GPS2018フィンランド大会女子の出場者、日程、滑走順・テレビ放送、結果速報〜見どころはザギトワ!

ここではGPS2018フィンランド大会の、特に女子シングルについて

  • 日程
  • 滑走順と速報
  • テレビ放送の予定
  • 出場者と所属(国)
  • 得点・結果

などの情報をまとめていきます。
できたら試合中に得点の速報も書き加えていきたいと思っています。
よかったら試合期間中にもご訪問ください。一緒にGPS2018フィンランド大会を楽しみましょう♪



NEWS
 気になった情報を書き込みます。

当ブログのGPSフィンランド大会の記事は、男子シングルと女子シングルで分けてご案内しています。
GPSフィンランド大会女子シングル
GPSフィンランド大会男子シングル

スポンサーリンク

GPS2018フィンランド大会の女子シングルの出場者・選手

ルナ・ヘンドリックス(ベルギー)
TBD(フィンランド)
ニコル・ショット(ドイツ)
カロリーナ・コストナー(イタリア)
本郷理華(日本)
坂本花織(日本)
白岩優奈(日本)
スタニスラワ・コンスタンチノワ(ロシア)
ダリア・パネンコワ(ロシア)
アリーナ・ザギトワ(ロシア)
ニコル・ライチョヴァー(スロバキア)
カレン・チェン(アメリカ)

GPS2018フィンランド大会、女子シングルの見どころ

2018グランプリシリーズ第3戦となるフィンランド大会女子シングルには日本勢三名が登場。
特に昨シーズン著しい成長を見せ、平昌オリンピックでも活躍した坂本花織選手に注目と期待が集まります。
大きな大会を経験し、メンタル面でも違ったステージに立ったと思われる坂本選手がどんな演技を見せてくれるのか。そこにまず注目です。

blog主としては実力者・本郷理華選手も楽しみ。長い手脚から生み出されるダイナミックな演技がどんな風に磨かれたのか。トレードマークでもあるウインドミルにも注目です。

もちろん白岩優奈選手にも目が離せません。

と、日本びいきの見どころをあげましたが、やはり大注目はロシアのアリーナ・ザギトワ選手と言わざるを得ません。

年齢に似合わぬ完成された演技はフィギュアファンなら誰もが知るところ。秋田犬を可愛がっていることで日本にもファンは多く、勝負を度外視して応援したくなります。
どこまで強くなるのか、一方では空恐ろしい気もしますが、この大会はザギトワ選手を中心に動いて行くことと思います。



スポンサーリンク

GPS2018フィンランド大会女子ショートプログラム(SP)の日程

大会全体の会期は2018年11月02日(金)から04日(日)まで。
詳しいタイムスケジュールが発表されたら記載します。

GPS2018フィンランド大会女子フリースケーティング(FS)の日程

上に準じます。

GPS2018フィンランド大会の開催地(会場)の場所はどこ?

ヘルシンキアイスホール
所在地は、Nordenskiöldinkatu 11-13, 00250 Helsinki
8200人収容のアリーナ。
地図で示すと場所はこちら↓です。


GPS2018フィンランド大会のテレビ放送予定、ライブ中継はいつ?ライストは?

例年通りであればテレビ朝日系列で放送されると思います。詳しい情報が公表されたら追記します。

スポンサーリンク


GPS2018フィンランド大会、女子ショートプログラム(SP)の滑走順と得点速報

女子ショートの滑走順が発表された後で掲載いたします。

GPS2018フィンランド大会、女子ショートプログラム(SP)の結果・順位・得点

女子ショートの順位・結果が発表された後で掲載いたします。

GPS2018フィンランド大会、女子ショートプログラムのリザルト(得点詳細)

女子ショートの得点が発表された後で掲載いたします。

GPS2018フィンランド大会、女子フリースケーティング(FS)滑走順と得点速報

女子フリーの滑走順が発表された後で掲載いたします。

GPS2018フィンランド大会、女子フリースケーティング(FS)の結果・順位・得点

女子フリーの得点・結果が発表された後で掲載いたします。

GPS2018フィンランド大会、女子フリースケーティング(FS)の得点詳細(リザルト・ディティール)

女子フリーの得点が発表された後で掲載いたします。

GPS2018フィンランド大会、女子シングルの最終結果(順位・得点)

女子シングル競技の結果が発表された後で掲載いたします。



HISではフィギュア観戦ツアーを扱っています。
https://www.sports-his.com/figure_skate/
 

まとめ

以上、GPS2018フィンランド大会女子シングルの情報まとめでした。
空欄を埋めて行きますので、競技中や競技終了後にもご訪問いただければと思います。GPS2018フィンランド大会を楽しむお役に立てれば嬉しいです。

スポンサーリンク

付:GPS2018フィンランド大会女子、過去の結果

今年のヘルシンキ大会は中国大会のかわりに入っているので、過去の中国杯の結果をのせています。

優勝準優勝三位
2013アンナ・ポゴリラヤ(ロシア)カロリーナ・コストナー(イタリア)アデリナ・ソトニコワ(ロシア)
2014エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)ユリア・リプニツカヤ(ロシア)村上佳菜子(日本)
2015浅田真央(日本)本郷理華(日本)エレーナ・ラジオノワ(ロシア)
2016エレーナ・ラジオノワ(ロシア)ケイトリン・オズモンド(カナダ)エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)
2017アリーナ・ザギトワ(ロシア)樋口新葉(日本)エレーナ・ラジオノワ(ロシア)

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)