【地震・速報】北海道安平町の震度6強・M6.7は本震?〜震源や原因、原発への影響など(9月6日)

9月6日、北海道胆振地方で大きな地震がありました。

以下、震源の場所地震の原因津波の可能性原発の影響など関連情報を急いでとりまとめます。

*私自身は専門家ではありません。この記事は各種の情報をまとめたものですので、その点ご理解の上ご覧いただきたいと思います。

スポンサーリンク

9月6日北海道の地震の基本情報

日時:2018年9月6日 午前3時08分
震源:胆振地方中東部(北緯42.7度、東経142.0度)
震源の深さ:約40km(推定)
地震の規模は6.7と推定されています。
震度:最大震度は6強が胆振地方中東部で観測されています。

揺れが特に大きかったのは、北海道の次の地域。
震度6強 安平(あびら)町
震度6弱 千歳市
震度5強 札幌北区 苫小牧市 江別市 三笠市 恵庭市 長沼町 新ひだか町
震度5弱 函館市 室蘭市 岩見沢市 登別市 胆振伊達市 北広島市 石狩市 新篠津村 南幌町 由仁町 栗山町 白老町

なお、震源地に近い北海道厚真町、北海道むかわ町、北海道日高町、北海道平取町、北海道新冠町などはデータが入っていないと報じられており、被害が心配されている状況です。

2018/09/06 追記)

その後の報道で、空白だった地域の震度がわかりました。
厚真町では震度7だったそうです。
むかわ町で震度6強、日高町と平取町で震度6弱、
新冠町で震度5強。

注意しましょう!
揺れのあった地域では引き続き注意が必要です。本震があとからくる可能性もありますので、ひきつづき注意しましょう。
思いつく範囲ですが、メモしておきます。

 余震、津波、火災の情報に注意しましょう。
 建物や壁、崖など崩れやすくなっている場所に注意。
 停電になっている場合、回復した際に火災になる場合があります。避難する際などはブレーカーを落としましょう。
 倒れた棚を戻している途中に余震が起きると下敷きのリスクがあります。落ち着くまで少し様子を見ましょう。
 自身の安全が確保できたら、近隣にお年寄りや孤立した人がいないか安否確認したり、情報を提供しあうのもよいと思います。

スポンサーリンク

津波の警戒は?

この地震に関連して、若干の海面変動があるかもしれない、と報じられています。
ただし被害の心配はないだろう、とも言われています。でもむやみに海沿いに近づいたりしないほうがいいでしょうね。

9月6日北海道の震源について

9月6日北海道の地震の震源は胆振地方中東部(北緯42.7度、東経142.0度)と報じられています。
胆振地方中東部とはどのあたりなのでしょう?

震源の場所は地図でどこ?

「動かす」に切り替えると操作できます。

 

原発への影響は?

原発への影響は大丈夫でしょうか?
日本の原発の場所を確認すると、近くには泊原発や東通原子力発電所があります。

2018/09/06 追記)

続報では異常はないと報じられています。

泊原発では停電のため電力が供給されていない状況ながら、ディーゼル発電機で冷却は行われているとのこと。

9月6日北海道安平町の地震の原因は?

9月6日、北海道安平町の地震の原因は何でしょうか?

気象庁では多くの場合、地震を

  • プレート境界の地震
  • 内陸の浅い地震
  • 地中深く、沈み込むプレート内部で起きる地震

に分けて分析するようです。

地震のメカニズム
*画像出典:気象庁 | 地震発生のしくみ http://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/jishin/about_eq.html

この付近のプレートや断層の状況はどうなっているのでしょうか。

9月6日北海道とプレートとの関係は?

日本近海のプレート
*画像出典:気象庁 | 地震発生のしくみ http://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/jishin/about_eq.html

安平町はプレート境界からは遠い位置にありますが、今回の地震の震源は深さが40kmと推定されています。
沈み込んでいるプレートの影響があるのかもしれません。
ですが、直接的には次の項目の断層の影響が大きそうな気がします(推測)。

安平町付近の地域の構造線や断層

図を見ると震源地付近に石狩低地東縁断層帯があることがわかります。
石狩低地東縁断層帯は長さ54km以上と推定されている逆断層(東側が西側に対して相対的に隆起)です。

北海道の断層
*画像出典:地震本部 https://www.jishin.go.jp/

この地域の過去の地震

図を見ると、この震源付近では過去1974年にM6.3の地震があったことがわかります。

9月6日の地震は本震なのか?

これを書いている現在も余震が続いているようですが、問題はこの地震が本震なのか、ということでしょう。
断層型だった熊本地震(2016年4月)では、本震があとから起こりました。
十分な注意が必要です。

あくまで参考ですが、石狩低地東縁断層帯南部での将来の地震発生は
地震の規模  : M7.7程度以上
 地震発生確率: 30年以内に、0.2%以下
と言われています。

石狩低地東縁断層帯 | 地震本部

みんなの反応(twitter)

twitterでも、この後に本震が来るのではないかと、たくさんの方が心配されています。

スポンサーリンク

終わりに

大きな地震の時は、余震はもちろんですが、さらに大きな揺れが来ることも想定して行動しておいたほうがよさそうです。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)