GPS2018フィンランド大会男子の出場者、日程・滑走順・テレビ放送、結果速報〜見どころは羽生結弦vsボーヤン・ジン

ここではGPS2018フィンランド大会の特に男子シングルについて

  • 日程
  • 滑走順と速報
  • テレビ放送の予定
  • 出場者と所属(国)
  • 得点・結果

などの情報をまとめていきます。

できたら試合中に得点の速報も書き加えていきたいと思っています。
よかったら試合期間中にもご訪問ください。一緒にGPS2018フィンランド大会を楽しみましょう♪



NEWS
 気になった情報を書き込みます。

当ブログのGPSフィンランド大会の記事は、男子シングルと女子シングルで分けてご案内しています。
GPSフィンランド大会女子シングル
GPSフィンランド大会男子シングル

スポンサーリンク

GPS2018フィンランド大会男子ショートプログラム(SP)の日程

大会全体の会期は2018年11月02日(金)から04日(日)まで。
詳しいタイムスケジュールが発表されたら記載します。

GPS2018フィンランド大会男子フリースケーティング(FS)の日程

上に準じます。

GPS2018フィンランド大会の開催地(会場)の場所はどこ?

ヘルシンキアイスホール
所在地は、Nordenskiöldinkatu 11-13, 00250 Helsinki
8200人収容のアリーナ。
地図で示すと場所はこちら↓です。


GPS2018フィンランド大会のテレビ放送予定、ライブ中継はいつ?ライストは?

例年通りであればテレビ朝日系列で放送されると思います。詳しい情報が公表されたら追記します。

スポンサーリンク


GPS2018フィンランド大会の男子シングルの出場者・選手

ヨリック・ヘンドリックス(ベルギー)
ボーヤン・ジン(金博洋)(中国)
ミハル・ブジェジナ(チェコ)
TBD(フィンランド)
フィリップ・ハリス(イギリス)
オレクシイ・ビチェンコ(イスラエル)
羽生結弦(日本)
田中刑事(日本)
アレクセイ・エロホフ(ロシア)
ミハイル・コリヤダ(ロシア)
アンドレイ・ラズキン(ロシア)
アレクセイ・クラスノジョン(アメリカ)

GPS2018フィンランド大会、男子シングルの見どころ

この大会には日本のエース・羽生結弦選手が出場予定。
日本はもちろん、世界中から注目される試合となるでしょう。

加えて日本勢には平昌オリンピックにも出場したベテランの田中刑事選手が出場。
もともと実績を積んできた選手ですが、昨シーズンは五輪を筆頭に大きな大会をこなし、課題と言われるメンタル面での成長もあったはず。今シーズンはその成果をしっかりと見せてくれると、ブログ主は応援しています。

日本勢に立ちはだかるのは中国のボーヤン・ジン選手
もともとジャンプが得意なのに加えて、急速に表現力も増しています。
今シーズンからのルール改訂をボーヤン選手がどんな風に活かしてくるかも注目です。

ほかにもベルギーのヨリック・ヘンドリクス選手、ミハル・ブレジナ選手、ミハイル・コリヤダ選手など、見応えのある常連選手が名を連ねています。たいへん楽しみな大会になると思います。



スポンサーリンク

GPS2018フィンランド大会、男子ショートプログラム(SP)の滑走順と得点速報

男子ショートの滑走順が発表された後で掲載いたします。

GPS2018フィンランド大会、男子ショートプログラム(SP)の結果・順位・得点

男子ショートの結果・順位が発表された後で掲載いたします。

GPS2018フィンランド大会、男子ショートプログラムのリザルト(得点詳細)

男子ショートの得点が発表された後で掲載いたします。

GPS2018フィンランド大会、男子フリースケーティング(FS)滑走順と得点速報

男子フリーの滑走順が発表された後で掲載いたします。

GPS2018フィンランド大会、男子フリースケーティング(FS)の結果・順位・得点

男子フリーの結果が発表された後で掲載いたします。

GPS2018フィンランド大会、男子フリースケーティング(FS)の得点詳細(リザルト・ディティール)

男子フリーの得点が発表された後で掲載いたします。

GPS2018フィンランド大会、男子シングルの最終結果(順位・得点)

男子シングルの結果が発表された後で掲載いたします。



HISではフィギュア観戦ツアーを扱っています。
https://www.sports-his.com/figure_skate/
 

まとめ

以上、GPS2018フィンランド大会男子シングルの情報まとめでした。
空欄を埋めて行きますので、競技中や競技終了後にもご訪問いただければと思います。GPS2018フィンランド大会を楽しむお役に立てれば嬉しいです。

スポンサーリンク

付:GPS2018フィンランド大会男子、過去の結果

今年のヘルシンキ大会は中国大会のかわりに入っているので、過去の中国杯の結果をのせています。

優勝準優勝三位
2013閻涵(中華人民共和国)マキシム・コフトゥン(ロシア)小塚崇彦(日本)
2014マキシム・コフトゥン(ロシア)羽生結弦(日本)リチャード・ドーンブッシュ(アメリカ)
2015ハビエル・フェルナンデス(スペイン)金博洋(中華人民共和国)閻涵(中華人民共和国)
2016パトリック・チャン(カナダ)金博洋(中華人民共和国)セルゲイ・ボロノフ(ロシア)
2017ミハイル・コリヤダ(ロシア)金博洋(中華人民共和国)マックス・アーロン(アメリカ)

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)