しおり@マツコの知らない世界〜豊嶋利雄のコレクション、総資産の鑑定額はいくら?

電子書籍が広まってますが、まだまだ
紙の本の人気も根強いですよね。

ページをめくり、読みかけのところに
しおり(栞)をはさむ。

この行為そのものが、なんかいいじゃないですか♪
感性が昭和なんでしょうか・笑

今回の「マツコの知らない世界」には
そんな昭和の感性のまま、しおりの世界に
ハマってしまったコレクターが登場します。

お名前は豊嶋利雄(とよしま としお)さん。
集めたコレクションのなかにはかなり貴重なものも
あって、鑑定するとけっこうな金額になるそうです。

そのあたりもふくめて、豊嶋さんという方が
どんな方なのか気になったので、情報を集めました。

スポンサーリンク

豊嶋利雄さんのしおりコレクション

まず肝心のしおりコレクションです。

基本的には1900年代初頭から戦中・戦後期の
しおりを集めていらっしゃる。
日本はもちろん、フランス、イタリア、イギリス
などヨーロッパや、アメリカ製のものも
あるそうです。

なかにはあのスポーツ用品のMIZUNOがまだ
美津野だった時代のものや、マリリン・モンロー
にまつわるものもあるのだとか。

デザインが綺麗で見ていて楽しい、ということも
もちろんありますが、広告を兼ねて配られたしおりは、
その一面で時代を表してもいる。
この意味では社会・世相を表す学術的な価値も
あるのかも知れませんね。

スポンサーリンク

豊嶋利雄さんのコレクションを見るには?

ほかにも豊嶋さんのコレクションには
スチール製のもの、象牙や純銀を使ったものなど
価値の高いものが含まれています。

その数は数千点にのぼるのだとか。

そんな貴重なしおりの数々を、
拝見してみたいものですよね。

豊嶋さんは時折個展をしているそうです。
最近では昨年2017年の11月に行ったとか。
場所は「アスタルテ書房」さん。

アスタルテ書房の場所はどこ?営業時間も知りたい

というわけで、アスタルテ書房さんの情報を
チェックしていれば、豊嶋さんのコレクションを
見られるかも知れません。

テレビにとりあげられれば、チャンスはありそうですよね。

アスタルテ書房さんの所在地は、
所在地は京都市中京区御幸町三条上ル丸屋町331 ジュエリーハイツ202

営業時間は14時30分から19時30分が基本のようです。
木曜定休。

「動かす」に切り替えると操作できます。

 

 

書籍 – アスタルテ書房

集めたしおり(栞)コレクションの総資産額が気になる!

アンティークのしおりの中には、
数万円に達するものもあるのだとか。

使っている素材が高価なものもあるでしょうし、
先ほど書いたように、学術的な価値が認められる
ものもあるのかも知れません。

なんでも徹底して集めるとすごいですね。

番組では鑑定の金額が明かされるようでもあり、
かなり気になります。

2018/07/24 追記)

本人希望額100万円に対し、奥さまは冷ややかでした。
しかし3,616,000円という結果が出ました。

シルバーと真鍮のしおりや海外のものなど、一部のしおりにかなり高額な値がつけられたようです。
豊嶋さん、よかったですね♪

豊嶋利雄さんのプロフィール

さて、こちらの豊嶋利雄さん、
いったいどんなご経歴、どんなプロフィールなのでしょう?

いまのところ、ネットでは既婚者というほか
はっきりした情報が出て居ません。

ご結婚されているという情報は、
奥さまがしおりのコレクションに若干
否定的だという情報から。

「あなたが死んだら全て燃やす」
って言われているそうですよ・笑

コレクションって、女性には支持されない
ことが多いですよね。
なんでだろう?

ということで暫定プロフィールです。

本名:豊嶋利雄(とよしま としお)
生年月日:不明
年齢:66歳
出身:愛知県名古屋市
職業:高校の生物教師
最終学歴:調査中

・・・情報不足です。

こちらは名前が明かされていませんが豊嶋さんのブログではないかと思います。

ブログトップ

スポンサーリンク

おわりに

それにしても「しおり」とはなかなか
素敵なところに目をつけましたね。

誰しも子どもの頃、大事にとっておいた
しおりがあったのでは、と思いますが
いかがでしょう?

でも積極的に集めようとは思わなかった。
そこが大きな違いですね。

豊嶋さん、ご年配の方ですが、これまでの
営みに光があたり、ご活躍の場が広がると
いいですね。

最後までご覧くださり、ありがとうございました。

蕎麦@マツコの知らない世界、DEENボーカル池森秀一オススメの蕎麦店とは?

田上大喜が教える、ヤブ蚊に射されない超簡単な方法〜現在の大学はシンガポール?〜マツコの知らない世界

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)