平昌オリンピックのフィギュアスケート団体戦の日程・出場選手・テレビ放送・結果速報

平昌オリンピックで行なわれるフィギュアスケート
日本選手たちの活躍が楽しみですよね。

ただ、いつものフィギュアの大会と少し勝手が違うのが「団体戦」。
個人でしのぎを削る男女のシングルを見慣れている身にとっては、正直言うと楽しみと心配とがハーフ&ハーフです。その理由は後のほうで書きますが、とにかく団体戦が行なわれることは決まっているので、選手たちのがんばりを見守りたい、とは思います。

というわけでこのページでは、平昌オリンピックのフィギュアスケート団体戦について

  • 日程
  • 出場国出場選手
  • テレビ放送の予定
  • 滑走順得点速報
  • 結果順位

などを、自分自身のメモを兼ねてまとめていきたいと思います。

空欄がまだ多いですが、追って埋めていくつもりです。
気になった時におこし下されば、と思っています。


平昌オリンピック・フィギュアNEWS
 女子フリー、終了しました。
1位:ザギトワ 239.57
2位:メドベージェワ 238.26
3位:オズモンド 231.02
4位:宮原 222.38
5位:コストナー 212.44
6位:坂本 209.71

 オズモンド選手も大幅に自己ベストを更新してきました。(2018/02/23 13:49:38)
 氷上のエリカ様ことザギトワ選手、安定の強さです。強い!(2018/02/23 13:38:04)

 坂本選手もよい演技でした。ワンミスでしたが、持ち味のダイナミックなジャンプが出ていましたね。(2018/02/23 13:30:42)

 宮原選手オールグリーン、圧巻の演技でした!146.44で自己ベスト更新!(2018/02/23 13:16:13)

 女子シングル・フリー、最終グループがリンクイン。日本の二人、OARの二人、コストナー選手、オズモンド選手が登場しています。宮原選手は第一滑走。(2018/02/23 13:00:40)

 女子シングル・フリースケーティングが始まっています。得点速報更新します。最新情報をページを読み込み直してご確認ください。お手数をおかけします。(2018/02/23 10:33:45)
https://dailyquery.info/2018_olympic_fig_led/#FS1

 おめでとうございます!日本勢ワンツー! 羽生が金、宇野が銀です!(2018/02/17 14:10:58)

 男女とも、シングルの出場選手を掲載しました。
平昌五輪フィギュア男子
平昌五輪フィギュア女子

スポンサーリンク

コンテンツ

平昌オリンピックオリンピック・フィギュアスケート団体戦

フィギュアスケートが身近になったとはいえ、団体戦についてはよくご存知ない方も多いでしょう。

ざっくりルールをおさらいしますと、出場国の枠は10枠。これまでの実績で割り振られたポイント上位10カ国によって争われます。

競技種目は

  • ペア
  • アイスダンス
  • 男子シングル
  • 女子シングル

の四つ。

このうち、各国のチームは最低三つの種目にエントリーしなければなりません。

で、それぞれのショートの演技を行ない、予選を行ないます。

スコア1位は10ポイント、2位は9ポイントという具合で、最下位の10位は1ポイント。出場しない種目は0ポイントになります。

ショートの結果上位5チームでフリーの演技を行ない、最終的なポイント数で順位が決まります。

平昌オリンピックのフィギュアスケート団体戦の日程とテレビ放送の予定

平昌オリンピックのフィギュア団体戦の日程は三日間。
2月9日に始まり、一日とんで2月11、12日と続きます。

なか日にあたる2月11日には予選の後半が行なわれ、その結果をうけてすぐ決勝のフリーに移行するようです。けっこうタイトな日程ですね・・・
まとめると次のような感じになっています。

2月9日(予選)

男子ショート、ペアショート
テレビ放送 → フジテレビでライブ中継・10時から14時

2月11日(予選)

ダンスショート、女子ショート
テレビ放送 → 日本テレビでライブ中継・9時55分から15時

2月11日(本戦)

ペアフリー
テレビ放送 → 日本テレビでライブ中継・9時55分から15時

2月12日(本戦)

男子フリー女子フリー、ダンスフリー
テレビ放送 → 未定

平昌オリンピックのフィギュアスケート団体戦、各国の出場選手

平昌五輪フィギュア(団体戦)の男子シングル・ショートの出場選手

パトリック・チャン(カナダ)
ミハイル・コリャダ(ロシア)
ネイサン・チェン(アメリカ)
宇野昌磨(日本 )
ハン・ヤン(中国)
マッテオ・リッツォ(イタリア)
シャフィク・ベセギエ(フランス)
パウル・フェンツ(ドイツ)
アレクセイ・ビチェンコ(イスラエル)
チャ・ジュンファン(韓国)

平昌五輪フィギュア(団体戦)のペア・ショートの出場選手

メーガン・デュハメル&エリック・ラドフォード(カナダ)
エフゲーニヤ・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ(ロシア)
アレクサ・シメカ・クニエリム&クリス・クニエリム(アメリカ)
須崎海羽&木原龍一(日本 )
シャオユー・ユー&ハオ・ジャン(中国)
ニコーレ・デラ・モニカ&マッテオ・グアリーゼ(イタリア)
ヴァネッサ・ジェームス&モルガン・シプレ(フランス)
アリオナ・サフチェンコ&ブリュノ・マッソ(ドイツ)
ペイジ・コナーズ&エフゲニー・クラスノポルスキー(イスラエル)
キュウン・キム&アレックス・カンチャン・カム(韓国)

平昌五輪フィギュア(団体戦)のダンス・ショートの出場選手

ヴァーチュ/モイア or ギルス/ポワリエ or ウィーバー/ポジェ(カナダ)
ボブロワ/ソロビエフ or ザゴルスキー/ゲレイロ(ロシア)
ハベドノ or シブズ or チョクベイ(アメリカ)
村元哉中&クリス・リード(日本 )
シーユエ・ワン&シンユー・リウ(中国)
カッペリーニ/ラノッテ or ギニャール/ファッブリ(イタリア)
マリー=ジャード・ローリオ&ロマン・ルギャック※パパダキス/シゼロン組は団体戦に出場しない模様(フランス)
カヴィタ・ローレンツ&ヨティ・ポリゾアキス(ドイツ)
アデル・タンコワ&ロナルド・ジーバーベルク(イスラエル)
ミン・ユラ&アレクサンダー・ガメリン(韓国)

平昌五輪フィギュア(団体戦)の女子ショートの出場選手

デールマン or オズモンド(カナダ)
ザギトワ or メドベージェワ(ロシア)
ブレディ or 長洲未来 or カレン(アメリカ)
宮原知子(日本 )
シャンニン・リー(中国)
コストナー or ルッソ(イタリア)
マエ=ベレニス・メイテ(フランス)
ニコル・ショット(ドイツ)
エイミー・ブキャナン(イスラエル)
ダビン or ハヌル(韓国)

平昌五輪フィギュア(団体戦)のペア・フリーの出場選手

デュハメル/ラドフォード or セガン/ビロドー or タワーズ/マリナロ(カナダ)
タラソワ/モロゾフ or ザビアコ/エンベルト or アスタホワ/ロゴノフ(ロシア)
アレクサ・シメカ・クニエリム&クリス・クニエリム(アメリカ)
須崎海羽&木原龍一(日本 )
ユージャン or ペンジン(中国)
モニカ/グアリーゼ or マルケイ/ホタレック(イタリア)
ヴァネッサ・ジェームス&モルガン・シプレ(フランス)
ホッケ/ブロマールト or サフチェンコ/マッソ(ドイツ)
ペイジ・コナーズ&エフゲニー・クラスノポルスキー(イスラエル)
キュウン・キム&アレックス・カンチャン・カム(韓国)

平昌五輪フィギュア(団体戦)の男子シングル・フリーの出場選手

パトリック or キーガン(カナダ)
アリエフ or コリャダ(ロシア)
アダム・リッポン(アメリカ)
田中刑事(日本 )
ハン・ヤン(中国)
マッテオ・リッツォ(イタリア)
シャフィク・ベセギエ(フランス)
パウル・フェンツ(ドイツ)
ビシェンコ or サモヒン(イスラエル)
チャ・ジュンファン(韓国)

平昌五輪フィギュア(団体戦)の女子シングル・フリーの出場選手

デールマン or オズモンド(カナダ)
ザギトワ or メドベージェワ(ロシア)
ブレディ or 長洲未来 or カレン(アメリカ)
坂本花織(日本 )
シャンニン・リー(中国)
コストナー or ルッソ(イタリア)
マエ=ベレニス・メイテ(フランス)
ニコル・ショット(ドイツ)
エイミー・ブキャナン(イスラエル)
ダビン or ハヌル(韓国)

平昌五輪フィギュア(団体戦)のダンス・フリーの出場選手

ヴァーチュ/モイア or ギルス/ポワリエ or ウィーバー/ポジェ(カナダ)
ボブロワ/ソロビエフ or ザゴルスキー/ゲレイロ(ロシア)
ハベドノ or シブズ or チョクベイ(アメリカ)
村元哉中&クリス・リード(日本 )
シーユエ・ワン&シンユー・リウ(中国)
カッペリーニ/ラノッテ or ギニャール/ファッブリ(イタリア)
マリー=ジャード・ローリオ&ロマン・ルギャック(フランス)
カヴィタ・ローレンツ&ヨティ・ポリゾアキス(ドイツ)
アデル・タンコワ&ロナルド・ジーバーベルク(イスラエル)
ミン・ユラ&アレクサンダー・ガメリン(韓国)

平昌オリンピックのフィギュアスケート団体戦の滑走順と得点速報

ショートプログラム(SP、SD)演技(予選)

平昌オリンピックフィギュア団体戦・男子シングルSPの滑走順と得点速報

選手 得点速報
1 チャ・ジュナン 韓国 77.7
2 パウル・フェンツ ドイツ 66.32
3 シャフィク・ベセギエ フランス 61.06
4 ハン・ヤン 中国 77.1
5 マッテオ・リッツォ イタリア 77.77
6 パトリック・チャン カナダ 81.66
7 アレクセイ・ビチェンコ イスラエル 88.49
8 ネイサン・チェン アメリカ 80.61
9 ミハイル・コリャダ ロシア 74.36
10 宇野昌磨 日本 103.25

平昌オリンピックフィギュア団体戦・ペアSPの滑走順と得点速報

選手 得点速報
1 キム・ギュウン&アレックス・カンチャン・カム 韓国 52.10
2 ペイジ・コナーズ&エフゲニー・クラスノポルスキー イスラエル 54.47
3 須崎海羽&木原龍一 日本 57.42
4 アレクサ・シメカ・クニエリム&クリス・クニエリム アメリカ 69.75
5 シャオユー・ユー&ハオ・ジャン 中国 69.17
6 ニコーレ・デラ・モニカ&マッテオ・グアリーゼ イタリア 67.62
7 ヴァネッサ・ジェームス&モルガン・シプレ フランス 68.49
8 メーガン・デュハメル&エリック・ラドフォード カナダ 76.57
9 アリオナ・サフチェンコ&ブリュノ・マッソ ドイツ 75.36
10 エフゲーニヤ・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ ロシア 80.92

平昌オリンピックフィギュア団体戦・アイスダンスSDの滑走順と得点速報

選手 得点速報
1 アデル・タンコワ&ロナルド・ジーバーベルク イスラエル 44.61
2 カヴィタ・ローレンツ&ヨティ・ポリゾアキス ドイツ 56.88
3 ミン・ユラ&アレクサンダー・ガメリン 韓国 51.97
4 シーユエ・ワン&シンユー・リウ 中国 56.98
5 マリー=ジャード・ローリオ&ロマン・ルギャック フランス 57.94
6 村元哉中&クリス・リード 日本 62.15
7 マイア・シブタニ/アレックス・シブタニ アメリカ 75.46
8 アンナ・カッペリーニ/ルカ・ラノッテ イタリア 72.51
9 テッサ・バーチュー/スコット・モイヤー カナダ 80.51
10 エカテリーナ・ボブロワ/ドミトリー・ソロビエフ ロシア 74.76

 

スポンサーリンク

 

平昌オリンピックフィギュア団体戦・女子シングルSPの滑走順と得点速報

選手 得点速報
1 エイミー・ブキャナン イスラエル 46.30
2 シャンニン・リー 中国 58.62
3 ブレディ・テネル アメリカ 68.94
4 マエ=ベレニス・メイテ フランス 46.62
5 ニコル・ショット ドイツ 55.32
6 チェ・ダビン 韓国 65.73
7 カロリーナ・コストナー イタリア 75.10
8 宮原知子 日本 68.95
9 ケイトリン・オズモンド カナダ 71.38
10 エフゲーニャ・メドベージェワ ロシア 81.06

フリースケーティング(FS、FD)演技(決勝)

平昌オリンピックフィギュア団体戦・ペアFS得点

*ペア決勝は速報できませんでした、ごめんなさい。この項の順番は滑走順ではなく得点順位です。

選手 得点
1 メーガン・デュハメル / エリック・ラドフォード CAN 148.51
2 ヴァレンティーナ・マルケイ / オンドレイ・ホタレック ITA 138.44
3 ナタリア・ザビアコ / アレクサンドル・エンベルト OAR 133.28
4 アレクサ・シメカ・クニエリム / クリス・クニエリム USA 126.56
5 須崎海羽 / 木原龍一 JPN 97.67

平昌オリンピックフィギュア団体戦・男子シングルFS滑走順と得点速報

選手 得点速報
1 ミハイル・コリヤダ OAR 173.57
2 マッテオ・リッツォ ITA 156.11
3 アダム・リッポン USA 172.98
4 パトリック・チャン CAN 179.75
5 田中刑事 JPN 148.36

田中刑事選手、ちょっと緊張してしまったようですね。動きが固くスピードがいつもよりなかったような気がします。ま、団体戦は勝ち点なのでドンマイです。雰囲気に慣れて、シングルでぜひ本領発揮して欲しいですね。

平昌オリンピックフィギュア団体戦・女子シングルFS滑走順と得点速報

選手 得点速報
1 長洲未来 USA 137.53
2 坂本花織 JPN 131.91
3 ガブリエル・デールマン CAN 137.14
4 カロリーナ・コストナー ITA 134.00
5 アリョーナ・ザギトワ OAR 158.08

平昌オリンピックフィギュア団体戦・アイスダンスFD滑走順と得点速報

選手 得点速報
1 村元哉中&クリス・リード JPN 87.88
2 アンナ・カッペリーニ/ルカ・ラノッテ ITA 107.00
3 エカテリーナ・ボブロワ/ドミトリー・ソロビエフ OAR 110.43
4 マイア・シブタニ/アレックス・シブタニ USA 112.01
5 テッサ・バーチュー/スコット・モイヤー CAN 118.10

平昌オリンピックのフィギュアスケート団体戦の結果

ペアFS アイスダンスFS 男子FS 女子FS
1位の国
2位の国
3位の国
4位の国
5位の国

スポンサーリンク

おわりに

冒頭、楽しみと心配が半々だと書きましたが、やはり日程が詰まり過ぎているような気がするんですよね。団体で戦うので、一人がSPとFSを滑らなければならない、というわけではないけれど(そういうケースも国によってはあるかも)、選手の負担が大きいんじゃないでしょうか?

特に男子は四回転、女子も三回転は当たり前の世界。ジャンプの負担が大きくなっていますので、故障の心配もある。やはり万全のコンディションでシングルを滑って欲しいので、例えば団体戦は日程の後半にもってくるとか、できないんですかね?
と、まあこれは個人的な感覚なのですが。

ともあれ、やる限りは応援します。
選手たちの無事を祈りつつ。

平昌オリンピックのOAR(オーエーアール)とは何の略? 結局どこの国でどんな意味なの?

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)