JR東日本 広報誌不正の誌面画像〜捏造前と捏造後

JR東日本の広報誌で不正な記事が掲載され、休刊に追い込まれる事態が発生しています。

いったいどんな誌面だったのでしょう?画像が見たいです。
また、不正記事を作った会社はどこなのでしょう?

JR東日本 広報誌不正

JR東日本の広報誌で行われた不正は次のとおり。

・記事の捏造が行われたのは『JR EAST』という広報誌の6月号。

・早稲田大学大学院の教授に取材すべき記事を、取材しないまま、同じ教授の過去記事をもとに新しい記事を捏造。その際、記事だけでなく名前や、顔写真にも加工を加えて掲載した。

あまりにもお粗末というか、バレないとでも思ったのでしょうか?

この問題は次のように報道されています。

JR東日本は29日、同社広報誌「JR EAST」6月号に掲載したインタビュー記事に、本人への取材をせずに執筆するなどの不正があったと発表した。
 
 JR東によると、広報誌の編集制作を委託している「ケイオフィス」(東京都渋谷区)の担当者は今年5月中旬、浦田秀次郎早大大学院教授へのインタビューを計画。取材を申し入れたが、断られた。

 6月号の締め切りまで時間が少なかったため、担当者は2013年3月号に掲載したインフラ輸出に関する同教授のインタビュー記事を基に記事を捏造(ねつぞう)。社内には浦田教授のペンネームだと説明して別の名前を使い、写真も一部加工して掲載した。
*出典:JR東広報誌で捏造=取材断られ、過去記事加工(時事通信) – Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190729-00000065-jij-soci

JR東日本 広報誌不正の誌面画像は?

問題の『JR EAST』6月号で不正に捏造された記事と、その元となった記事の紙面の画像がネットで出ていました。

*出典:JR東広報誌で不正、休刊へ 内容改変や写真使い回し (写真=共同) :日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO4791453029072019CR8000/

左が元になった13年の3月号。右が今回の6月号です。

元の記事は「インフラ輸出の条件」、今回の捏造記事は「『質の高いインフラ』の海外展開」という表題。
テーマはいずれも世界のインフラマーケットの状況で、インタビューの内容もほとんど同じ。

画像を見ると全体の印象までそっくりです。JR東日本の担当者も見過ごしてしまったのでしょうか? 担当者が変わったのかも知れませんが。

JR東日本 広報誌不正をした会社はどこ?

ニュース記事を見ると、不正をしたのは編集・制作の委託をされていた「ケイオフィス」。
東京都渋谷区、とあります。

ケイオフィスで調べると東京都 渋谷区 元代々木町12-7という所在地が出てきます。
ですが問題の出版社かどうか、いまの段階では確証はもてていません
言い方があれですが、けっこうよくありそうな名前。

この所在地にある株式会社ケイオフィスは、片山修さんという経済ジャーナリストの著作の編集・執筆を手がける会社だそうです。講演会やセミナーの受付なども。


*出典:Baseconnect https://baseconnect.in/companies/660b287f-2353-4283-9895-ca3bc73b0d14

JR東日本 広報誌不正 世間の反応

こちらはwebでの反応
*引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

発覚しないだろう、とどうして考えたのか、その神経が不思議、とか。

これに限らず、広報誌って多くの企業が発行しているけど、どのくらい読まれているのだろうか?おそらくまともに読む人もいまい、って安易な考えで編集されていたのならお粗末過ぎる

これ幸い、てことかな。

かつてインタビューに答えていた方には無料で配布してきたらしい。だとしたらどう考えても過去にインタビューに答えている浦田教授にはバレるのは分かっていたはず。
あまりに杜撰。

なぜそこまでして掲載にこだわったのか不思議です

お粗末すぎますね。

くだらん広報誌、中身からっぽだからいずれ廃刊する予定が早まっただけのような気がする

6年前の記事なんだよね。この制作会社は終了ですね。

会社の隠蔽・不正・犯罪隠ぺい体質が明らかに!
まだ、表に立ったない犯罪行為があるとかないとか・・。

JR東日本 広報誌不正の誌面画像は?〜まとめ

どのくらいの規模のプロダクションだったのでしょう?
原因として締め切りの切迫があげられているあたり、あまり大きな会社ではなかったのかも知れません(推測です)。

浦田教授から「断ったはず」と指摘されて発覚したそうです。

どんな事情があったらこんなお粗末なことになるのか、詳しい原因も知りたいですね。

コメント

error: Content is protected !!