SINGLESの歌詞の意味が『ハゲタカ』主題歌にハマりすぎ!〜Mr.Children

ハゲタカ

Mr.Childrenの『SINGLES』、ドラマ『ハゲタカ』の主題歌に使われているんですが、これがなかなかいい感じです。

『SINGLES』の歌そのものは一種の失恋ソング。

でもこれが恋愛の枠を超えてドラマの内容を立体的に、奥行きのあるものにしてくれる気がする。
繰り返し聞くほど&ドラマを見るほど、そんな気がしてくるんですよね。

というわけで今回は『SINGLES』の歌詞の意味を、ドラマ『ハゲタカ』の内容と重ね合わせて考えてみました

もちろんブログ主個人の感想にもとづいた理解なので、そういうものとしてご覧いただけたらと思います。正しい解釈ということではありません。

それと歌詞そのものは事情により掲載できません。歌詞が知りたくて訪れてくださったかたには申し訳ありませんが、ほかの専門サイトや歌詞掲載が許容されているyoutubeなどをご確認ください。

スポンサーリンク

『SINGLES』の歌詞の世界

私なりに『SINGLES』の世界をたどらせてください。

『SINGLES』の歌詞の冒頭で描かれるのは東京の空。
おそらくは雨上がりです。

東京タワーの向こうに虹がかかり、
その瞬間、君は僕の頬にキスをした。
今も忘れられない思い出。

いろんなことがあって、今は別れてしまった。
もう戻ることはなとわかっているけれど、
気がつくと君の面影を探している。

僕の口笛を隣で聞いてくれた君はもういない。

悲しみを乗り越えようと、
日々を淡々と過ごしている。
いつもと同じように。
これが日常なんだと、自分に言い聞かせながら。

君には君の幸せがあり
僕には僕の道がある。
行かなくちゃ。
前に、進まなきゃ。

桜井さんが無駄なく作り上げた歌詞をこんな風に書いてしまうと台無し、という気もしますが、内容としてはこのようなものかと思います。

スポンサーリンク

『SINGLES』の意味

そういうわけで『SINGLES』は、別れた恋人を思う歌だと思います。
そして、その恋をひとつの経験として前に進もうとする歌でもある(と思います)。

虹の下で過ごした君との記憶は鮮やかに、頬の感触とともに残っている。
でも、虹の色がすぐ消えてしまうのと同じように、今はもう遠い幻。

悲しみは癒えず、気づくと街の雑踏のなか、君の面影を探している。
でも、いかなくちゃ、前に。
互いに、それぞれの人生を歩むしかない。
僕と君、それぞれが一人の人として。
これが多分、「SINGLE + S」の意味なんだろうと思います。

桜井さんらしい、深い内容を爽やかに織り込んだ詩ですね。
歌詞を読んでいると、単なる悲しみ+前むきに、という気持ちだけではなく、特別な日々をありがとう、という気持ちも感じられてきそうですが、いかがでしょうか。

『SINGLES』がドラマ『ハゲタカ』を深める理由

さて、このラブソングがドラマ『ハゲタカ』の世界に深みを与えるとはどういうことか?
これはもちろん私の感じ方なので、多少暴走しますがご容赦ください。

『ハゲタカ』のSINGLESは男女ではない?

『ハゲタカ』にはヒロインとして沢尻エリカさんが登場します。
綾野剛さん演じる主人公・鷲津との関係は複雑なものですが、『SINGLES』がこの二人の関係を歌っているとはちょっと考えにくい、ですよね。

『シングルス』はラブストーリーではなく、何よりもギラギラした男たちの経済ドラマです。

交わらないSINGLES〜鷲津と芝野

外資のハゲタカ・鷲津は合理主義・効率主義を武器に、淀んだ日本の会社組織に襲いかかり、ことごとく利益をむしりとっていく。
他方、旧態依然とした日本の銀行で融資担当として働く芝野(渡部篤郎さん)は、金融マンとして鷲津を認めながらも、そのやり口に複雑なものを感じている。
鷲津と芝野の生き方は異なり、心のどこかで違いを認めながらも、決して交わることがない。

鷲津と芝野のコントラストの根源

表面的にはハゲタカ・鷲津が優勢ですが、信念が強烈な分、そこにはどこかに危うさ、強迫観念のようなものも感じられる。
他方、芝野の方はしばしば鷲津にしてやられながらも、鷲津のやり方を理解している分“しぶとさ”というか、懐に奥行きが感じられる。矛盾を許さない者と、矛盾のなかで粘り強く踏みとどまろうとする者の違いが、この一人と一人=SINGLE+Sの間に横たわっています。

最終的にどちらが勝つのかはドラマのストーリー次第ですが、見どころはやはりこの二人の行き様の違い・コントラスト。もうちょっと踏み込むと、この二人は経済人として、どこかで互いに理解しあってもいる、と思います。だからこそライバルなんですね。

楽曲としての『SINGLES』は男女の物語。
でも、「心のどこかでつながりながら、それぞれの道を行き、再び交わることもない」というストーリーの次元では、この『SINGLES』は『ハゲタカ』のテーマにとても深く響いている、と思うのです。

『ハゲタカ』放送時間はいつ?見逃し配信は?

『SINGLES』が主題歌になっているドラマ『ハゲタカ』の放送時間は、毎週木曜日21時から。テレビ朝日系列の放送です。今季(2018年夏)のおすすめドラマのひとつです。

見逃してしまった方は、民放ポータルのTVerで最新話を、放送後一週間見ることができます。
無料なのが嬉しいですね。
https://tver.jp/

TVerの配信期間が終了してしまった後は、有料のVODサービスなどに申し込むことになります。
時期によって異なる可能性がありますが、配信している場合は1話から見られるはずです。実際に契約するときはよく確認してからにしましょう。

スポンサーリンク

おわりに

もう一度軽く整理してみます。

『SINGLES』は、楽曲としては男女を歌っていますが、ドラマ『ハゲタカ』の主題歌として見ると、男女関係の枠を超えた人生のあり様、例えば「お互いを深く理解し、認め合いながらも、決して交わることのないふたつの生き様」とでも言えそうな意味が浮かび上がる。
そんな風に、私は感じています。

ミスチルファンや綾野剛さんのファンのみなさんにはご不快に感じたところもあるかもしれません。
ひとつの感想に過ぎませんので、大目にみていただけると助かります。

もしここまでご覧くださったかたがおられたらお礼申し上げます。
どうもありがとうございました。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)