KUNOICHI(くのいち)2018夏の出場者50名プロフ一覧と結果(更新!)

番組が終わりましたので、追記します。(21:59)

体操元日本代表、岡部紗季子さんがファイナルステージに進出。
あと一歩、ほんとうにあと一歩、及びませんでした。

ファイナルの綱上りで綱がからまり、脚を使えなかったのが敗因。本来の力を発揮できれば完全制覇は見えていたと思います。
とっても残念。でも、いいもの見せていただきました、ありがとう!

そして今回の2018ではニュースターも誕生。
陸上ヘプタスロンノ津吹アイリさん、かっこ良かったです。
パルクールの山本華歩さんも、攻略法を研究すればもっと行けそう。

そして、何と言っても悔しかったのは信金職員の大嶋あやのさん。
ファイナルステージに肉迫しながらも、あとほんの数センチ及びませんでした。

でもSASUKE、KUNOICHのコンセプトは「庶民のオリピック」。
一般の会社員である大嶋さんは、かつてのSASUKEオールスターズを思わせるキャラクター。
この先もKUNOICHがあるとすれば、本物のKUNOICHになってくれそうな予感がします!

AYAさんもリベンジよろしく! そしてできたら泉ひかりさんも戻ってきて欲しいです♪



KUNOICHI(くのいち)が2018年にも放送されます。

数々のギミックをしなやかにかいくぐる女サスケ(SASUKE)たち。カッコいいですよね。

気になるのはやはり出場者
ちょっとしか映らずに脱落してしまう人もいるので「あの人どんな人なんだろう?」ということも多いです。

というわけでここでは『KUNOICHI 2018夏』の出場者全50名のプロフィールをまとめていきます。そのほか、

  • 放送日時がいつか?
  • ステージのコースの解説

など関連情報にもふれます。
わかる範囲で、ということになりますが、少しでもご参考になれば、と思います。

KUNOICHI2018の出場者が発表されましたので、情報を更新しています。

スポンサーリンク

コンテンツ

KUNOICHI2018の見どころ

KUNOICHI2018の見どころは、何と言っても完全制覇を達成する人が出るかどうか、という点。

前回2017では泉ひかりさんがいいところまでいったのですが、完全制覇はできずに終わりました。
今回こそ、誰かあの鋼鉄のタワーを上りきって欲しい!

期待はやはり泉さん、と言いたいところですが、今回は出ていません。
今夜はおそらくAYAさんを中心に、番組がまわりそうな気がします。
前回もいいところまでいきましたからね。
何しろカッコいい!

ギミックでの見どころはパイプホールド、あらたに導入されたドラゴングライダー
本文中で詳しく紹介していますが、滑り落ちる加速度に女性の腕力が耐えきるのか?
REDステージでそうそうに登場しますので、失礼ながらビジュアル要員はここであらかたフィルターされるでしょう。

それとBLACKステージのプラネットブリッジも面白そうです。
あの上腕いじめのクリフハンガーに替えて導入されたので、それなりの難関のはずです。

では以下、出場者のプロフィールです。

KUNOICHI(クノイチ)2018夏、出場者一覧とプロフィール

*生年月日や出身地、プロフィールなど、わかった範囲で追記しました(07/01)。



永井美津穂


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.1
2014アジア大会体操銅メダリスト
ながい みずほ 生年月日:1993年7月16日 出身:愛知県東郷町 身長:152cm 体重:46kg


岩本憧子


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.2
モーグル
いわもと あこ 生年月日: 1993年02月28日 出身:大阪府和泉市


小倉優香


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.3
グラビアアイドル
おぐら ゆか 生年月日:1998年9月5日 出身:千葉県 身長:167cm


三関くるみ


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.4
海上自衛隊地上救難員


岡戸日向葵


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.5
エアリアル女子高生


田岡なつみ


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.6
プロサーファー・2017女子1位
たおか なつみ 生年月日:1994年8月12日 出身:千葉県 身長:152cm


KAREN


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.7
CYBERJAPAN DANCERS
かれん 生年月日:1996年2月15日 出身:東京都 身長:165cm


相良梢


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.8
完全制覇者 長野誠推薦のママさんトレーナー
さがら こずえ 生年月日:1985年6月27日 出身:福岡県


宮河マヤ


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.9
モデル
みやがわ まや 生年月日:1990年9月1日 出身:オランダアムステルダム 身長:170cm


上村彩子


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.10
TBSアナウンサー
かみむら さえこ 生年月日:1992年10月4日 出身:千葉県市川市


松崎萌夏


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.11
サスケオールスターズ竹田の姪
まつざき もえか


片岡麗香


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.12
2017ベストボディモデルジャパン 日本大会総合グランプリ


レナ


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.13
SASUKE2度出場


林公美子


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.14
関東女子ラグビーフットボール大会MVP
はやし くみこ 生年月日:1994年8月21日 出身:東京都 身長:155cm 体重:52kg


岡村亜美


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.15
大工
おかむら あみ 出身:静岡県


高橋ユウ


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.16
モデル
たかはし ゆう 生年月日:1991年1月19日 出身:滋賀県 身長:173 cm


坪井保菜美


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.17
北京五輪新体操日本代表
つぼい ほなみ 生年月日:1989年4月5日 出身:岐阜県 身長:167cm


中谷公美


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.18
パーソナルトレーナー
なかたに くみ 生年月日:1988年3月7日 出身:大阪府 身長:156cm


藤枝由貴


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.19
専業主婦


金子寧々


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.20
ダブルダッチ2016世界大会優勝
かねこ ねね 生年月日:1998年7月25日 出身:茨城県


水野裕子


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.21
元祖筋肉アイドル
みずの ゆうこ 生年月日:1982年3月8日 出身:愛知県 身長:160cm


アンジェラ芽衣


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.22
10頭身モデル
あんじぇら めい 生年月日:1997年4月29日 出身:埼玉県 身長:172cm


秋山玲奈


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.23
高校生サーカスパフォーマー


菅野祐莉


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.24
カレー屋「日乃屋」アルバイト


宮原華音


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.25
「仮面ライダーアマゾンズ」女優
みやはら かのん 生年月日:1996年4月8日 出身:東京都 身長:170 cm


六角彩子


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.26
元侍ジャパン女子代表
ろっかく あやこ 生年月日:1991年10月24日 出身:茨城県 身長:157 cm


松田夏藍


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.27
自宅にサスケ19エリアがある女子高生


水口瑠子


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.28
日体大レスリング部
みずぐち りこ 生年月日:1998年12月8日 出身:静岡県 身長:156 cm


山本華歩


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.29
日本人初の女性パルクール指導員
やまもと はなほ 生年月日:1990年2月11日 出身:愛知県名古屋市 身長:159cm


坂井絢香


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.30
ポールダンサー
さかいあやか 生年月日:12月22日 出身:岐阜県


片岡安祐美


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.31
茨城ゴールデンゴールズ
かたおか あゆみ 生年月日:1986年11月14日 出身:熊本県熊本市東区 身長:153 cm 体重:48 kg


岡部紗季子


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.32
2大会連続ユニバーシアード体操元日本代表
おかべ さきこ 生年月日:1988年5月16日 出身:東京都


津吹アイリ


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.33
陸上・七種競技へプタスロン選手
つぶき あいり 生年月日:1994年9月14日


大山果歩


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.34
ダンサー
おおやま かほ 生年月日:1995年9月20日 出身:東京都


宮下瞳


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.35
競馬界の女王
みやした ひとみ 生年月日:1977年5月31日 出身:鹿児島県鹿児島市 身長:152 cm


宮沢セイラ


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.36
元乃木坂46のモデル、父は宮澤ミッシェル(サッカー)
みやざわ せいら 生年月日:1993年10月29日 出身:千葉県 身長:168 cm


森由芽香


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.37
柔道元全日本学生2位
もり ゆめか 出身:和歌山県 身長:160 cm


義村萌


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.38
スポーツクライミング日本代表
よしむら もえ 生年月日:1997年3月13日 出身:三重県津市 身長:155 cm


岡田麻央


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.39
元バスケットボールWリーグ サンシャインラビッツ
おかだ まお 生年月日:1988年11月16日 出身:愛知県 身長:166 cm 体重:56kg


須藤美青


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.40
スラックラインプロライダー 2017女子世界ランキング1位
すどう みお 生年月日:1999年11月28日 出身:栃木県


笠原歩美


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.41
柔道 元全日本強化選手


池田美優


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.42
モデル
いけだ みゆう 生年月日:1998年10月30日 出身:静岡県 身長:166 cm


朝比奈彩


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.43
陸上兵庫県ベスト8、モデル
あさひな あや 生年月日:1993年10月6日 出身:兵庫県洲本市 身長:171 cm


加藤優


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.44
美しすぎる女子プロ野球選手
かとう ゆう 生年月日:1995年5月15日 出身:神奈川県秦野市 身長:167 cm


松本弥生


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.45
競泳元日本代表(ロンドン・リオ五輪)
まつもと やよい 生年月日:1990年3月8日 出身:静岡県沼津市


浅倉カンナ


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.46
総合格闘技女王
あさくら かんな 生年月日: 1997年10月12日 出身:千葉県 身長:158 cm


大嶋あやの


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.47
信用金庫職員
おおしま あやの


才木玲佳


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.48
筋肉アイドル
さいき れいか 生年月日:1992年5月19日 出身:埼玉県 身長:150 cm


渡邉美香


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.49
デイサービス インストラクター
わたなべ みか


AYA


画像出典:KUNOICHI2018公式サイト
No.50
前回BLACKステージ進出 クロスフィットトレーナー
あや 生年月日:1984年 身長:175cm 体重:53kg

 

スポンサーリンク

 

KUNOICHI 2018 夏の放送はいつ?

出場者と同時に気になるのがKUNOICHI2018夏の放送日。
ですが今のところはまだ発表されていません。

2018/06/21 追記)

放送日が発表されました!
2018年7月1日(日)19時00分から21時48分まで
3時間放送です!

番組の進行のスケジュールを見ると、参加者の募集は、2018年5月20日(日)23:59まで。
番組収録日は5月末でした。

KUNOICHI 2017の放送日は7月2日(日)だったことを考えると、やはり放送は日曜日になるのではと思います。
TBSでは日曜日に主力ドラマの『日曜劇場』がありますので、その切り替えの合間に放送されると考えると、やはり6月24日か7月1日あたりかな、と思っています。

2018/06/11 追記)
公式サイトでは7月放送決定、と告知されています。
となると放送は7月1日が濃厚のように思いますが・・・。



KUNOICHI 2018夏の結果

冒頭書いたとおり、ファイナルステージには元体操日本代表の岡部紗季子さんが進出。
あと一歩のところで及びませんでした。

KUNOICHI 2017夏の結果

前回のKUNOICHI 2017夏では、次のような結果になりました。
50名出場するなか、1stステージのREDをクリアするのはごくわずかであることがわかります。
言葉はよくないですが、ほとんどはにぎやかし。ほんとうの注目はBLUEステージからです。

REDステージクリア

REDステージを制限時間内にクリアし、次のBLUEステージに進出したのは次の6人。

  • 才木玲佳
  • 渡邉美香
  • 岡部紗季子
  • AYA
  • 渡辺華奈
  • 泉ひかり

BLUEステージクリア

BLUEステージをクリアし、次のBLACKステージに進出したのはわずかに3名。

  • AYA
  • 渡辺華奈
  • 泉ひかり

BLACKステージクリア

残念ながら、BLACKステージクリアは出ませんでした。

KUNOICHI 2018夏のコース・ステージ

ここからは、チャレンジャーを阻むKUNOICHI 2018夏のコースを見て行きましょう。
*画像はTBSのKUNOICHI公式サイトから引用させていただきました。

REDステージ

REDステージの制限時間110秒です。

ローリングヒル

5本のローラーでできた小高い丘に飛びつき、反対側に着地。
SASUKEにも登場しますが、KUNOICHIでは対岸との間隔が狭いそうです。

ローリングヒル

パイプホールド

回転する丸太にとりついて這いながら渡って行く。
女性たちがちょっとあられもない姿になってしまうのですが、これが番組の“つかみ”にもなっているような気がする・・・

パイプホールド

シェイキングブリッジ

左右に揺れる橋を渡って行きます。幅は1.2m、長さは3.5m。バランスがものをいいます。

シェイキングブリッジ

フィッシュボーン

足場が狭いなかを、回転するポールをよけつつ渡って行く。18本あるポールはまさに魚の骨のよう。

フィッシュボーン

ドラゴングライダー

ダブルペンダラムに変えて今回から導入されたドラゴングライダー。
サスケにも導入されていましたが、腕力が加速度に耐えられるか?

ドラゴングライダー

そり立つ壁

ダブルペンタグラムのあとはやや簡単そうにも見えますが、つまづく人も多いのがこのそり立つ壁。
傍から見ているとわかりませんが、選手たちには相当な絶壁に見えるのでしょう。

そり立つ壁

キャノンボール

ちょっと面白そうにもみえるキャノンボールですが、中には32kgものビーズが入っています。これをバランスよく転がして行くのは至難。

キャノンボール

BLUEステージ

BLUEステージの制限時間は75秒。後半になるに従い焦りも出やすい仕掛けが待っています。

スライドウォーク

リング付きの棒につかまり、レールを滑って行きます。それだけならまだいいのですが、途中にある障害物がちょっと厄介。

スライドウォーク

スパイダーウォーク

壁に手足を突っ張って進みます。SASUKEとは違い、KUNOICHIでは平行移動になっています。

スパイダーウォーク

5連ハンマー

左右に揺れるハンマーを避けながら細い台を渡っていきます。
ハンマーは合計5つ。台の幅は30cmですが、時間が気になる!

5連ハンマー

リバースコンベア

匍匐(ほふく)前進しながらトンネル内を進んで行きます。ですがトンネルの中はベルトコンベア。進みたい方向とは逆に動いているという意地悪な仕掛け。

リバースコンベア

ウォールリフティング

SASUKEにもある力の入るギミック。壁を持ち上げ、そこをくぐって行くのですが、1枚目は10kg、2枚目は15kg、3枚目は20kgと、次第に重さが増して行きます。

ウォールリフティング

BLACKステージ

BLACKステージの制限時間は無制限。気持ちのあせるBLUEステージをクリアした後だけにほっとしてしまいそうですが、このBLACKステージこそ手早くこなすのがクリアの必須条件。というのも、筋力・腕力を使う仕掛けが目白押しなのです。

プロペラ雲梯(うんてい)

普通の雲梯でもちょっと苦手、という方もいるでしょう。しかし、このプロペラ雲梯はその名のとおり回転しています。バーは三本あり、それぞれタイミングよく渡っていかなければなりません。タイミングがずれればそれだけ腕力が消耗。次のアームバイクに、ずしりと影響してきます。

プロペラ雲梯

アームバイク

見るからにきついアームバイク。自転車を脚でこぐように、腕を使って車輪を回して行きます。しかもこれ、プロペラ雲梯の後ですから、腕の乳酸はたまりまくり・・・。

アームバイク

スポンジブリッジ

さんざん腕をいじめた後はバランスと脚力主体のスポンジブリッジ。発泡スチロールの板を渡って行きます。
前の二つがきつかっただけに、ホっとしてしまうタイミング。頭と身体を切り替えないとうっかりドボンということも。

スポンジブリッジ

プラネットブリッジ

今回から導入されたプラネットブリッジ。
どんなギミックなのでしょうか?
難関クリフハンガーに替わるものですので、かなりきついものであることが予想されます。

プラネットブリッジ

パイプスライダー

ここまでくればステージクリアはもう少し。そんな挑戦者の気持ちを見透かしたように、前進を焦らすのがこのパイプスライダー。焦って弾みをつけるたびにバーはレールを後退、KUNOICHIたちのメンタルを挫きます。

パイプスライダー

FINALステージ

選ばれた者たちだけがチャレンジできる最後の楼閣は地上15メートル。
その高みを目指し、体中に乳酸をためこんだKUNOICHIたちが、最後の力を爆発させる35秒間。

スパイダークライム&綱のぼり

スパイダークライム(8m)

BLUEステージのスパイダーウォーク同様、壁に手足を突っ張って登って行きます。

綱のぼり(7m)

最後の最後はシンプルは綱上り。ここまでくればあとはスピード勝負。応援するわれわれにも力が入ります。

コースについては、次の記事でより詳しくご紹介しています。
 ↓

KUNOICHIの各コース・ステージのセット作ったの誰?攻略法も〜2018年版

KUNOICHI 2018夏の視聴率

KUNOICHI 2018夏の視聴率

上と同様、番組終了後、発表されたら記載します。
KUNOICHIやSASUKEファンとしては、少しでも上向いて欲しいのですが、どうなるでしょう。

KUNOICHI 過去の視聴率

KUNOICHIの最近の視聴率を見てみましょう。

第7回  2007年 9月5日 12.7%
第8回  2009年 10月7日 9.5%
第9回  2017年 2月12日 9.1%
第10回  2017年 7月2日 7.9%

だんだん減ってきているのが気になりますね。
そのために8年間のブランクがあります。
さらに前回・第10回・夏の落ち込みも気になります。
ただ、この時は東京都議選がありました。
裏で怪物番組の『世界の果てまでイッテQ!』があるも大きいんですよね。

ちなみにKUNOICHIの歴代最高視聴率は2003年9月24日(第3回)の17.2%になっています。

KUNOICHI 2018夏の応募方法

これを書いている現在は、まだチャレンジャーを募っている段階です。
応募してみたいという方に向けて、募集要項をメモしておきます。

応募資格

応募できるのは中学生以上。女性に限ります。
20歳以下の場合は保護者の承認が必須。

エントリーの締め切り

2018年5月20日(日)まで。時間は23:59ですから、日付ギリギリまで有効です。

応募方法

次のリンク先に必要事項を記入してエントリーします。
KUNOICHI 出場者募集|TBSテレビ

応募フォームを見ると、けっこう自己アピールできるスペースがあります。人が聞いて「おっ?」と感じるようなことが何かあればいいですね。
最終的な出場者は50人。おそらく歴戦の強者は入ってくるでしょうし、視聴率的に必要なビジュアル系・グラビア系の枠もあるのではないでしょうか(個人的な推測)。難関ですが積極的にいけばチャンスをつかめるかも知れません。

応募の注意

写真は一年以内に撮影した本人の写真。鮮明なものが必要(わかりにくい画像は避ける)。
メールで連絡がくる場合があるので、TBSからのメールを受け取れる状態にしておくこと。フィルターがかかって不着になる場合があるのでしょう。「@best.tbs.co.jp」が通るようにしておきましょう。

書類選考

応募情報をもとに書類選考があり、オーディション参加が認められた人には、5月24日までに連絡がくるそうです。落選の場合は何もないとのこと。

スポンサーリンク

KUNOICHI 2018夏、出場者まとめ

以上、関連情報を交えながらKUNOICHI2018夏の出場者と結果について、現在の状況を記しました。
埋められていない点が多いのですが、楽しみに情報公開を待ちたいと思います。
わかったら随時更新をしていきます。

ご訪問、ありがとうございました。時間をおいて、また見にきてくださると嬉しいです。

KUNOICHIの各コース・ステージのセット作ったの誰?攻略法も〜2018年版

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)