青魚

ニシン科

ニシン、マイワシ、ウルメイワシ。
キビナゴをふくめる場合もあります。

カタクチイワシ科

カタクチイワシ。

ダツ目の青魚

サンマ科

サンマ。

スズキ目の青魚

アジ科

マアジ。

サバ科

マサバ、ゴマサバ。
サワラを含める場合もあります。

それぞれの目・科には他の魚が存在する場合もありますがが、さきほどの観点から、青魚と呼ばれるものを挙げています。
これらのほかにトビウオや、カンパチなどを含める場合もあります。

ブリやカツオ、シシャモも青魚?

ブリやカツオも青魚に含める場合もあります。

ただ、背中が青でお腹が白・銀、赤身という点ではそうなのですが、手軽に食卓に上るかどうかというと微妙・・・ですよね。

逆にシシャモはお値段が手頃な場合もありますが、青魚という認識はあまり一般的ではないような気がします。

青魚の効能

青魚は身体によいというイメージがありますね。

これは青魚が不飽和脂肪酸を多く含んでいるから。
不飽和脂肪酸であるDHAドコサヘキサエン酸)やEPAエイコサペンタエン酸)には、中性脂肪を下げる作用があるのです。

EPA、DHAともに身体の中で作ることはできません。そのため、これらを手軽に摂取できる青魚に健康イメージがついているわけです。

不飽和脂肪酸の摂取の目安は、1日1グラム
これはおよそ青魚100gに含まれる量にあたります。

アジやサバ一の切れを食卓に加えれば

  • 血液の循環を促し、動脈硬化・心臓病・がんの予防
  • 脳の働きを活性化し、脳卒中や認知症の予防

の心強い味方になってくれます。

青魚とアレルギー

青魚は健康の味方というプラスイメージがある一方で、じんましんなどのアレルギーのイメージもつきまとっています。サバアレルギーって、けっこうよく耳にしますよね。
青魚関連の情報として、少しだけふれておきましょう。

サバだけじゃなかった魚アレルギー

青魚のタンパク質に含まれるパルブアルブミンは、加熱するとアレルギーの元=アレルゲンになりやすいと言われています。
ただ、このパルブアルブミン、青魚特有のものではなく、他の魚にも含まれているんです。だからサバアレルギーが出たら、シャケやマグロ、カレイやタイ、タラ、ブリ、ホッケなど、ほかの魚でも注意が必要です。

青魚アレルギーの症状としては、

  • 目のかゆみやはれ
  • じんましんなどの皮膚湿疹、かゆみやはれ
  • 腹痛・下痢・嘔吐感
  • 鼻水やくしゃみ
  • 咳・呼吸困難

などがあります。

なかには呼吸困難になったり内蔵に影響することもあるので、注意が必要です。
心配なときは医療機関に相談しましょう。

ヒスタミン中毒

青魚アレルギーと紛らわしいのがヒスタミン食中毒

魚に含まれるアミノ酸の一種・ヒスジチンが、微生物のはたらきでヒスタミンに変わることがあります。冷蔵しなかったり、保存状況がよくなかった時は危うい。

このヒスタミンが大量に含まれた食品をとると、アレルギーに似た症状の食中毒をひきおこすことがあるのです。
じんましんや嘔吐・下痢・腹痛が起きたり、頭痛や発熱の症状があらわれます。口の周りが赤くなったりすることも。

困ったことにこのヒスタミン、食品の見た目や臭いに変化が出ないため見分けにくい。さらに加熱しても全然平気なんです。やはり保存には十分注意しましょう。

アニサキス食中毒

アニサキスという寄生虫に寄生された魚を生で食べると、激しい激しい腹痛・嘔吐を引き起こすことがあります。
これはアニサキスの幼生が、胃や腸の粘膜を破るのが原因。
痛みがひどいことで知られ、ニュースに大きくとりあげられたこともあります。

場合によっては開腹手術で幼虫を摘出しなければならないケースもある、恐ろしい寄生虫です。

スポンサーリンク

青魚の種類、効能まとめ

以上、簡単ですが青魚の種類や、健康上の効果、影響などについて書いてきました。

ポイントを振り返ると、まず青魚という呼び方は特定の種類を指すのではなく、実用的な意味で定着している呼び方だということ。
イメージとしては、
外見的には背が青・黒で、お腹が銀・白。
赤身で、サイズは割と小さめで、お値段も手頃。
がまず挙げられます。

代表的な青魚はアジ、イワシ、サバですが、地域によって身近な魚は違ってきます。なので範囲にはブレがあると思っておいたほうがよいでしょう。

青魚にには中性脂肪を下げる効果がありますので、アレルギーや食中毒に注意しながら、上手に食卓にとりいれたいものですね。

最後までご覧くださり、どうもありがとうございました。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)