嵐の聖地・糸島三社めぐり〜櫻井神社と二宮神社と潤神社の場所はどこ?

NHKのあさイチ福岡県糸島市が紹介されました。

糸島市は福岡市の西にある半島一帯に広がり、夕日がきれいなドライブスポットとして知られています。ですが今回はそういう話ではなく、司会であるイノッちが所属するジャニーズ事務所の先輩・嵐(あらし)に関する話題。
この糸島市、知る人ぞ知る「嵐の聖地」とも呼ばれているのです。

今回はその聖地巡りの場所を確認しました。

スポンサーリンク

糸島が嵐の聖地と呼ばれる理由

まずは、なぜ糸島が嵐の聖地と呼ばれているか、その理由から始めましょう。

特に難しいことはなく、むしろごくごく簡単な話。

というのはこの糸島市には数多くの神社が点在しており、その中に、
櫻井神社(さくらいじんじゃ)
二宮神社(にのみやじんじゃ)
潤神社(うるうじんじゃ)
というお社があるのです。

読んで字のごとく、嵐のメンバー五人のうち、三人の名前を冠した神社がある。

三社参りの風習

大野君と相場君の分がないじゃないか、という声も出てきそうです。
ただ、これは私の推測ですが、この「三つある」という点もけっこう大きいのではないか、と思います。

昔から三社参り(さんしゃまいり)、三社巡り、などと言いますよね。
特に糸島の地元福岡では、正月の初詣の際に三つの神社に詣でることがあります。

西日本の各地の風習としての三社参りは、正月の初詣として、三つの神社を詣でることを指す。この風習が根付いた地域の人々は、「初詣=三社参り」であり、特別な信仰心とは無関係に、当然のこととして三社参りを行う。特に福岡県を中心として九州地方・中国地方の一部では強く根付いた風習である。
出典:三社参り – Wikipedia

 

スポンサーリンク

 

神社ブーム、パワースポットブーム

それと、数年前からの神社ブーム、パワースポットブームの影響もありそう。
嵐のファンと言えば女性が多い。ちょうどこの神社ブームにあやかって地方巡りをする人々と重なる人たちということになります。

福岡県には有名な太宰府天満宮がありますし、太宰府のすぐ近くには恋愛成就のお社として大人気の竃(かまど)神社もあります。距離と方向は違いますが、パワースポット巡りで女性同士で巡り歩くにはちょうどよいコースなのかも知れません。

嵐の聖地巡り、場所はどこ?

それぞれのお社の場所を確認してみましょう。

桜井神社

まずリーダーである桜井くんの名を冠した櫻井神社から。
とはいえ、嵐の桜井くんとは、名前が同じという以上の関係はないと思います。

所在地:福岡県糸島市志摩桜井4227

桜井神社は大きな神社で、糸島で神社といえばまずここ、と思い浮かぶ神社です。
福岡県は昔黒田藩でしたが、黒田とのつながりも強い。
以前は式年遷宮も行なっていた由緒のある神社です。
縁結びの神社として知られ、境内のなかには、ハート型に並べられた敷石が隠されていたりして、探すのも楽しいかも知れません。大神宮に向かう細い道の途中にあります。

ご祭神は天照大御神(あまてらすおおみかみ)と豊受大御神(とようけのおおみかみ)。

百聞は一見に如かずと言います。紹介動画がありましたので、掲載させていただきます。

http://sakuraijinja.com/

二宮神社

次はニノこと二宮くんの名前を冠した二宮神社です。
こちらももちろん、直接ニノくんとは関係なし、です。

所在地は福岡県福岡市西区今宿1丁目10-32

住所を見てわかるとおり、ここは福岡市。
福岡市と糸島の境にある今宿(いまじゅく)という海沿いの地区にあります。

ご祭神は、天穂日命、埴安命、大田命、事代主命。

ちょうど夏祭のようすがありました。
様子がよくわかるので引用させていただきましょう。
海沿いの神社であることがよくわかります。

潤神社

最後はJ(ジェイ)こと松本潤くんの下の名と同じ、潤神社。

とはいえ、読み方は「じゅんじんじゃ」ではなく「うるうじんじゃ」。
糸島のなかでも、うるう、という地区にあるんですね。
所在地は福岡県糸島市潤3丁目5-30。

潤神社は櫻井神社ほど大きなお社ではありません。福岡では一般的な地域のお社という印象です。
主祭神は、五十猛命(イソタケルノミコト)。

地図で示すと場所はここです。

こちらも動画レポートがありました。

スポンサーリンク

糸島、嵐の聖地三社参りのアクセス

車をお持ちの方であれば、いずれの神社も車でお参りすることができます。
ただし太宰府のような大きな駐車場を擁しているわけではありません。特に二宮神社と潤神社は、地区の神社というイメージなのでご注意ください。

こちらの東洋ツーリストでは、上記三つの神社を巡るツアーの企画があったそうです。
今もあるかどうかはわかりませんが、この番組をきっかけにまた盛り上がるかも知れません。
ご興味がある方は、確認してはいかがでしょうか。

http://www.toyo-555.co.jp/tourlist

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)