欅坂46

『世界には愛しかない』の歌詞と意味が、実は過激すぎる理由(欅坂46)

欅坂46の2ndシングル『世界には愛しかない』から一周年。今回はこの曲の歌詞の意味をあらためて考えてみました。

爽やかな疾走感あふれるこの楽曲は、欅坂46の表題曲の中ではやや異質の、言ってみれば“欅坂らしくない”曲のようにも思えます。でもその根底には、やはり欅坂46ならではの一貫したテーマが流れている。それどころか、一連の欅坂46の楽曲のなかでもたいへん重要な位置を占めていて、しかも爽やかな外見とは裏腹な“最も過激”な歌詞だと私は考えています。

以下でその理由をお話したいと思うのですが、なにせ『世界には愛しかない』は、セールスやMV閲覧数でははかれない根強い、息の長い人気をもつ曲です。ご自分の解釈を大切にしたい方にとっては、違う意見に触れるとご不快になる場合もあろうかと思います。その点どうぞご注意の上、読み進めていただけるか否かご判断ください。欅坂46の楽曲をご自分のなかで関連づけて楽しんでいる方は多いと思いますが、この記事もそんな楽しみ方のひとつと受け取ってもらえたら幸いです。

なお、歌詞そのものについては事情により記載していません。専門のサイトをご参照ください。

続きを読む

てち、って欅坂46の誰?平手友梨奈のあだ名の由来と重い意味

欅坂46、テレビで見かける機会が増えてきましたね。
ネットでも欅坂46の情報はあふれていますが、まとめサイトなどではところどころに「てち」というあだ名が出てきます。新規のファンの方や、これからファンになりそうという方にとって、この「てち」、誰なんだろう?と、ちょっと戸惑うところではないかと思うのですが、いかがでしょうか? 名前に「てち」と入っているメンバーは、誰もいませんからね。

答えを言うとこの「てち」は平手友梨奈さん。
でも、どうして「てち」になったのでしょう? 今回はその由来をたどり、今も「てち」と呼び続けられている理由や意味を、私なりに考えてみました。
欅坂46や平手友梨奈さんのファンの方々にご覧いただけたら、と思います。
後半は多分に私の主観が入っていますので、お好みでご覧下さい。

続きを読む

『夏の花は向日葵だけじゃない』歌詞の意味が深過ぎて再号泣

今泉佑唯さんのソロ曲『夏の花は向日葵だけじゃない』がたいへん沁みています。
あの歌声からのこの内容、ずーみん推しじゃなくてもクラクラきますね。

ただ、歌詞に少し不思議な箇所があるのに気づきました。
そこを掘って見たら、お宝ならぬ別の世界が・・・表側の意味をさらに深めてくれそうな仕掛けが見えてきました。

いえ、御大・秋元氏がどう考えているかは知りません。ただ、こんな読み方をすると、もっとこの曲を味わえるのではないか・・・そう感じたので、シェアしたいと思います。よかったら『夏の花は向日葵だけじゃない』をリピートしまくっている方に読んでいただけたら、と思います。

続きを読む

『夏の花は向日葵だけじゃない』が感涙の出来だった事の意味

何かとアイドルの枠を超えて行く欅坂46

1stアルバム『真っ白なものは汚したくなる』に収録された、ずーみんこと今泉佑唯さんの『夏の花は向日葵だけじゃない』もそのひとつ。想い人を夏の青空のなかに追憶する今泉さんの澄んだ声が、胸をしめつけます。
いい意味で、ずーみんはもう普通にソロ歌手でいいんじゃない? と感じた人も多いでしょう。そのくらいの実力を見せつけられました。

その歌唱力・曲・歌詞がよいことはもちろんなのですが、ずーみんファンにはその前段に、すでに大きな感涙のツボが存在します。それもかなりデカいやつが。

というわけで今回はこの『夏の花は向日葵だけじゃない』がずーみんファン(当然、私も含む)にもたらす意味=ヲタ感涙のポイントについて、書いてみたいと思います。
私個人の意見なので、推しの人たちの気に障ったらごめんなさい。

続きを読む

『月スカ』長濱ねるが鈴本美愉にささやいてる言葉が気になる理由:欅坂46

本日7月19日のお昼に公開された新MV『月曜の朝、スカートを切られた』、わずかな間に視聴回数が20万回に迫っています。

1stアルバムのリード曲であり、しかも欅坂46のデビュー曲『サイレントマジョリティー』につながるストーリーが描かれているということで、ヲタ陣営は現在、男女を問わず何も手につかない、といったところでしょう・・・私もその一人です・笑

MVを繰り返し見ていると注目のポイントがいくつもあるのですが、中でもたいへん気になるのが、長濱ねるさんが鈴本美愉さんの耳元でささやいているシーン。長濱さんの口元がアップになるのですが、音は入っていないため、いろいろと憶測を呼んでいます。

見る人が見れば何と言っているのかわかるのかも知れませんが、ここではなぜこのシーンがとりわけ注目されるのか、その理由を書いてみます。

続きを読む

『月曜の朝、スカートを切られた』と『サイレントマジョリティー』の関係は?欅坂46

7月19日昼、『月曜の朝、スカートを切られた』の公式MVが公開されました。
これを受けて欅界隈は騒然。
そこにはデビューシングル『サイレントマジョリティー』の前段が克明に描かれていたからです。

さらに、『月スカ』で見せつけられた少女たちの在り様がとてもリアル。
不条理な世界に“切らながら”生きることを強いられ、声のない叫びを鬱積させていく姿には、思わず共感せずにはいられません。

思えば、この姿への共感こそが欅坂46の魅力の源泉でもあるわけですから、今回の『月曜の朝、スカートを切られた』は、まさに1stアルバムのリード曲にふさわしい、欅坂46の世界の真ん中を描いた曲という見方もできそうです。

というわけで今回は、新たにリリースされた『月曜の朝、スカートを切られた』と『サイレントマジョリティー』の関係を、他の曲との関係にも触れながら書いてみたいと思います。あくまで私の気づいた範囲なのでざっくりしたものですし、的を射ているかどうかはわかりませんが、みなさんの気づきの呼び水にでもなれば、と思っています。

続きを読む

饗庭純の経歴と名前の読み方〜月曜の朝、スカートを切られた(欅坂46)の作曲者はビョーク好き

月曜日の朝、スカートを切られた』が音楽の日(TBS・7月15日)で初パフォーマンスされ、話題になっています。

同曲は欅坂46の1stアルバム『真っ白なものは汚したくなる』のリード曲。注目度・期待度ともかなり高かったのですが、反応は上々のようです。多少賛否が分かれるのは欅坂46あるある、ファンのとまどいも含めて、いつも通りの滑り出しなのかな、と思います。

ところで、当の曲を提供した饗庭純さん自身が欅坂の初パフォーマンスを見て「心揺さぶられすぎて涙出た」とコメント。にわかに欅ファンの注目と共感を集めています。

というわけで今回はこの饗庭純さんについて情報を集めてみました。
シンガーソングライターの饗庭純さん。なかなか素敵な活動をなさっていて、欅ファンの中にもハマる人がいそうな気がします。美人さんですし、情報は多くはなかったのですが、プロフィールやご経歴、他の作品など気になる、という方にもご覧いただけたらと思います。

続きを読む

音楽の日2017のタイムテーブルと出演者一覧〜欅坂46の新曲発表はある?

TBS大型歌番組『音楽の日』が今年も放送されます。

放送は午後から始まり、夜の休憩をはさんで翌朝まで続くという巨大歌フェス。楽しむためには好きなアーティストの出番を、あらかじめ知っておきたいですよね。

というわけで以下、『音楽の日』2017出演アーティストタイムテーブル情報です。

続きを読む

『月曜日の朝、スカートを切られた』歌詞の意味が切なくリアル

欅坂46の1stアルバム『真っ白なものは汚したくなる』の発売を前に、欅坂界隈は大いににぎわっています。なにしろアルバムだけに新曲ラッシュがすごい。銀河系初オンエアが連日のように続いています。

そして今日はついにアルバムのリード曲となる『月曜日の朝、スカートを切られた』が解禁。果敢にtweetしてくれた方がいたので聞くことができました。ありがとうございます!

というわけで今回は『月曜日の朝、スカートを切られた』の歌詞の意味を私なりに読み込み、感想を書いてみます。
おなじ欅ファンの方に読んでいただけたら、と思っていますが、ご自身の理解と感想を大切にしたい場合、それと違っている可能性もありますので、その点ご注意ください。

続きを読む

志田愛佳がピッピと呼ばれる理由、ぴっぴとどっちが正しい?

欅坂46志田愛佳さんの愛称といえば“もな”ですが、ここ最近“ぴっぴ”と呼ばれることも増えています。

“もな”は愛佳(まなか)の“まな”が転じたものなのでわかりやすいですよね。
ですが、“ぴっぴ”のほうはどうでしょう?

なぜ、ぴっぴ???

ですよね。
今回は、志田愛佳さんが“ぴっぴ”と呼ばれる理由について考察、由来の情報を集めてみました。

続きを読む